ホーム>塾長日記

塾長日記

AIが学校の勉強を教える時代に

大手の予備校や塾で、人工知能(AI)を活用して最適な学習を促すシステムがスタートしています。

 

こういったものを見ると、

「もうAIの時代だから試してみようか」のようにお考えになるかもしれませんが

「教育で大切なこととは、いったい何でしょうか?」

 

教養を身につける?

学歴を身につける?

考える力をつける?

 

メディアや塾業界の煽りもあり

人工知能(AI)道具、やこうした手段に目がいきがちですが

 

何より大切なことは

「どういった人材に育てたいか?」ということこそが大切です。

日本の教育下ですと、手段だけが先走り、「どういった人材を育てたいか」は全く見えません。

 

 

 

子の幸せを願う親としては

 

いろいろな経験を積み、失敗や挫折をたくさんして、粘り強く成長して欲しい

社会で役立つ人間になって欲しい

やりたいことをとことん突き詰め成長して欲しい

 

のようなものがあるでしょうか。

こうしたゴール(終着点)を考えると、人工知能(AI)が教えることは、果たして重要なことか???

 

 

 

子供にあったゴールを見つけることは、私のような塾の先生でも、長く見ているとわかりますが、

もっと長く子供を見ている保護者様の方が、きっと的確な目をお持ちです。

何をやっているときに「時間が過ぎるのを忘れて熱中しているか!」をよく見ることです。

 

 

 

今年の中学受験の生徒も、実質11ヵ月の指導ですが、人気のある大学附属中へ合格していきました。

問題に対峙するときの「集中力」がありました。

好きなことに没頭した経験があるからこそ、きっとこの集中力が出てきたということです。

 

 

 

塾で良く聞かれる悩みとして、「家で勉強しません!」というものです。

では、こうしたことをしてみるとどうなるでしょう?

 

ゲームの時間を3時間から1時間にする

①勉強時間が2時間増えた

②勉強以外(テレビ、スマホ)の時間が2時間増えた

 

もちろん正解は②です。

「ボーっとする時間が2時間増える」ということです。

ゲームが好きな子に、ゲームの時間を減らすのは無意味。

 

じゃあ、どうしたら勉強するの???

しないですよ。時がこないと本格的にはやってくれません。

難関なの中学受験や大学受験のような、パターン解法が通用しない問題では、かなりの「集中力」が必要です。

 

これを養うには、好きなことに没頭した時に出てくる「集中力」を無駄にしないことです。

爆発的な集中力がで出来た時、これを受け止められる先生がいないと、その感情も冷めていくでしょう。

人工知能(AI)では、感情のコントロールは出来ない。

 

 

 

人工知能(AI)は、やはり道具です。活用の仕方1つで素晴らしい道具になりえますが、

それが出来ないことを育てていくことが、これから必要なことでしょう。

 

 

いまの日本の教育は「ユニクロのシンガポール支店長」を育てるような教育になっていますから、

子供の特性をよく見極めないと、きっと間違えた終点にたどり着きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受験シーズン、真っただ中

公立高校受験は、あとは面接のみ。

それが終わるまでは気が抜けない。

共通問題、波風が立たないところに落ち着きました。

分析結果はいくらでもあるので、教室では分析はしません。

何が出題されても大丈夫なようにしないといけないのは確かです。

 

 

相変わらず公立中高一貫は大変。入試問題が「小学生がやるには、どう考えても大変」

高校入試よりも「思考力を使う点」に関しては圧倒的に難しいです。

でも、こちらが受験スタンダードになっていく気がします。

 

神奈川も「教育の平等」の観点から

東京都と同じように「公立中高一貫の増設」は実行してもおかしくないですから

あの問題に対する処方箋を用意しないといけなくなるでしょう。

国立大学入試は、どちらかといえば公立中高一貫の問題の方が近いですから。

 

 

私立大も難関チャレンジャーが多く、国立だけ!なんて生徒もいるので、まだまだ大変。

いまが受験シーズン、真っただ中です。

 

 

私が担当する、国立理系の数学は「何が出るか?」なんてわかりません。

見たことのない問題を、高校教科書の知識を駆使して解いていくことになるので

少しくらいの「不安」な気持ちは誰もが持っているでしょう。

ならば「絶対勝てる!」と思わせて、勝負させなければならない。

 

そのための準備をするのが、直前期の仕事です。

 

 

 

中学受験生と大学受験生は、そろそろ過去問にあたらせたい。

中学受験の生徒は、5年生ですが、本番の入試問題を解き始めています。

 

大学受験生は、センター試験で答えを出すだけの問題は出来るようにさせたい。

そうしないと国立2次の自由記述は難しくなります。

 

もう勝負は始まっています。

 

 

 

 

 

 

教育行政、あてにならないので・・・

経済産業省のキャリア若手官僚が大量退職

学校を統括する文科省でも大臣が「もしかすると大きな課題は、文科省そのものの体質にもあったのかなと思う」と発言。

TOPにこんなこと言われたら現場はつらいですよね。

それが、キャリア若手官僚が大量退職につながっている気がしてなりません。

 

いくら上司のためとはいえ、ウソやデタラメし尽くす人の下にいたくはありません。

さらには濡れ衣まで着せられるんですから、悶々としたものがあるでしょう。

優秀な若い人から去っていくのは当たり前の話です。

 

そうなると、まともな人がいなくなり、政権にたてつく官僚が少なくなりますから

自分たち(ウソまみれの人たち)の思惑通りに進められ、一部の業者が潤うという構図の出来上がり。

 

 

日本の教育行政には「こうした人材を育成するという方針」はなく

何も考えずに「とりあえず、これ必要なんじゃない」のように、英語やプログラミングを押し付けるだけですから

その子に本当に必要なものは何か?を自分たちで考えられるようにしなければなりません。

 

 

教師が反対しても、友だちが反対しても、世の常識が反対しても、それでも自分の直感と心に従う勇気を持ちなさい」ということ。でも、おそらくそれは今の学校教育で最も教えられていないこと。ようは自立した意見をもたれると大人しくしてくれないから困るのです。

 

 

日本では間違った終点にたどりつく人が多いということが、このキャリア官僚の大量退職にもあらわれていると思います。

 

 

国立大学受験は、ある一定以上の速さがあれば、どこの高校かは関係ないです。

高校受験の倍率が確定し、あとは目標点を目指すのみ。

 

教室は中学受験をする生徒は多いのですが、

御三家のみの受験、国立1本、公立中高一貫のようなチャレンジングでない限りは、どこかしら合格をとってきます。

 

今年は中学受験敗退者の面談が、例年になく多くなっています。

高校受験はミスの出来ない1点勝負の試験です。

マークシートが多いですから、ミスは命取りです。

 

しかし国立大学2次はミス容認。

でもセンター試験があるので、ミス多発だとダメですが、東工大でも6割でOKですから

高校受験のTOP校を目指すよりは、ミスを出来ない苦しさはない。

 

 

国立大学の問題は「見たことがないものを教科書の知識で解く」ことが要求されるので

広い視野が必要な感じで

高校受験は「見たことのある問題が、問題文がわかりにくかったり、わかりにくい図や表を用意して解読で差をつける」ので

狭い視野で集中するような感じになる。

 

 

高校受験コースを経てきた生徒が、TOP校の生徒と言えども数学や物理でこけやすいのは

原因があります。

それを知らないまま、大学受験の対策をしても簡単には解決しない。

 

 

まずは1点集中の呪縛をといてあげることです。

そのままだと、だんだん苦しくなっていきますので。

 

でも幅広い視野をもって対峙するには、

ある程度の思考スピードが必要なことは確かなので

スピード感で、大学受験でどこまでいけるかは見えてきます。

 

 

1ついえるのは

東大出身の方で共通しているのは「頭がいい」ではなく「思考スピードがはやい」ことです。

 

 

 

中学受験、終了。

今日もインフルエンザらしき高熱で欠席する生徒がおりました。

受験直前は風邪などもらわないようご注意ください。

 

昨日で、2019年度の中学受験が終了。

私立は2月1日の1回目で合格。

サポートするために教室に泊まっていましたが、ほっとしました。

昨年よりも倍率が高かったので、合格の連絡が来るまでは気が気でなかったです。

 

中学も高校も、大学受験制度の不信感からか倍率は高騰し続けていて

中学受験の大学附属は、日大附属系列の中学校の倍率も押し上げています。

MARCHの附属は偏差値倍率ともに高止まりですが、やることをやれば大丈夫だということ。

ここまで解ければいけるだろう!というのが、だいぶはっきりしてきました。

「見たことのないような問題に対する耐性」が必要になっているのは、ほぼ間違いありません。

 

 

まだ頑張っていらっしゃる生徒様もいらっしゃるかと思います。

倍率は高くとも、ここまでくればライバルは強くないですからチャンスはあります。

辞退が多い学校(おさえの学校)は繰り上げもありますので、

あなたを落とした学校が悪い!くらいの気持ちで

最後まで、己を信じてマイペースでやりきってください。

 

 

未来志向で考えれば、どんな結果でも大丈夫。

逆にダメだった方が試練を乗り越える経験が出来るので、

この便利になった時代に生きる若い人にとって、

試練」は素晴らしい財産ですから。

高校の選択

教室にも、毎年高校受験をする生徒は少なからずおります。

倍率は気になるのですが、受験する当人たちには気にしないように伝えています。

どの道、そこを受験するから。

志願変更をした生徒は、今までいない。

当たり前の話で、得点をとれば勝てるから。

 

 

高校の選択ですが、普通科ならば「別に、どこでもいい」

「雰囲気でいきたいところへいけばいい」と考えています。

予備校や学校で指導を受けてしまうと、大学受験は「授業がいいというよりは、本人の力に左右される」ので

結論としては、楽しい高校でいいのではないでしょうか?

 

 

職業系の高校は、いまの時代であれば「かしこい選択」です。

勉強できないのが福音をもたらすかもしれない。

他人がもっていない能力があるとないでは、大違いですから。

それで感謝されるありがたさを感じ取れれば、幸せに生きていけるでしょう。

 

 

普通科の場合

「楽しすぎて流されると大学受験は悲惨」になりますので、

「最初から教室にいてくれ!」とは伝えておきます。

高校の内容、中学よりは大変ですが

教える人次第では、いくらか大変なのは緩和されますので。

 

 

普通科であれば、倍率で志願変更もありではないでしょうか?

「倍率1.67をこえると、5人受験で2人不合格」ですから、検討事項だと思います。

 

 

結論を出したら、目の前の問題で高得点を確保することだけを考えればいです。

不安なら、あと2週間、そこに集中すればいい。

あとで後悔しないためにもです。

 

 

中学受験の生徒は今日が最後の授業でした。

いつもと感じは違いましたが、まず大丈夫でしょう。

 

 

高校受験のTOPレベルは、

ミスなく読めるとかミスのない作業で決着するので、メンタル的にしんどいですが

「ここで力をいれればよい」というのを見極めながら練習すれば、あと5点がもぎとれます。

気をぬけるところは存在しますから、練習でずっと気をはらなくても大丈夫。

絶対勝てますので、最後までいい練習をしてください!

 

 

 

 

 

国会ひどいですね。あれを真似しても大丈夫とみな思うわけですね。

国のTOPがあからさまに嘘でごまかして逃げ切ろうとしているのが

誰の目で見ても一目瞭然。

 

TOPが悪いことをして平気なら、これを見た部下が「真似してもOK」と「真似すれば逃げ切れる」と思う

税金なんて好きにつかってしまえって??

逃げ切るうまい理由を考えることの出来る人が出世するから、屁理屈を堂々と言えることが尊ばれる才能になる。

何だか滅ぶ寸前の王朝みたい。

 

 

これに文句を言わないのは

国民が国会に関心をもたなくなったからですけど、それは教育のおかげでもありそう。

公教育は基本的に議論討論は全面禁止。おおっぴらにはしていないが「していない」も同然。

ほぼ、40年遅れの一方的に詰め込み型の指導。

文科省主導の入試は

「採点が楽な正解が1つの問題で決着するので、面白い能力がある生徒でも一点集中型の集中力を強いられ、若い子の多彩なアイデアをうばってゆく」

ようは見える視線が狭くなるから。

この能力は職人型の技術者には良いが、アイデアを出すようなことには不向き。

今までの知見からでしか物事が考えられない人の出来上がり。

 

嫌なことに集中できる才能は果たして必要か?ということ。

それを我慢してTOP校へいた生徒は「嫌なことを我慢するような仕事につきたがらない」でしょう?

ようは、それが嫌だから。

なんで、そこを鍛えたの?

こうして間違った終点に到着する人も。

 

 

なぜ、こんなことを書いたかというと、

公立中学生の指導が困るから。

学校に合わせないと成績は来ないが、あの内容に合わせていると

この子は「みなと同じにしよう!」が尊い、平均的な生徒になってゆきそうだから。

公立学校の同調圧力が強烈なのも、その後押しをする。

かといって無視したら、成績は低めに抑えられるので高校入試で不利を被るシステムです。

 

 

同調圧力にのまれそうな生徒がおりますから、救出しなければならない。

学校の成績にこだわると。何だかねじれる。

先取り優先?学校優先?

先取り優先だと、ミスしてもいいからチャレンジ!

学校優先だと、覚える→ミスしないようにすること!

だいたい、こんな指導になる。

 

そうするとどちらが良いかは、わりと簡単。

楽しく生きていけるし、これからの世界で結果をだしやすいのはどちらかと考えればいい。

 

 

しかしあそこまで露骨に誤魔化しても大丈夫と思えるのはどうなんだ??

日本人の倫理観、とくに官僚や公務員はおかしくなってしまったのではないだろうか?

その文科省が頂点の教育は、どうなってしまうのでしょう?

とりあえず国会審議の場では嘘はOKになりそうですから、

何やっても大丈夫とか思っているのではないでしょうかね???

 

 

まだまだ教室の仕事はたくさんありそうです。

 

 

 

 

国立大学も総合選抜だと

国立大学の出願がはじまりました。

その前の段階で、相談などお受けしていたわけですが

理系総合選抜のようなところだと、「好きな学科にいけない可能性がある」ということ。

 

 

大学1年修了時か2年修了時に、希望学科を出してセレクションをおこなうので

ややもすると、希望の学科にいけなくなる可能性がある。

 

いま国立大学は、これを採用しよう!という大学が増えています。

たぶん何もないと勉強しないからでしょうね。

気持ちはわかりますけど・・・。

 

それゆえ成績順に選抜されることもあるので、

たとえば文系の心理学科などは応募者殺到で、成績で振り分けます!なんてことになるわけです。

 

 

大学院へ進学するにしても、同じ大学の学部生が「同大学でちがう学科の院を受験するのは難しい(地球科学の学生が物理学科とか)」ですが

ちがう大学の同学科であれば受験可能というわけです。

 

 

教室の受験生もだいぶ悩みましたが、最終結論は出たようです。

 

 

こうした面談も多く、先週はかなりやつれましたが

やっと体力が回復してきました。

 

 

 

高校受験する生徒の進路を考えると、

高校受験は推薦を視野に入れる方がいいでしょうね。

生徒のタイプによっては、下手に高いところへいくと大変です。

高校数学が自在に出来そうであれば、まともに勝負でもいいですが

そうでないと、進路は難しくなる。

 

数学が「×」だと私大文系になり、

なんのスキルもないままだと、「営業、販促、事務」という競争のはげしい役割になってゆく。

その就職先では、70歳定年とかで大変なことになっていますから

きっとリストラの嵐が吹き荒れる。

そうすると大学名ではなく、学科で考えた方がよいのは明らかです。

 

 

でも好きな学科を選べないとなると・・・

先をみていないと八方ふさがりになりかねませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の時間は深夜のみ

やっと仕事を終えることが出来ました。

自分の時間は、もはや深夜のみです。

ある程度予想していましたが、帰れなくなりました。

 

 

これから大学受験がはじまり、すぐ中学受験、で高校受験が続き、最後に国立大2次。

それまでは出来ることを、全てしてあげる覚悟です。

具体策はシンプルなので、あとは生徒が実行してくれれば合格でしょう。

 

偏差値70といったって、合格をとるだけであれば、そこまで難しいことをする必要はない。

高校受験に8時間も9時間もやるならば、もっと他にやることはある。

問題に慣れる作戦が果たして、今年は通用するか?

教育委員会主導の、高校受験はしてしまうかもですが。

 

 

公立中学→高校とたどってきた生徒は、数学、物理、化学でやはり苦戦します。

なぜか?

「繰り返しの練習で慣れて、安定した得点を確保」が通用しないから。

英国社や生物は通用する。

高校受験や中学受験(難関のぞく)はまだしも、大学受験で全く同じような問題は出ない。

少なくとも、それが見える生徒はそんなに多くはない。

冒険のように、教科書レベルの知識を駆使して解いていかないといけないのが常。

 

8時間も9時間も練習させるということは、「あまり出来ないだろうから・・・」

という烙印を、ひそかに押しているのと、なんら変わらないようにも思える。

 

 

これからの時代、他にはない一芸ですね。

大学のブランド力には頼れない。

頼れば頼るほど、人工知能が人事を考える環境にいきつくこと決定的。

すでに

「既婚者で子供がいるから、大変な支店の支店長に!」

「独り者で使えるけどわがまま辞めるリスクがあるから、華やかなポジションへ」

とか、このくらいのことは、すでにやっている大企業も多い。

 

 

今までの常識で物事を考えるともう危ないですから、若い人の価値観をよくみるべきです。

医者やパイロットのような職業よりも、youtuberの方が価値があるという考えを持っているということです。

 

 

ありがたいことに問い合わせ例年より多く、ご面談は授業の少ない日曜日に実施しております。

2月に入ると中学受験が1段落するので、少しはお時間がとれるかと思いますので

遠慮なくご連絡ください。

返信は深夜になると思われますので、その点は何卒ご容赦ください。

 

 

入試は「大丈夫」だと思って勝負させます。

無料体験の生徒が全員入ると、ほぼ満席になります。

昨年12月までにご連絡いただいている方の座席は

必ずご用意いたしますので、今しばらくお待ちください。

 

 

入試は「大丈夫」だと思って勝負させます。

そのための時間が「今まで」あったのですから。

今、慌てると言うことは、まだ準備が不十分であるということです。

チャレンジでしたら多少は仕方ないですが、

それでも大丈夫だと思わせるのが、難関勝負で必要なことであり

この仕事ですべきことですね。

 

 

でも完璧であるよりは、何か悪いところがあった方が

やることがはっきりしていて対処はしやすい。

余計なことを考えて不安になるのはもったいない・・・

 

 

受験前のこの時期、無駄な時間を過ごすと危ないのは当たり前。

ほとんどのミッションは目の前の問題で高得点を目指すこと。

その問題は

「読解でミスをしないか」

「正確な作業が要求されるか」

「ミス容認だけど、記述で輝かないといけないか」

いろいろなタイプがありますが、何を要求されているかはわかっているでしょうか?

 

 

国立2次で赤本のような解答を書いたらけっこう危ない。

センター試験を失敗しても、

今まで正しい練習をしていれば、国立大はチャンスがありますよ。

 

 

もう多忙どころの忙しさではないので、これで失礼します。

 

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる