ホーム>塾長日記

塾長日記

神奈川県公立高校生の歩む道は、楽しいものかもしれないですけど。

この仕事を約20年。 神奈川だと15年以上塾講師をやっていますが

かなり多くの公立高校生が 現実に向き合わないまま、大人になっていきます。 

 

 

本人が納得しているならば別にかまわないのですが、せっかくのセンスを無駄にしてしまうケースも多いように思えます。

今年も1人、中堅公立高校から理系の四大へいきました。現役だと学年に数人いるかいないかです。

一般入試だと、今年もかなりの難易度のレベル。

数学Ⅲを全くやらずに推薦で合格出来てしまったため、私に数学Ⅲをやってほしい!とのことでした。

 

この子は、上の兄弟がトップ校から大学受験で・・・したのを見ているので、それこそ必死でした。

評定も4.6か4.7だったと思います。

 

 

 

 これだけの成績がとれる生徒でも、数学Ⅲは大変だったようで、置換積分の計算中に「高校受験の数学って楽じゃない?」と言っておりました。

まあこの頑張りを高校受験で見せれば、トップ校には合格できたでしょうが「トップ校から理系進学は無理だ、無駄な勉強が多くなるし」と私は思いましたので、あえて推薦をもっている中堅公立コースで良いと考えました。

情報系の四大に進学したいと、中学生の頃から言っていましたから、私としてはその進路をかなえてあげたいと思い、志望校に推薦があるかを確認しました。

そもそも理系の推薦をとる生徒が少ない(いない)ので、推薦消滅の可能性もないということでGOです。

作戦成功。3年越しです。

 

 

 

こう上手くいけばいいですが、公立高校は勉強そっちのけの生徒が多いですから、やはりそちらに流れます。

 大学受験のように普通に落ちる試験を経験していませんから、高校受験と同じように「短期間でなんとかなる」と思っている生徒のなんと多いことか・・・。

 

結果、神奈川公立高校御用達の大学(アルバイトを断られることもあるようで)か専門学校になりますから、

特殊技能や資格がとれれば、なんとか地場産業社員か非正規といったところに落ち着く可能性が高くなる。

そうするとフリーのリスクが高い。普通科だと武器のないままフリー。

集団迎合のような「誰かいるでしょ」のような環境にずっといてフリーでは、あまりにつらい・・・。

 

 

 

公立高校へいくと、大抵、公教育を12年間受けることになります。

この間に、集団迎合しやすいパーソナリティが出来上がります。

はみ出し者にならず、みんなと同じことをやるのが好き 静かに人の話を聞くようになる。

一言で言うと「いい人」

戦後のバブル崩壊までは、従順で正確な作業が出来ればよかったのですが

これからは、それでよいのか?

正確な作業を追い求めるがゆえ、ミスをこわがる生徒も多くなっています。

そしてチャレンジしない、集団迎合型のパーソナリティが出来上がります。

 

 

 

多感な時期の12年間、言われ続ければ、人は変わりますよね。

わたしも若いうちは、「日本は平和だし、これでいいんだろうな」と思っていましたが

世界の教育(ドイツは実際に小学校へいきました)をみているうちに、これが続くと「日本は危ないのではなかろうか?」と思うようになりました。

これは、けっこう由々しき問題ですよ。

 

解決策は

インターナショナルスクールにいく

海外の学校へいく

くらいしか解決策がない。

 

 

大学受験が変化してゆくので、ゆっくり変わっていくでしょうけど

教育委員会管轄の高校受験は、後追い確実なので、

大学が、今にも出題したいと考えている「答えが1つでない問題」に対応するのは、いつになることやら・・・。

 

 

 

楽しいのはいいのですけど、自然な流れにまかせると

人の脳はさぼりたがりですから、何もしない方向に進みますよ。

自宅という「飯が食えて、スマホ出来て、寝っ転がれる安定な環境」があるのなら、無理して勉強なんてしなくてもいいからです。

きたる未来を伝え、変えてあげる人がいないといけないのです。

 

 

でも県の教育委員会からすると

「県内の中小企業などに人材を送り込めている」という点では成功なのかもしれませんけど。

 

 

 

このことは、みなさま終わった後に気がつくことが多く

子供は、高校在学中、楽しそうに過ごすことが多いため

情報として、なかなか出てこないというわけです。

 

 

2019418213346.jpg

 

 

公立学校の教員不足

全国的な問題になりつつある、この問題。

横浜市はかなり顕著になっている。

横浜市内145校の公立中学に教員の休職者が121人。 1校に1人にせまる勢いだ。

 

 

部活動あり地域の行事にかり出されることも頻繁でしょうから、多忙でやってられないのではなかろうか?

休職予備軍をいれると、もはや異常事態。

担任が配置できない。非常勤の先生をあてようとしたが、教育委員会から不可能との返事が来てしまったらしい。

 

 

たしかに、ハマベンよりも先にやることがあるのではないか?

 

 

退任者が出たため、11月に赴任してきた先生が成績をつけるわけにはいかなくなり、その期の技術家庭の成績がつかなくなったりするトラブルが起きている。

 

 

 

横浜市は教員採用試験の倍率が低く、受験生に言わせると滑り止め状態になっている。 

さあそうした環境で人材が集まるかといえば、?である。

 

神奈川県はとくになのだが、教職不人気自治体になってしまっているのだ。

公立高校の進学実績も、人口の多い横浜市の影響力が大きいのはどうしても否定できない。東京の私学という選択肢を考えるから。

 

神奈川県の私学は高校から入れるところで、進学実績がよいところ。女子はとくに少ない。

 

 

 

横浜市で公立コースから大学合格をとるならば、もう先取りしかないのです。

 

 

 

高校受験は、この問題の当事者たる教育委員会が主体ですから、

無難を旗印に

これ思い切ったな!のような制度の入試にならず、東京の2番煎じのようなことが続き

今は、ハマベンの売上問題が議論され、公立学校が非常事態になっております。

 

 

 

こうなると塾が支えるしかないのですが、

大手の塾がやる、テスト過去問を配ってそれを練習するような勉強を「勉強」と思っているような生徒が大半ですから

高校数学がまともに出来るようにならず、激戦の私大文系を選択せざるをえなくなる生徒が多いと言うことです。

 

 

個人塾から転塾してくる生徒の方が、まだ「こういう練習すれば生き返るな」というアイデアがわくのですが

大手から転塾してくる生徒は、暗記ロボットにさせられているので、「もう(数学は)無理かな」と思うことは、残念ながら多いです。

 

 

自由度が高く難しい大学受験で、センスある公立高校生なのに結果が出せないのは、理由があると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりにいってみたい、廃駅が心配される、石北本線 生野駅

201941716127.JPG

地方では、「公立高校>私立高校」のような大学進学実績ですけれど

毎年のように、こうしたお問い合わせが教室にはまいこみます。

神奈川県への引っ越してこられた、他都道府県の方々です。

神奈川で塾をやっていると、それが常識のように思えますが、

他県の話を聞くと「ちがうんだなあ」と、毎度のように思います。

 

 

やはりインターネットが発達していますから、

不利な情報を隠そうとしても、どこかで真実があらわれるわけで

「公立高校から国立大ってこれしかいけないの???」

のような疑問をもたれ、

このブログが「腑に落ちる点ばかり」ということで、

この時期に、お問い合わせを頻繁にいただいております。

 

 

まず一時期よりは、学生が地元の大学に落ち着くようになりましたが

まだまだ首都圏の国立大は、地方と違って全国大会になりますので、決して簡単ではありません。

 

 

しかしそれにしても、週刊朝日のような雑誌を見てしまうと「神奈川の公立高校から国立大へ行く生徒が少ないのでは??」と、思われるわけです。

実態としては、

「地方の公立TOP校ほど受験指導がなされない」

「昔の高校入試制度アテストのおかげで、公立高校が敬遠され、中学受験が隆盛になった」

「敬遠され進学実績がだいぶ下がったので、内申点に不安があると、東京に近いエリアでは中学受験をする生徒が半分くらいにのぼる(それ以上か?)」

のようなことがあげられます。

 

 

 

昨年から、東京周辺の私立大学も難化しましたから、

神奈川だと横浜翠嵐のようなTOP校であっても、明治大くらいが一番合格者が多くなっている状況です。

浪人生を多く出す高校は、国立大学の合格者が増えていて、見た目にはすごいようにみえるのですが、

公立高校の方が生徒の母体数と浪人数が多いため(だいたい1学年、横浜翠嵐360人、聖光学院180人、フェリス180人)

これをみたら合格者数はあっているけど、合格割合は???となります。

 

 

 

神奈川県の公立中学校では、ほとんどの生徒が内申点の心配をするため、塾へ通う生徒が非常に多いです。

学校側もそれを把握していて、先生が「塾でやっているでしょ」といった生徒証言もたくさんあります。

困ったことに、

大手の塾は「テストの過去問5年分を配ったりするため、それを暗記しておけばテスト結果が出せて成績はとれる」ような方針でいるため、

生徒に考えて解く力がつかず、神奈川県だ、高校の理数で壊滅する生徒はかなりの数に上ります。高校のフォローも他県にくらべると・・・。

 

 

神奈川県のセンター試験平均点が高いのは、数学と理科を抜きにした3教科チャレンジの生徒が多いからでしょう。

 

 

数学が「×」ということは、たいていの国公立大はないということです。

私大文系の一般入試は、模試のA判定が通用しない世界になっています。

国立は文系廃止の方針が出ていますから、形式上、学科として残っていますが倍率は高い。

今年受験の生徒は、少しでも確率の高いルートを選択すべきです。

ちょっと前であれば「一般、がんばろうか!」といえましたけど、昨年あたりから、そうはいかなくなってきました。

覚悟を決めた浪人は、1日12時間くらい勉強に費やしますから、現役生は一般入試では、はじかれてしまう。

 

 

 

「どうやったら救い出せるのか?」を考えると

公立TOP校を目指すよりも、高校受験を考えない先取りが良いように思います。

その生徒の出来る範囲で、どんどん進めていく。

高校数学と理科(物理、化学)を自分でわかって出来るようになるには、それしかないような気がしてきました。

 

 

公立高校の進度にあわせているとまず間に合いませんから、

中高一貫生並みか、それ以上の進度で先取りしかありません。

これは教室が得意なところです。

中高一貫生はたくさんいるので、どれだけ進めればよいか、どうしたことをすれば良いかはわかります。

 

 

中1で因数分解、二次方程式が出来る生徒は、公立中学にもわりといますから、その能力を先に鍛えます。

高校受験と大学受験は、中学受験と大学受験ほど関連性は少ないので、ある程度、無視しても大丈夫です。

地方の公立高校では、「高校の内容が大学受験で出題されるから、ここからが正念場だ!」のように言われます。

神奈川にもそうした高校はありますけど、フォローはイマイチですね。チューターなんていないですよ。

 

 

「公立高校>私立高校」のような状況は、当分、続きますけど、

いま在籍の中学生を見ていると、これに抗える生徒もいるなと思われるので、

先取り個別コースを設置します。

 

 

ご希望の方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

国立大合格を目指すならば、テストだけ出来るマシンではOUTですから。

センター試験も今年で終了ですから、先取りはかなり有効だと思います。

 

 

 

神奈川の高校受験、理系型の生徒が不利な理由

やっとハードで心臓に悪い、時間割の調整作業が落ち着いてきました。

知り合いが病気になったりして、かなりヘビーな一週間でしたが、何とか乗り切れました。

 

 

何人か時間割でミスが発生してしまい、大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

授業曜日を間違える

授業時間を間違える

「え!授業ないの?」生徒は喜んでかえりますけど、私は「やっちまったー」と大反省です。

 

みなさまの寛大さに感謝です。

もちろん、これは結果でお答えさせていただきます。

 

 

 

 

やっと考える時間が出てきたので、いろいろなことを分析する。

高校受験で「理系で成功しやすい生徒は結果が出ない」理由がわかってきました。

理系は中学受験の方がいいのかな?と思いますが、育て方を間違えなければ高校受験コースでも、何とか成功できるかな?という思いでおります。

 

 

 

本来、理科(自然科学)は未知の事象をつきつめる学問です。

それゆえ、

「知見のない、見たことのない問題を自分の力で解く力」を持っていた方が良い。

 

こうした生徒が、公立中学校や、高校受験の勉強で失敗するのです。

1人よがりで素直でないから。

 

 

 

 

素直な生徒の方が、高校受験は成功しやすいです。

自力でやるよりも、高校受験を知っている

先生に問題のパターンを教えてもらった方が、練習回数が増え、ミスなく高得点が狙えるから。

 

 

 

現実に、研究者は1人よがりな部分をもっていますから(1人で考えてアイデアを出さないと研究継続はまず無理)

「自分自身の力で解いてやる!」のような人が多いわけで

パターン演習ですむ、字数の多い、パターンを知っていれば有利な高校受験の問題であっても

「自力で解決してやる!」のようになりますから

演習回数が少なくなって、素直な生徒の方が「結果として高得点をとる」というわけです。

 

 

オール5近い成績をもつ生徒が受験する高校でも、「数Ⅲ」までいく生徒が少ないのは、良くある話です。

原因は、上のようなことでしょうね。

私自身、理学部に在籍していたので、研究者がどのような感じでいるかはわかります。

 

 

だから高校受験の結果で、理系の大学受験で結果が出るかどうかは、わからない。

高校受験から理系方面で成功したいならば、高校受験では不利になるけれど「自分で考える才能」をつぶさないことです。

 

 

高校受験では結果が出せなくても、才能ある生徒はいるということです。

 

高校の内容は答えをみてもわからないことは多いです。

昨今、高校も人材が薄くなっております。

わからくなる生徒が多くなるのも、何の不思議もありませんので、是非、塾を利用してください!

 

 

 

 

 

 

高校受験から大学受験を考えると

神奈川で高校受験を考える場合

公立高校は本番での得点勝負だが、成績がないと私立高校は受験すら出来ない、

この状況下で高校を考えることになります。

 

 

入試問題は公立中学校のテストよりは難しい。

それでも考えて解く問題は少ない(出題パターンを知っていることが大切)ので、

「暗記による訓練と正確な作業をこころがける」と言ってよいでしょう。

 

 

高校の内容からは急激に難しくなりますから、

ちょうど、新入生がこれから苦労する頃かと思いますが

「わかるもの」と「わからないもの」がはっきりするのではないでしょうか?

簡単に解釈できるものと簡単には解釈出来ないものがはっきりしているということです。

 

 

しかし高校受験を経由すると、中高一貫生より1年遅れになっているという現実がありますので

かなり出来る生徒であっても、この遅れに関してはどうしてもハンデを背負うことになります。

 

 

高校受験をするならば、先取りをおすすめします。

高校受験はともかく、大学受験では有利に勝負できます。

いま一般入試は国公立大の方が楽ですから、「全教科やってやる!」と思えるならば、先取り学習はかなり有効です。

実際に「新中1は一次関数」「新中2は二次方程式」「新中3はsin cos」まで終えています。

部活動!!という生徒にはやっていません、というより出来ません。

 

「理科のほとんど」と「社会」は暗記科目なので先取りはあまり有効ではありませんから、そこまでは進めませんが、理科の化学系の問題は量感覚が必要なので、これは先に訓練しておきます。中学受験の生徒は小5でやりますから、小6でよいかも。

 

英語も1年先に進んでいると、高校で単語記憶に時間がさけるので、難しくなった大学受験でも勝負できるようになります。英検準1級があると大学入試の英語はパスであることも多いです。

 

 

学校の進度にあわせていると、まちがいなく大学受験では苦労しますから、いけそうであればどんどん先取りが望ましいのです。

 

 

「週1コマの授業で英語と社会」「週1コマの授業で数学と理科」「週1コマの授業で英語と国語」のようなことも可能ですので、短時間でコストも安く大学受験を目指すことが出来ます。

 

高校受験は「暗記力と正確な作業」が決定因子になるので、

とくにいまの国公立大学入試で求められていることではありませんから、そこは本人が頑張れる範囲で高校を選択すれば良いかと思います。

下手に高い高校へいくと大変ですし、下すぎても推薦枠が少ないという悩みがありますが、国公立にかぎっては教科書範囲を逸脱した出題はないですから、教科書内容を完璧に理解することは、あるレベルをこえている高校ならば、大抵可能です。

 

 

 

三浦半島、毘沙門天入口バス停 201941216613.JPG

 

不安定に慣れるのも、生きていくうえで大切な要素です。

安定な環境にいる。

飯が食えて、遊ぶ人もいて、簡単な勉強をそこそこ出来れば、普通に過ごせる。

だんだんと、ちょっとのつらいことも出来なくなっていきます。

 

 

こうなると、どこかでガツンとやらないといけなくなります。

いつまでたっても上達しないのは、

別にやらなくても、とりあえずは飯がいただけるような安定な環境があるからです。

どこかで向き合ってあげないと、この状態が大人まで続きます。

スマホから離れられなくなる事象が、今は多い。

スマホ1本で飯が食えないこともないですが。

 

 

スマホを使ってもいいけど、必ず「全教科70点以上でないと、もう使わせない」のようにしないと大変です。

日本ではお金の教育はないですから「誰が支払いしてるんだ!」ということを最初に理解させておくこと。

現実に、親子でローテーブルを投げ合うたたかいになった事例があります。最初をなあなあにしたから。

 

 

底辺校の生徒が、

「うちの親、バカですよ。何でも買ってくれるんすよ。塾の電話も全部やってくれるんす。だから俺こうなったんす!」

なんてことを言っていましたかね。

 

 

 

対話は「相手に考えさせるように問いかける」

「うん」「あっち」「(理由のない)勉強しなさい!」の短文会話は最悪です。国語力に影響します。

 

スマホは「ここを過ぎたら禁止!取り上げる!」のラインを、必ず決めておくべきです。

 

ネットの発達によって、若い世代は外に出なくなっていますから、外の世界を見せてあげた方がいい。

子供時代の記憶はずっと残っていますから、これが外の世界に出ていくことにもつながっていきますので。

 

 

 

日本の勉強は「いい労働者を育てる」方向に向いていますので、

これに不向きな生徒が中学受験を選択したり、

不登校になってしまうのは、至極当然で、仕方ないことです。

 

 

変な刷り込みを受けない分「これはこれでいい!」と考えれば良いのです。

不安定に慣れるのも、生きていくうえで大切な要素です。

「挑戦する!」って、不安定なことですから、その経験は大いに生きるのではないでしょうか。

 

 

教室 ガーデン側入り口

2019410161451.jpg

 

中高一貫生が、ピンチになる頃では?

中高一貫生の数学がピンチになるのは、

新中3 または 新高1 になってすぐあたり。

春休み明けのテストで悲劇がおこるのも、ちょうどいま4月上旬。

 

 

原因は、やはり高校の内容になるから。

 

 

公立高校とちがって、計算の操作方法は教えないまま、二次関数にいくこともあるので

さすがに中学受験算数を経験した生徒でもつらい。

 

 

25年以上の情報蓄積がありますので、だいたいの中学受験で入学できる

私立中学と高校が、どのくらい進むかはわかります。

 

 

数ⅠAであれば、知っておくべきことも基本操作も、たいして難しくないですから

自ら迷宮に迷い込む前に、おいでください。

絶対、救いますし救えます。

 

 

近隣の個別指導塾に中では、一番、歴史が長く、

指導キャリアの長い先生も在籍しておりますので、

是非、ご利用ください。

 

 

 

 

 

やり直しが出来ないですから

まだまだ時間割が落ち着かない時期が続きます。

 

そのため、授業時間の移動をお願いすることがあります。

可能な範囲でよろしいので、ご協力いただけると助かります。

 

 

子供を相手にするのが面倒だからと言って、

命令口調でコントロールしてはなりません。

手出しや命令をされ続けた子は、かなり高確率で反抗しますし、ひどいと無気力状態になります。

自分で考えて行動することが出来ません。

自分のことを自分で決めることは出来ません。

親がやってくれると思っているからです。

 

 

それは今までの子育ての結果です。

しかし修正をかけることは出来ます。

勉強が出来るよりも、いい高校、いい大学へいくよりも大切なことがあります。

 

 

何歳になっても、社会で活躍することは可能です。

人生のやり直しだって、いつからでも可能です。

 

 

子育てでつくられたメンタルは、やり直しが出来ないですから、はやく修正しないと大変です。

勉強だって、「言われてやる」のではなく「自分で出来るようになる方がいい」ですよね?

 

 

 

 

 

ジムで走るより山歩きで鍛えたいので、三窪高原ハンゼの頭へ 201948231523.JPG まだ雪がのこる、三窪高原。 201948231614.JPG

私立大学、一般入試はたしかに難化していると思いますよ。

いろいろなところでニュースとして取り上げられていますが

首都圏の私立大学(とくに文系)は、明らかに難化しています。

理系はまだましですけど、それでもかなり難しくなっている感じです。

 

 

センター試験で9割程度とれるならば、そうした生徒ならば「国公立大のみで勝負」出来ますが

そうでないならば、私立も併願せざるをえない。

その私立が「かなり」でなく「おそろしい」難しさであったら、志望を下げるしかない。

 

 

横国理工に合格できる生徒はMARCHの理工には大抵合格出来ていたのですが、いまは日東駒専くらいならなんとかといった感じ。

今年は日大はあれがありまして入りやすかったのですが、来年はどうか???

 

 

こうなると併願は下げるしかないですが、この余波はたしかにありまして、東京都市大、神奈川大も軒並み一般入試は難化傾向。

それ以上下げますか?

 

 

進学校へいってしまうと、やはり多くのせいとはプライドがありますから

これ以上下げない!となってしまう。

 

 

しかも浪人、仮面浪人がかなりの人数に上るので、来年が楽なんてことはないでしょう。

今年度はセンター試験が最後になりますから、その影響も少なからずある。

 

 

浪人生でも受験できる推薦入試などもあります。

一般入試の難しさは相当なものですから、全「×」も珍しくはないでしょう。

一般入試ならば、はやくから準備するしかありません、それも的を絞った方がよい。

大学によって問題の傾向や出題形式が全くちがいますから、対処法を知らせておきたいのです。

もちろん腕力もいりますが、腕力だけではギャンブルのような入試になってしまう。

 

 

教室に長くいる生徒でも、30%くらいは「×」になってしまいますが、それでも今年なら大健闘をいえます。

 

 

公立高校3年生で、一般入試しか選択肢がないならば「部活動なんかやっている場合ではない」のですが

夏までやっちゃうんでしょうね。

 

 

そうなると妥協先の選定がすべてになります。

卒業生の評価の高い大学はありますから。

首都圏私大の一般入試はそれほどまでにきびしくなっていると言って良いと思います。

 

 

3月25日あたりに繰り上げ合格の電話が入るのも、これから標準になっていくのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

2019の2コマ無料体験!4月20日まで。

教室の2コマの無料体験は「4/20(土)の授業まで」とさせていただきます。

 

 

教室では入塾金(広告回収料金?)をとっておりませんので、無料体験を多くするわけにはいかないのです。

さらには施設利用料、冷暖房費のようなものもありませんので、授業料だけで通塾出来ます。

 

 

いざ授業を始めてみたら

「先生が合わなくて・・・」のようなことになって、入塾金20000円損した・・・

なんて不満は残りません。

 

 

お試しで授業を始めても損はないですから、まず教室から無料体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

遠くは「戸塚」「つくし野」のような遠方からも、ご通塾いただいております。

 

 

 

 

わりと好きな場所

絵になる感じの、三浦海岸のケンタッキー

201945192129.JPG

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる