ホーム>塾長日記

塾長日記

公立中学校⇒高校のルートの生徒は

いまAOや推薦入試を利用すれば、選ばなければ誰でも大学進学できる時代になりました。

6大学であっても、中学校の英文法からやり直しのクラスがあったりします。

 

とある工科大学の大学入学前の課題

「三角形の証明」「文字式の計算」

これからどんな授業をするんだろう???

ここからエンジニアって育つのか?

という疑問を持ったこともあります。

 

 

いま定員の厳格化で、首都圏の大学一般入試はきびしくなっています。

進学校からの指定校推薦の利用も増大しているようで

これでは一般入試の門戸はますます狭くなることが予想されます。

「有名私大よりも国立大の方が合格しやすくないか?」と思われるくらいです。

 

 

毎年のごとく思うのですが

公立中学校⇒高校のルートの生徒は、

1年遅れであるにも関わらず良く遊ぶので、

現実問題、なかなか合格がとれません。

成績がとれないと、かなり進路が限られますが

1芸があれば、チャンスがあります。

1芸とは、ひとつだけ出来る教科があること。

普通に落ちますが公募推薦であれば受験可能な大学もあります。

一般入試をまともにやると、かなりきびしい現実に直面すると思いますから

覚悟と準備ははやめにした方がよいでしょう。

もう現実逃避はダメです。

 

 

 

この時期

大学受験問題も半分くらい解ける中高一貫生は、現実のきびしさに慌てて

大学受験問題は全く歯が立たない公立高校生は、7月まで部活動をする

ということが毎年のようにおきます。

 

 

受験勉強と部活動、どっちが楽しいといえば、

2年以上在籍しているわけですから、部活動でしょうけど

理工系や医歯薬系、研究職をのぞむレベルの大学は間に合わなくなります。

 

大学入学前の課題

「三角形の証明」「文字式の計算」

を出す大学では、理系や研究者は難しいですから。

 

 

いま小学生の進路面談が多いですが

神奈川県なので「中学受験」か「公立中学」で迷われます。

結局、半分くらいが中学受験をしてしまうのですが

その理由は「公立中学校で成績がとれないだろう」「公立高校から、のぞむような大学へいけないから」というのが大半ですね。

高校受験より中学受験の問題は「多角的に考えるという点」で難しい。算数で差が付きます。算数で差がつかないレベルになると国語で差が付きます。

高校受験は「問題文の読解」「内容は簡単ですが、指令通りに答えなければならない苦しさ」が面倒です。文系3教科あるので文系型の生徒が優位です。

 

 

公立高校の方が共学であり用意された行事が多く青春出来ますが

「進路は限られてしまう」というのが、現実としてあると思います。

理工系や医歯薬系、研究職をのぞむレベルの大学を目指すならば、

中高一貫TOPレベルとの争いになるので、はやめに動かないと間に合いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏期講習、そろそろ満席に近いです。

もう6月12日。

夏休み明け、9月の時間割を作成しています。

もう夏が終わるんだなと思いながら。

もちろんこれから夏ですが、

ある程度受験生の授業増や、AOでの合格者が抜ける場合の時間割を予測しておかないといけないのです。

 

 

 

あと1か月強で、朝から晩までハードに動く夏期講習がはじまります。

今年、受験の生徒、とくに大学受験と中学受験はここで結果が見えると言ってよいです。

高校受験も、はじめて受験経験という生徒は、入試問題に慣れてもらう必要があります。

 

 

今年は、申し込みがはやく出ており、すでにほぼ満席の期間もあります。

ありがとうございます!

 

 

今、空きがあるのは

Ⅰ期(7/19~24、19は振替可)19:00以降に理数系2枠

Ⅱ期(7/26~31)の17:00以降に7枠

Ⅲ期(8/2~7)の17:00~17:50英、21:00~21:50文系全般の2枠

Ⅳ期(8/15~17)17:00以降に5枠

Ⅴ期(8/19~24)17:00以降に4枠

 

7枠でも、1人が英英数数もう1人が理理社のように、授業をとりますと

7枠全部がなくなります。

 

すでに時間は選べない状況になりつつありますので

夏期講習は、おはやめにお申し込みください!

 

 

 

夏期講習中、開校日は授業や教室の事務以外何もできません。お問い合わせ対応も、昼休みのみになります。

なので教室についてのお問い合わせは

「明日6/13(木)、明後日14(金)」

「6/28(金)~7/13(土)」にお願いいたします。

6/15(土)~27(木)は面談期間のため、対応出来ない可能性が高いです。

 

 

 

 

 

大学受験生。AO、公募もおまかせください。

大学受験、私立大学文系は人数抑制の影響をうけて

一般入試の倍率が高く、なかなか合格するのが難しくなっています。

 

 

そのおかげで

AOや公募も、大学によっては簡単ではありません。

それでも一般入試よりは、合格はしやすいかなと思われます。

 

 

教室では、公立高校から奇跡の合格をしている生徒がけっこうな数おります。

元石川(成績低迷)から薬学部、港北(準備期間4か月)で農大

一般入試では、まず無理でしたが、論文や自己アピールの訓練で、結果をもってきたといえます。

どちらも100人に1人くらいの学部でしたので、高校の先生から奇跡と言われていました。

 

 

今年は大学受験(AO、公募)の受け入れが2人ほど可能です。

毎週(火)19:50~21:25 (7月から)

毎週(木)19:50~21:25 (すぐスタートできます)

「1か月 28000円」入塾金や諸費用無料。

 

 

公募は普通に落ちますが、挑戦しなかったらチャンスはありません。

「私がおちるわけない!落としたらもったいないぞ!」のように思っていれば、相手も落としたいとは思わないはず。

そこまでメンタルも訓練すれば良いのです。

 

 

是非、ご利用ください。

 

 

 

自力でやってもらいます。

今日も「自力でやってもらいます」

「わからない」と言っても、すぐには教えないですよ。

公立小中の内容であれば、「わからない」ということはないでしょう。

 

 

これがわからないとなると

欠陥はなにか?

「問題文の意味がわからない」

「教えてもらうことに慣れてしまい、自力でやっていない」(真似してるだけなので、3日後には出来なくなる)

 

 

教えてもらいすぎるのは「百害あって一利なし」

だから「自力でやってもらいます」

「あの先生、教えてくれない!」と言われても、自力でやっていただきます。

それで辞められるなら仕方ありません。

テスト結果は出たとしても、「答えまでの筋道を真似するロボット」にはなってほしくはありませんので。

 

 

軌道にのらない生徒がいる間は、毎日が勝負です。

成績や偏差値をあげるのは当たり前で、自立を支援することが本分では?

今年は、面談期間を増やしたため

ハードな日だと

塾対象学校説明会10:00~12:00くらい ⇒ 面談 13:00~15:00 ⇒ 授業 16:30~21:25 ⇒ 連絡、メールなどの返信

で1日の仕事が終わるのは23:00くらいになるので、なかなかブログを書く時間がありません。

更新の感覚があいてしまうのはそのためです。

 

 

 

授業準備は怠りません。

戸塚、長津田、三ッ沢の方からも、通塾して下さる生徒もおります。

私自身、授業で目の前で(わざと!素とかいうなよ!)ミスをし反面教師であることをお見せすることもありますが、

1年以上授業している生徒の成績や順位は、高校の内容になっても上位(だいたい300人で10位くらい)でした。

自分で記憶に残す術を身につけているからです。

ミスが多い。これは中学校や高校受験までは影響大ですが、

高校の内容や大学受験では、根本から難しくなるので、影響は小さくなります。

言いかえれば、ミスが出る生徒でも、結果は出しやすいということです。

だから、高校受験で失敗したからと言って「自分はダメだ」と思うことはありません。

まだやり直せる機会は、たくさんありますから。

心の問題!そのくらいでダメなんてことありますか??

 

 

 

塾なので、成績や偏差値を上げるのは当たり前で、私の場合

そのほかに「授業が面白い」と言われることを心がけます。

 

生徒によっては「面白く出来ない」ケース

・問題を勘で解く

・出来る問題しかやらない

・わかったような振りをする

・全く考えようとしない

は、根本から治してあげようと思うので、面白いことを言う時間はありません。

改善するまで、じっと見守ることが多くなるので、きびしくなります。

生徒が自分で行動を起こすようになるまで、先生にも、ストレスと時間がかかるものです。

それで我慢できずに、やめてしまうことは、どうしてもあります。

 

 

映像授業やネットの情報がある中で、

わざわざ人が個別で教える教室に来て下さるわけですから

教室にしか出来ないことをしていかなければならないわけです。

 

 

私は、塾の仕事は「自立を支援すること」と考えておりますので

勉強が出来たとしても、

中学生になって「欠席の連絡を親にさせる」ような生徒は、いろいろ言いたくなります。

状況によっては、きつく言わせていただきます。

 

 

前向きな気持ちは、持たせたいと考えています。

映像や集団は、その点に関して、その子まかせになってしまうことが多いですから。

 

 

 

 

夏期講習の時間割調整中。中学受験国語と英語に空きありです。

6月に入り、多くのお問い合わせいただいております。

ありがとうございます。

まだ(水)(木)(金)は、若干ですが、空きがありますのでご利用ください。

 

 

面談期間がいったん終わり、夏期講習の時間割を調整しましたら、

すでにプロの授業枠が少なくなっていました。

内部生で、受講の意思をお知らせいただいた方の授業枠はおさえておりますので、ご安心ください。

もしキャパオーバーで、授業できない場合は、夏期講習中か9月以降に振替をさせていただきます。

 

 

教室の中学受験コースは、「親が教えてあげないとダメですよ!」ということはありません。

もちろん教えていただいてかまわないのですが、そうでなくても力はついていきます。

面談でも「うち、教えないでいいですか?『図書館だと一緒に教えている人いっぱいいたよ』と、こどもがいってるんですけど」と、言われることもありますけど

模試で、正答率50パーセントの問題を、ほぼすべてとれていますからOKです。

これで過去問対策で十分勝てますので。

直前期以外は、習い事と並行でかまいません。

 

 

 

現在

中学受験国語 と 英語に空きがあります。

(水)19:00~19:45

(金)16:30~18:05

お問い合わせを多くいただいておりますので、おはやめにご連絡ください。

 

 

小学校で出来なかったことは、大学生になっても・・・

小学校、算数の授業参観

ぽわーんと、何も考えてなさそうな生徒が半分か、それ以上。

 

 

塾で授業をしていてもわかるのですが、

内容は「???」でも、答えが合っていれば「正解」ですから

「(何も考えなくても、器械的に)答えが合っていればOKでしょ!」

と思っている子供は、私の時代よりもかなり多い印象。

 

 

「考える」と「考えない」

この差は大きく、

「考える」生徒は、何がダメ、これはOKなどの思慮を自分でしますが

「考えない」生徒は、誰かに頼る。自己判断はしないし出来ない。

 

 

最初の大きなターニングポイントは「スマホ」を与えるときで

「スマホ」は、誰もが何かいじりたがる中毒のようなものがありますから

「考えない」生徒は、自分を客観的に見ることができませんし、中毒になっていることもわからないので、ずっといじり続ける。

「自分の意のままになる仮想世界」や「気の合う友達だけの集団」は「最高!」だ。

 

はじめて感じるこの快楽。やめられない。

「勉強なんてストレスかかることやっていられるか! 」という気持ちが強く、己を律することは出来ないので、

スマホから離れられない状態が続く。

保護者様から見ると、「おとなしくなったから、まあいいか!」となるかも知れないですけど、後が大変。

それでも今、合格出来てしまう大学があるのは確かなのですけど。

 

 

 

よくあるのは

小学生で割合が理解できていないと、そのまま大学生まで、ずっと理解できないままだということ。

私も驚きでしたが、これはどうも本当です。

「1200円の3割引は? 」を、すぐに答えられない大学生は、かなり存在しますから。

こうなると販売の仕事でも、主任格は無理だろうなということ。

 

現実にある大学の工学部

入学前課題というのがありまして。「中2の三角形の証明」がありました。

え!三角形の証明・・・

大学に入ってから因数分解をやり直すのは、理に適っていますが

果たして、彼らは4年間で技術者レベルになれるのでしょうか?

 

 

 

中高年の引きこもりがクローズアップされていますが

これも「考えなくなった」ことに、問題があると思うのです。

 

考えられない ⇒ 自分から行動したことがないから動けない ⇒ 自分を律することが出来ない

のようなことが考えられ

学校のような集団管理をしなければならない環境で、長年、放置されていると思われるのです。

 

小学校へいった教育実習生の話では、「間に合わない生徒を、救出出来ない(補習まで面倒見切れない)」と言っておりましたので。

 

 

それゆえ、教室の生徒には自力で考えて解いてもらうようにしますが

「ゼロから1」にするのは、大変な労力と時間がかかります。

 

 

 

 

 

 

英検、東大と京大は準2級で受験可能

今日は英検

協会の指定する時間にあわせないといけないので、すでに教室入り。

 

1か月毎にCBT(英検のコンピューターテスト)も受けられるので、教室でやる必要はあるのか?

こちらも新英検として認定されるので、大学受験の資格として使える。

続けるべきなのか?と思いつつ、まあまあの人数が集まるので、毎回、準会場として実施しています。

 

 

 

近隣の国立大学は、大学受験をする資格として

英検準1級とか2級くらいを要求するのかな?と思いきや

さすがに現実を良く見ている方々なので

 

東大、京大、東工大、一橋、お茶の水女子で準2級

横浜国大は3級

でOKとなった。

 

これは来年度の入試から実施される。

 

 

東大、東工大、一橋であっても、中学英語+αで良いのである。

ビジネスの現場で交渉するわけではない学生が話す程度であれば、それで十分ではある。

国立大の英語は中学校レベルの単語と知識で、自由に英作文をつくればOKですから、現実にさほど難しくはない。

 

 

英語に関しても迷走していましたが、国立大が方針を示したことによって、方向性が決まっていくのではないでしょうか?

 

 

日本の中学校レベルの英文法を守って話をすると、

アメリカで「きれいな英語を話すね」と言われるそうですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

何をもって自立させるか?

いま面談期間の時期。

 

よく聞かれるのは

「公立高校コースから、大学へいくのは難しいですよね?」ということ。

神奈川県だと、やはり「難しい」と言わざるえない。

 

 

公立TOPの横浜翠嵐や湘南は、安全に合格できる高校ではない。

それで進学実績があれくらいで、中学校生活が部活三昧では

中学受験に舵を切るご家庭が多くなるのは仕方ない。

 

横浜サイエンスは、生徒人数を考えると高校入学の進学実績は良いのですが

それでも楽に入れるかといえば楽ではない。

そうなると中学受験に舵を切る方が多くなるのも仕方がない。

 

 

中学受験では、比較的楽な日大三でも、高校受験では「オール4+α」の成績が要求される。

成績がとれないタイプの生徒には、つらい話。

先生に面倒くさがられる生徒は、テストが良くても不向きということになる。

 

高校入試問題で高得点がとれればいいですが、問題のタイプが中学と大学とはだいぶちがう。

「文章が長かったり、グラフがわかりにくかったり、問題の意味がわかりにくくして難しくする」ので

そこで神経をすりへらしながら、かなりの高得点をとらないといけなくなる。

ストレス多め。問題のパターンを覚えた生徒の勝利。

国立大学とちがい「ミスは得点に直結するので厳禁」だ。

 

 

高校で同じ学習時間があれば、大学受験で成功出来そうな生徒もいるのですが

多くの生徒が、部活に精を出し遊び、高校のスタート時点で1年遅れなので

大学受験で成功するのは、ほんの一部という現実がある。

現役で、神奈川大、玉川大、東海大あたりなら成功といって良いかもしれない。

 

 

いま大学も、担任制であったり、全学をあげて球技大会をやったりと、高校の延長や専門学校のような大学もたくさんある。

「履修申請???わからん」なんて生徒は、当たり前にいるそうだ。

まあ高校の延長のような環境なので、居心地はいいかもしれないが

これで自立できるのか?

 

 

 

何をもって自立させるか?

これが面談でも大きなテーマだ。

 

別にプログラミングや英語が出来なくても、大丈夫。

全員が「いい会社」を目指さなてもよいわけですから。

 

 

とくに(公立)学校という組織に、年齢的にいい時期に在籍することになりますから、

いいように人格形成をされてしまうのは問題多し。

 

しかし日本の基礎教養は、世界的に見ればレベルが高い。

余計なのは受験産業から生まれた差をつけるための技術が、いまは社会の要請と合わなくなってきていて

歪んでいるから「何したらいいですか?」のような質問を受けることが多くなる。

 

 

答えは簡単

その子のいいところを育てればいい。

自信を持つには、「何か1つでいいから一番になること」

以上です!

 

 

勘違いさせるなら

私なんかが伝えるより

普段いっしょにいる保護者の方々の一言の方が、効き目はあるはずです。

 

 

勘違いは身を助けるというのは本当ですから。

 

T蔭学園で、底辺のような成績ばかりとっていたOBが、

いまANAの運航オペレーションのリーダーみたいなことやってます。

時々、近くのジムで会うのですが、

筋トレメニューは、相変わらずのヘタレで「変わってないな」と思いました。

 

勘違いは身を助けるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

校則を全廃した公立中学校

ニュースで時々出ていますので、ご存知の方もいらっしゃると思いますが

世田谷区立桜丘中学校。小田急の千歳船橋が最寄り駅。

 

 

校則を全廃し

髪型、服装自由

スマホ、タブレット持ち込みOk

遅刻しても怒鳴る教員はなし

 

 

職員室前の廊下は、休み時間だけでなく授業時間中もにぎやか

1発勝負の定期テストはなく、10点のテストを10回やり、失敗しても挽回するチャンスを与えている

こうなると過去問を配布する塾は必要ない。あれは考えなくなるのでやらない方が絶対によい。困れば人はみずから動く。

 

 

ここの校長先生

区の教育委員会に報告なしで改革を進めていったので、叱責されたらしいのですが

区長が理解をしめしてくれたため、改革の手はゆるめなかったという。

 

 

いじめも激減し、進路も大衆迎合で偏差値のいい高校という考えでなく、好きで専門学科の高校を選択するケースが出てきたという。

世田谷ですから園芸高校とかですかね?

 

 

これをきっかけに全国の中学校が変わって、偏差値の高い高校プッシュの高校受験塾も変わっていったらよいですね。

 

 

 

 

 

 

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる