ホーム>塾長日記>2016年5月

2016年5月

夏期講習の申込時期。見ているだけで 自分もその人のように   なりますかね!?

夏期講習の申し込みが、もうはじまっていると思います。
 
大手は、生徒に逃げられないようにするため、最近はとにかく締切がはやい。
 
 
 
大学受験を目指す高校受験生は
 
高校受験にあわせると「理系」は浪人必死なので、理科は余計な内容までやった方が良いでしょう。
 
それでも中高一貫生に1年遅れのハンデは背負うことになってしまいます。
 
 
 
 
 
今の予備校や、大手塾の教え方では
 
まず「いって、そこそこ」
 
 
 
講師も頻繁に交代。
 
生徒の感覚がマヒするくらい。
 
 
 
あの内容なら、夏期講習はとらなくてもよいのでは?
 
「わかりやすいは『わな』です」
 
 
 
 
 
解き方は、講師がうまく解いてしまい、解くキーをほとんど伝えない。
 
記述の書き方も、ろくに教えない。
 
あれで、どうやって数学で結果が出せるのだろうか?
 
 
 
たとえば
 
計算がすごくはやい人を見ているだけで
 
自分もその人のように計算がはやくなりますかね!?
 
講師が問題を解くのを見て、生徒も解けるような気になるだけ。
 
自分では解けない・・・。
 
 
 
この夏を有意義な時間にするために、
 
本当に必要なことは何か、よく考えて下さい。
 
 
 
 
 
 
 
中学受験、夏期講習は総復習の最後のチャンス。
 
暗記系の科目はある程度結果が出るようにしたい。
 
直前になってしまうと「不安になる諸悪の根源になるから」
 
秋は志望校の問題に挑戦させたい。
 
 
 
 
大学受験は、
 
「公立の生徒は先取り+復習」
 
「中高一貫の生徒は、志望校の問題を練習する」。
 
公立高校の生徒は1年遅れのハンデがあるので、必死にやるしかないです。
 
あるTOP校の生徒は、1日10時間を目標にしています。
 
 
 
 
高校受験、神奈川は入試問題が難しくなったので、始動をはやくしたい。
 
あの問題に対処するには、何が必要かを知ってもらう。
 
中学校のテストとはちがう(一部を除く)ので、今まで以上の集中力がいる。
 
問題文が何を言っているかわからないとOUTなので、まずは根性で読み取る訓練から。
 
 
 
 
1人1人、課題や上達させる策はちがいますが、だいたい王道はこのような感じです。

混沌の時代。「社会に出て、楽しく生きられる人になってほしい」

傘のわすれもの2本。 (網は管理業者が、おいていったもの)

NPS(中川個人特訓教室)傘たて

 

 
そして
今日は、一部の中高一貫校がテスト期間であり、授業も多くかなり忙しいので、短めです。
 
 
 
 
これからの時代、
 
「社会に出て、楽しく生きられる人になってほしい」
 
 
別に
どのような進路をとっても、かまわない。
 
 
 
最終的には、「生徒本人が、これで良かった」といえる道を指南したい。
 
 
 
教えるというのは、その過程を手助けすること。
 
 
 
有名校、有名大のブランド力に頼らなくても、楽しく生きる道はいくらでもありますよ。
 
 
 
いま持っている先入観は、排除しないといけないかもしれませんね。
 
 
 
やはり
塾の仕事は、教えることだけではありません。

ガラステーブルの投げ合い。壁に穴をあけるバトル。

塾の仕事は、教えることだけではない。
 
 
 
教室は難関大学、難関中学へ合格していくような生徒に、けっこう在籍していただけるのだが、
 
そこまで成長するには、紆余曲折が当たり前のようにある。
 
みんな、最初から出来る生徒というわけではないから。
 
 
 
 
難関入試の練習は大変である。そりゃあ心も折れる。
 
折れそうな心をを支えなければ、絶対に良い結果は出ない。
 
生徒と塾の先生との信頼関係もそうだが、生徒と保護者との信頼関係も絶対に必要なのである。
 
 
 
 
 
数年前
 
ガラステーブルを投げ合う激しいバトルをした親子を和解させたことがある。
 
家の壁にパンチで穴をあけた生徒を、和解させたこともあります。
 
その後の親子関係は、やはり変わる。勉強の姿勢も。
 
 
 
このような事態は、起きて欲しくはないが、起きてしまったら解決させる。
 
せっかく何かの縁で、教室に子供をおまかせしていただいているのだから、わたしは全力を尽くしたい。
 
 
そのため、面倒を見れる人数しか、生徒を受け入れないことにしている。
 
 
 
 
 
信頼している人(とくに親)に
 
毎日のように「おまえはダメだ」といわれて、やる気が出ますか?
 
何があろうと励ましの一言は必要なんです。
 
自宅が嫌いな生徒で、難関入試に成功する例は、ほとんどありません。
反骨精神で男子が成功した例はあります。
 
 
 
 
 
生徒が、なかなか勉強しない本当の理由を知りたい場合、核心部分を直球でお答えします。
 
 
生徒が
講師の先生に悩み事をうちあけてくれることもあります。
 
「この、くそ親が!」なんて、つぶやいている生徒も、実際に1人いましたね。
 
 
15年以上もこの仕事をやっていると、いろいろなシーンに出会います。
 
 
勤務日は、1日1日が勝負です。
 
 
 
 
2016527194131.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BLOG はじめました。

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。

 

今後は、アメブロとこちらの両方に更新してまいります。

 

通常ブログには書きにくいことも、書いてまいりますので、

 

今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、よろしくお願いいたします。

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる