ホーム>塾長日記>夏期講習の申込時期。見ているだけで 自分もその人のように   なりますかね!?
塾長日記

夏期講習の申込時期。見ているだけで 自分もその人のように   なりますかね!?

夏期講習の申し込みが、もうはじまっていると思います。
 
大手は、生徒に逃げられないようにするため、最近はとにかく締切がはやい。
 
 
 
大学受験を目指す高校受験生は
 
高校受験にあわせると「理系」は浪人必死なので、理科は余計な内容までやった方が良いでしょう。
 
それでも中高一貫生に1年遅れのハンデは背負うことになってしまいます。
 
 
 
 
 
今の予備校や、大手塾の教え方では
 
まず「いって、そこそこ」
 
 
 
講師も頻繁に交代。
 
生徒の感覚がマヒするくらい。
 
 
 
あの内容なら、夏期講習はとらなくてもよいのでは?
 
「わかりやすいは『わな』です」
 
 
 
 
 
解き方は、講師がうまく解いてしまい、解くキーをほとんど伝えない。
 
記述の書き方も、ろくに教えない。
 
あれで、どうやって数学で結果が出せるのだろうか?
 
 
 
たとえば
 
計算がすごくはやい人を見ているだけで
 
自分もその人のように計算がはやくなりますかね!?
 
講師が問題を解くのを見て、生徒も解けるような気になるだけ。
 
自分では解けない・・・。
 
 
 
この夏を有意義な時間にするために、
 
本当に必要なことは何か、よく考えて下さい。
 
 
 
 
 
 
 
中学受験、夏期講習は総復習の最後のチャンス。
 
暗記系の科目はある程度結果が出るようにしたい。
 
直前になってしまうと「不安になる諸悪の根源になるから」
 
秋は志望校の問題に挑戦させたい。
 
 
 
 
大学受験は、
 
「公立の生徒は先取り+復習」
 
「中高一貫の生徒は、志望校の問題を練習する」。
 
公立高校の生徒は1年遅れのハンデがあるので、必死にやるしかないです。
 
あるTOP校の生徒は、1日10時間を目標にしています。
 
 
 
 
高校受験、神奈川は入試問題が難しくなったので、始動をはやくしたい。
 
あの問題に対処するには、何が必要かを知ってもらう。
 
中学校のテストとはちがう(一部を除く)ので、今まで以上の集中力がいる。
 
問題文が何を言っているかわからないとOUTなので、まずは根性で読み取る訓練から。
 
 
 
 
1人1人、課題や上達させる策はちがいますが、だいたい王道はこのような感じです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/13

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる