ホーム>塾長日記>2017年3月

2017年3月

神奈川公立の進学実績。制度もですが、塾が悪いのかもしれないですね。

多くの地方公立TOP校は、大学進学実績が良い。

 

 

愛知県(人口726万人)岐阜県(人口207万人)のように、

 

人口が多い地域の公立TOP校「岡崎」「旭丘」「岐阜」のような高校は、

 

神奈川県(人口907万)のTOP校をしのぐ大学合格実績をあげる。

 

東大合格者数においても、この3校は、距離的に「東大に近い神奈川のTOP校をしのぐ」ことが多い。

 

地元の医学部への合格者数も多い。

 

本気度がちがう。

 

 

 

 

 

 

神奈川は、中学受験で多くの生徒が抜けることもあるが

 

地方公立TOP校のように、

 

季節講習や土曜授業や放課後授業のようなことをする高校は、きわめて少ないから(県立だと、翠嵐、相模原中等、平塚中等くらいか)だろう。

 

 

 

 

 

 

高校受験に人がながれてこないのは、入試制度が悪いこともあるが、

 

塾が悪いとも思う。

 

 

神奈川は「内申に不安があると、高校受験が不利になる」ので、塾通いの生徒が多い。

 

学校の先生が「塾でやっているから大丈夫でしょ」なんてことも。

 

 

知識を覚えれば、得点出来て成績もあがって、いい高校へいけるかもしれませんけど

 

理系での成功は皆無になる。

 

理系は、研究職を目指すなら

 

自分でテーマを考え、新しい発見をし論文発表するのが生業。

 

既知のものや用意された答えを、暗記すればよい」というものではない。

 

 

 

 

 

教えていてわかるのですが、神奈川公立高校の生徒は

 

理系教科を苦手にする生徒が「かなり多い」です。

 

それが大学進学実績にも、もろに出ている気がします。

 

 

 

 

公立TOPの進学校は、内部格差もかなりある。

 

原因は、

 

塾で「やらされることに慣れてしまった」からか。

 

 

 

 

中高一貫生の方が、数学、物理、化学の理解するスピードがはやいし、粘る。

 

ある程度なら「自分でやってくる」

 

公立高校の生徒は「・・・・」。ここでは書けません。

 

 

 

 

 

このちがいが、果てしなく大きい。

 

高校で理系教科(生物、地学除く)で差がつく要因。

 

 

塾が「自分でやろうとする心」を、もぎとってはいかんのです。

 

依存型の生徒は、先々、つらいですから。

 

 

 

 

公立高校入試、採点ミスはどうするんだろう?

忙しかったのでしょうか?

 

公立高校入試、採点ミスがあったようですね。

 

繰り上げとか逆転とかあるのでしょうか?

 

 

 

 

「クラス × 1人」くらいなら、増減があっても大丈夫な気がしますので、

 

逆転合格だけにしてあげればよいと思うのですが・・・。

 

逆転不合格はあんまりですので・・・。

 

 

 

 

縦割り行政なので、結果は変えられないといっても、

 

まだ15歳の人にとって、大人の都合を突きつけられるのは、つらすぎるのではないかと思われますので。

 

 

 

 

「そんなひどいことをする所、逆に行かない方がいい!」と切りかえるのが建設的です。

 

高校受験の段階なら、まだ未来はいくらでも作れるから!

 

です。

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる