ホーム>塾長日記>公立中高一貫コースは、全滅も珍しくない。
塾長日記

公立中高一貫コースは、全滅も珍しくない。

大手の公立中高一貫コースは、1校舎の生徒が全滅も珍しくない。

 

あの授業内容で合格がとれると思っているのだろうか?

 

合格人数を考えると、合格できるのは、「学校でTOPレベルであり、適性検査を時間内にさばける、好成績を確保している1人だけ」です。

 

 

 

 

落ちたら「高校受験でリベンジしよう!」の常套文句で囲い込み。

 

「最初から出来る生徒を集めて結果を出す」というのが、大手のやり方。

 

普通の生徒が集まってしまうと全滅するというのは、わかる気がします。

 

公立中高一貫の適性ともなれば、集団で1人1人育てるのは至難。

 

 

 

 

不幸にも小5、小6の時期に大手へいってしまった、無料体験の小学生。

 

センスはあるのに割合と速さの意味が全くわかっていないことに驚く。

 

過去問がないと不安で、何も出来なくなる公立中学生。

 

 

 

 

入試制度が内申で決まっていた、少し前までならともかく

 

今の時代、あそこに子供を預けたいと思う心理がよくわからない。

 

やっつけ仕事のような学びで結果を出しても、大学受験は難しいし、大学の学びでも結果を出せないでしょう。

 

 

 

 

中小個人塾のなかにもあやしいところはたくさんある。

 

教室だって、100%成功というわけではない。大学一般受験が一番大変。

 

 

「みんなが大手にいっているから」や「ここに通っていれば大丈夫」のような考えはどこからくるのだろう?

 

 

 

はっきりいってしまえば

 

「誰かがなんとかしてくれるだろう」「ここにいれば大丈夫だろう」という思いがあるからだ。

 

「自分で何とかするのだ!」という自分軸がない。

 

 

 

 

そのような状態で、自分を信じていなければ挑戦すらも出来ないような難関入試はまず不可能。

 

直前になって、どんどん志望校を下げることになる。

 

今の子は、そういった傾向がはっきりあるそうです。

 

 

 

 

塾やご家庭で「手伝ってあげすぎ」「干渉しすぎ」だと、そうなります。

 

「何もしない」ではなく「見守ってあげている」

 

その安心感が、力をつけていく源泉になります。

 

201752915324.jpg

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/191

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる