ホーム>塾長日記>当たり前ですが、目標が高いときびしくなりますよ。
塾長日記

当たり前ですが、目標が高いときびしくなりますよ。

教室は個別指導ですので、入塾試験は基本ありません。

 

体験授業後、小学生と中学生の生徒には課すことがあります。

 

中学受験コースは、入塾試験は課しませんが、目標にはもう届かないと判断できる場合は、

率直にお伝えいたします。

 

 

とくに公立中高一貫の場合は、答えを出せばいいという試験ではないので、

 

その考えを変えるだけで小学生は相当の時間がかかる

 

そしてその訓練も甘いということはまずない。

 

 

 

 

学校で頭いいといわれているような子であれば、学校のテストで答えを出すことくらいすぐ出来るのだが、公立中高一貫の適性検査はそれだけではまず無理

 

相手に伝わりやすい説明を、解きながら同時に考えていかなければならない。

 

多くの私立中学受験は「自分で答えを出すだけ」で済むかもしれないが、公立中高一貫の適性検査はそうはいかない。

 

 

 

 

そもそも入試やある意味人生のかかった試験を受けたことのない子が、小学生はほとんど。

 

その練習に耐えるのはつらいことにちがいない。

 

こちらも実力のつくよう、信念をもって誘導していかねばならない。

 

 

横浜市だと「公立中高一貫」はかなりきびしい入試になるので、どうしても授業はきびしいものとなる。

 

 

小6のはじめくらいになると、「もう無理だな」というのは見えてしまうので、こちらもきわめてつらいのだが正直にお伝えします。

 

退塾のご連絡をいただける方が逆にありがたいです。

 

 

 

 

中学受験は、「これくらいの努力をしないと、のぞむ道は得られないことを知る」きっかけにはなる。

 

みな行きたいところは競争率が高い。ネットが発達したからなおのことだ。

 

中高一貫校は「ただ、行きたい」と夢に描いてもいけるところではない。

 

残酷なようですが、だれでもというわけではないです。

 

さらに努力。努力する覚悟と言って良い。

 

 

 

 

 

この経験がある生徒が公立中学へいったら、

 

リベンジとして成績を出し続けられる可能性は高いから。

 

そうした生徒がTOP校で息切れしなければ、大学入試でなんとか結果を出せる。

 

 

 

 

ただ私の考えは、もう難関大にこだわらなくても良いと思っています。

 

いい大学 → いい会社、医者、公務員 が、楽しいいい人生とは限らないので。

 

これからは、もっと価値観が多様化しますから、受験勉強だけでなくもっと自分らしさを表しても良いかと考えます。

 

給与=金 か 安定 で いい会社、医者、公務員を選択する人多いです。公務員たのしいかなあ?公務員経験のある私は・・・ですね。

 

 

 

 

それでも

 

ある程度の計算スピードと、作文をつくる力は備えておいた方がよいです。

 

相手に伝えられる作文力がつくと、おのずと整理力も上がる。

 

「机からものをぼろぼろ落とす生徒が、難関へ合格できない」のは、この整理力がないから。

 

 

若いうちは治るが、年齢を重ねるにつれ治しにくくなり、そのまま定着する・・・。

 

 

日本の難関入試は「文書を読んで整理する力を求められます」から、

 

生徒の行動で受験が成功出来るかできないかはわかるものです。

 

 

 

 

それゆえ

 

目標が高いと授業はどうしてもきびしくなります。

 

私も、好きできびしくしているわけではありません。

 

楽しい授業の方が楽ですけど、目標に届かない授業をするわけにはいきませんから。

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/194

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる