ホーム>塾長日記>多くの公立学校のテストは
塾長日記

多くの公立学校のテストは

公立学校のテストは、ミスが許されない。

 

中学校2年と3年の成績は入試に直結する。

 

神奈川県は、上位校でも内申のウェイトが高い。

 

いくら良い授業をしても、ミスが多かったら「成績にはつながらない」

 

最後には、自分が変わってもらわねばならない!

 

 

 

 

教室で授業する以上、将来の自立を考えるならば、

 

自分でいろいろ考えて解決してほしい。

 

やってあげすぎはダメだ。

 

パターン暗記で突き通し高校受験は成功する生徒もいますが、高校の内容で脱落するリスクが高くなる。(ある意味すごいですが)

 

 

 

 

「作業が丁寧で、ミスが少ない」と、オール5近い成績がとれる確率が高くなる。

 

それゆえ、思考スピードが遅い生徒が多く紛れ込む。

 

大学受験で成功できるかが、高校受験の結果でわからないのはこのため。

 

 

 

この通り書きなさい!キーワードがなければ×

 

私立難関中学とちがって「うっとうしい拘束が多い」公立中学ですが、

 

制度上、我慢してもらうしかありません。

 

 

 

 

己を忘れずに、割り切って対処してゆく。

 

 

 

しかし、これが「何か息苦しい」

 

公立中学校や高校入試の宿命。

 

「そういう人を育てたい」というシステムなので仕方ないですかね。

 

もっとのびのびやってもらいたいなあーと思うのは、私だけでしょうか?

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/200

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる