ホーム>塾長日記>2017年7月

2017年7月

「とりあえず高めの普通科高校」という選択は、危ない

神奈川の高校受験についてきびしいことを書いているため

 

よくも悪くも、いろいろとご意見をいただくのですが

 

現実はなかなか簡単ではないことを知っていただきたいのです。

 

 

 

偏差値60くらいの公立高校なら、普通についていけば、現役で国立やMARCHには合格できると思っていました!

 

のようなことは、断じてないですから。

 

まわりの生徒が遊ぶ中、相当がっつり勉強してやっと!というのが現実です。

 

 

 

 

23区の大学は、今後、生徒数の制限がきびしくなりますから

 

今後、一般入試の門戸は狭くなることは確実です。

 

 

 

そうなると、推薦の門戸を開いておかないと

 

たとえTOP校の生徒であっても、浪人しても「・・・・・」のようなことは、十分考えられます。

 

高校よりも先の作戦を考えておかねばなりません。

 

 

 

 

下手に高い高校へいくと、「成績がとりにくくなる」ので、推薦の可能性が少なくなっていきます。
 
偏差値60くらいの高校 → 専門学校
 
偏差値40くらいの高校 → 東京都市大、東海大(工)、神奈川大
 
のようなことは、神奈川だと頻繁にありますし、塾でもあります。
 
高1から在籍し、ついてこれる生徒は、理系でも東京都市大、神奈川大あたりはなんとかなります。
 
 
 
その子の特性を見極めないと、のぞむような進路は難しいと思われます。
 
「高校生活を楽しくすごせば、それでいい!」という人生の選択肢もありだとは思いますが。
 
 
 
 
 
 
面談でも、このような話は良く出てきます。
 
大学へいかなくても良いですが、高校が普通科だと大卒にかわるスキルって何かありますか?
 
という話になるので、
 
安易に「とりあえず高めの普通科高校」という選択は、危ないといえます。
 

高校1年で、・・・・・・・の作業が出来ないと、 この先の見通しは、かなりきびしくなります。

公立学校の成績は、ミスのない隙の無さがどうしてもいります。

 

しかし数学はゆるめ。

 

そのため高校受験では、TOP校へ数学が弱い生徒でも、普通に入れます。

 

 

 

 

 

高校1年で、二次関数の平方完成の作業が出来ないと、
 
この先の見通しは、かなりきびしくなります。
 
もしその状態で意地でも理系!というならば
 
はやめに相談に来てください。
 
 
 
ただしTOP校の生徒であっても、残り時間と志の問題で、はっきりと引導をわたすこともあります。

 

 

 

 

下手に難関大学へいくと、授業が???となり、退学ではもったいないですから。

 

 

 

 

 

 

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる