ホーム>塾長日記>2017年9月

2017年9月

高校受験と大学受験、指導法はちがう

 

中学校のテストが終わるまで、授業の準備が大変。

 

 

夏期講習の余波(とくに振替補習)もあり

 

講師面接もあり

 

修学旅行の生徒賀多く時間割の管理がえらいことになり

 

新規の問い合わせもあり

 

もう時間が足りない。

 

 

講習の時とそんなに変わらない状況。

 

1日27時間くらいになって欲しいです。

 

 

 

 

私の担当する理系教科(とくに数学、物理、化学)は

 

高校受験と大学受験で指導法が変わります。

 

 

当然、どちらも結果を出さなければならないのですが

 

はっきり言えるのは、「高校受験の延長線上では、大学受験で求められているものにたどりつかない」です。

 

 

 

 

高校受験は、難しくなったとはいえ

 

大学受験の入試問題よりは高得点が狙えますし、高得点をマークしないとライバルを出し抜けない。

 

理科などに特に言えるのですが

 

「出題パターンを把握してしまう」のが良い。

 

「あ、この問題見たことある!」という状況に持っていけば、難しいといわれる理科であっても5ミス程度でまとめられる。

 

 

 

練習方法としては、出題パターンを覚える

 

教科書通りの模範解答でこたえられるようにする

 

といったことになる。

 

 

 

共通問題は、とくに「1つの答え」が存在するので、それを追い求めれば、

 

高校受験では、最高の結果が出る。

 

 

 

特色検査は不確実なため、ここは大学受験と共通するところが、学校によってはある。

でも、ここだけ。

 

 

 

 

しかし、大学受験は答にたどりつくで成功!というわけにはいかない。

 

最近の難関中学受験もそうなのだが

 

評価のポイントがちがう。

 

 

 

「1つの答え」ではなく「自分の好きにしてよい」のである。

 

何通りも解き方がある。

 

大学受験で困るのは、参考書もそうなのだが、

 

さも1通りの答えしかないように思えるところだ。多くても「別解」で2通り。

 

 

 

「答えがあっていればいい」というものではないのである。

 

合格発表まで時間が長いと、そうである可能性が高い。

 

 

 

センター試験は「答えがあっていればいい」テストなので、高校受験の延長線上にあるが

 

大学受験(とくに国公立)は、それでは対処しにくく、果てしなく難しく感じることでしょう。

 

 

 

 

センター試験廃止後の「達成度テスト(仮)」は、

 

いまの国立大学入試のように「1つの答えを求める試験ではない」ことは、ほぼ確実です。

 

いまの中3が高2になるころ、「達成度テスト(仮)」に切り替わる予定でしょうから

 

 

 

高校受験組は、面食らわないためにも、

 

高校に入ってすぐにでもマインドをきりかえないといけないでしょう。

 

 

 

 

中学受験組は1年先をいっています。

 

高1のいま、進路であれこれ考えています。

 

高校受験組は、当然のように部活三昧、文化祭三昧です。

 

大丈夫か?

 

6割が大学進学ではないですから、関係ないといえば関係ないですが。

 

 

 

このままでは

 

大学受験を考える神奈川の高校受験組は、センター試験廃止後の方が大変になる予感がします。

 

 

 

 

公立中学の成績って・・・で決まっているのでは?

 

公立中学校の成績は

 

「ミスをしないこと」

 

「そこそこ思考スピードがはやい」

 

「提出物を必ず期日に出す(先生の言うことを聞く)」

 

ほぼ、この3点で決まっているのではないでしょうか?

 

 

 

これを満たしていれば、

 

周囲から文句なく成績が良い生徒と認められますから、学校へのクレームも少ない。

 

それで役職であれば、受験の面接でも有利と。

 

 

 

いい会社や公務員を目指すならば、それが良いとは思いますが。

 

それが不向きな生徒もいるでしょう。

 

成績や偏差値で自信を失い、だんだん文句を言わない人になっていくのは

 

ある立場の人達にとって「良いシステム」といえますね。

 

 

 

これが出来ないと、公立中学校の成績は、大抵、低くおさえられる

今年は、本当に雨の日が多い。
 
日照不足が心配だ。
 
こちらは開校日は、9:00~23:00頃まで教室から出れないので、あまり夏を感じることは出来ませんが、暑い日がないのはないで寂しいものです。
 
もう秋の虫の声が多くなっています。

 

 

 

割合が理解できない子、理解していない子は、
 
中学受験は、相当妥協するしかありません。
 
合格がとれる学校は、かなり限定されます。
 
 
 
中学受験ほど難しくない高校受験コースでも、きびしくなります。
 
そもそも公立中学校の成績内申点がとれなくなります。
 
今はグラフや表を活用する問題が多いから。
 
国語であってもです。
 
 
 
公立中学校の内容は、ワンパターンなので覚えて条件反射的に答えを出してミスがなければ、成績は良いのですが、
 
割合がわからなかったら、もうどうしようもない。
 
 
 
逆にわかっていて真面目であれば、神奈川県であればTOP校合格のチャンスもあります。
 
 
 
 
 
 
「割合の理解」
 
ここは小学生のうち。
 
ダメなら勉強でない道で身を立てる方が、下手に大学へ行くよりチャンスがあると思う。
 
そのかわり、人柄が大事。
 
 
 
中学生で部活動が始まったら、もうやり直す時間はほぼない。
 
部活動で飯食えますか?
 
 
 
逆に割合が出来れば、チャンスは拡がります。
 
割合がダメな生徒は、感覚が身に着くまで、ずっと練習を続けて良いと思いますよ。
 
ここが出来ていないと、かなりの高確率で公立中学校の成績は、大抵、低くおさえられると思います。
 
ここがダメだと、もう非常事態ということです。
​​​​​​​

 

中学受験の授業は大変。初見で出来ないのは当たり前なのですが。

中学受験の算数
 
内容は難しく、手間もかかる。
 
 
 
そして出題パターンを覚えて解答する、大手が良くやる「小学生が気持ちのいい解き方」
 
今後、通用しなくなってゆくのは決定的。
 
ビジネスとしては成功だが、教育はビジネスにしてはダメだなあと思う次第。
 
 
 
基本知識を完璧に使えるようになることの方が、大切なのは明らかだ。
 
変化しつつある大学受験で、苦戦してしまうのは必至だから。
 
あっという間に変化の波がやってくるでしょう。
 
 
 
 
 
 
夏休みであり、お盆で街は休み気分満載。
 
「勉強したい!」なんて、よほどの受験生でもない限り、思わないのが当たり前、と思いつつ。
 
 
 
毎年恒例ですが、中学受験の小学生保護者から、ご心配のメールをいただいてしまうのは、まだ私の指導が至らぬということだ。
 
修行の日々が続く。
 
 
 
まちがいなく授業に出た分、力はついている。
 
最初の頃は、全く歯が立たなかった問題も出来ている。
 
あの内容だと、生徒にとっても修行だ。
 
 
 
「出来る喜びってあるでしょう」と言われてしまうのなら、指導内容のレベルを下げればいいのである。
 
子供も「わかった」というし、保護者も楽しそうに通う子供を見るのはうれしいだろうから。
 
しかし
それは授業料を取るに足る授業と言えるのだろうか?

 

 

 

 

中学受験の授業は、毎日勝負だ。
 
絶対にわからせて、自分で動けるようにさせたい。
 
「これで飯食ってくぜ!」のようなものがあれば、勉強を回避するのはOKだが
 
日本だと、そうした考えは義務教育のおかげか、もちにくい。
 
せめて、自分の力で動けるようになって欲しいですね。
 
 
 
 
 
 
 
初見で出来ないのは当たり前。
 
中学受験の学習経験がない小学生は「それで出来ない」と思ってしまう。
 
で、意気消沈してやる気ゼロに。
 
何もしてなければ「出来るわけないだろ!」ということなのだが、
 
まず、この壁は越えてもらわねばならない。
 
 
 
学校の内容は、条件反射のように出来るが、
 
中学受験の勉強はそのレベルではないから出来なくなる。
 
大手は条件反射的にやらせますけど、それだと内容はすっぱり抜け落ちるのがオチだ。
 
入試が近づくにつれ、出来ない問題のオンパレードになる。
 
受験も変わってきているので危ない。
 
この壁が高い。
 
でも先に知れるのは大きい。
 
 
 
 
 
 
 

苦しいですけど、訓練を続けていくうちに、必ず自分のものになります。

 

 

たとえ失敗しても、高校受験よりも読解や作業は「かなりハード」ですから、

 

「パターン覚えて楽に処理」なんてことをしなければ、相当の力がつきます

 

 

 

取り扱う問題が小学生がやるにしてはハードですから、親子ともどもストレスはかかりますが、

 

はやいうちにこれを体験しておくことは、試練を体験するという意味で良いことだと思うのです。

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる