ホーム>塾長日記>そこまで高校受験に照準をあわせます?
塾長日記

そこまで高校受験に照準をあわせます?

 

教室は映像授業を予習で使うことを前提として使っています。

 

中学校の内容であれば「別に、塾でやらなくてもよいのでは?」と思いますが

 

精神的に幼い年齢であれば、通塾もありでしょう。もちろん映像でいけるなら映像もありです。

 

 

 

 

 

教室では、どちらかというと

 

映像では理解できない「高度な内容」をやりたいという生徒が多いです。

 

そのため高校生や中高一貫生が多め。

 

あとは中学受験にチャレンジする小学生。

 

 

 

 

いま映像であれば、Youtubeなどで、普通に無料でありますので、中学校の基礎内容は、それで十分のような気もします。

 

あと高校入試対策ならば、出題者の意図を教えてもらうとか、出題パターンを覚える、ミスを防ぐ訓練、集団で同じ目標に向かっていけるので力が出る、といったところ。

 

そこまで高校受験に照準をあわせます?

 

その勉強法が高校で理系教科を理解できなくなる元となりますよ。思考放棄だと・・・。

 

 

 

 

ミスなく正確な作業は、日本の学校で成績をとるため、また偏差値を上げるためには

 

やらねばならない作業ですが、

 

理系出身の私からすると、その能力は「機械の力で補えばよくないか?」ってことです。

 

私の時代でも、大学では関数電卓OK。一般数学の地獄の積分テストは、なんだったんだ・・・。

 

 

 

 

 

いまは人工知能が発達中で、社会ではもっと先をいっているのに、学校教育はまだココ。

 

「テストに出るから覚えてしまえば安心」というのが、高校以降の数学や物理で失敗する、諸悪の根源かと思います。

 

その暗記主体のテストで結果を出さないと、成績が残せない世界なので、仕方ないのですが

 

ここに一生懸命にならなくても・・・・。

 

 

 

 

せっかくの試練を体験するチャンスを逸しますね。

 

試練って人を成長させてくれる一番の特効薬かと思うのですが。

 

 

 

 

別に偏差値の高い難関校を受験しなくても、成長するチャンスはあるわけです。

 

その子にとって試練であれば良いのですから。

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/218

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる