ホーム>塾長日記>気持ちが通っているか通っていないかは、子供はよくわかっている
塾長日記

気持ちが通っているか通っていないかは、子供はよくわかっている

土曜日は、遠くから通ってくる生徒が多い。

 

市営の1日乗車券を使ってくる生徒もいる。

 

 

週1日でも「劇的に変化しました!」とか「ここにいると間違いなく勉強している」と言われると、こちらもうれしいものです。

 

そうでもなければ、やめてしまうでしょうから。

 

 

片道1時間くらいかかって小学生が来るのに、テキトウにするわけにはいかない。

 

 

 

 

こうした授業形態の場合、ご自宅でやっていただくことも多くなるのですが、

 

注意していただきたいのが、間違っていてもすぐ口出ししないこと。

 

「ミスばかり指摘してくる上司って好きになれますか?」

 

それと同じことをしているわけです。

 

それがご家族だったら、そこから逃げられないわけですから、

 

子供にとって、ストレスもいいところです。

 

 

 

 

決して「ほったらかし」ではダメ。

 

適度な監視の下で放任です。見てあげる。

 

生命力があるからか

気持ちが通っているか通っていないかは、子供はよくわかっているんですよ。

 

 

講師の先生であっても、気持ちの通っていない指導をしていたら、だんだん生徒は離れていきますから。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/223

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる