ホーム>塾長日記>2018年6月

2018年6月

進学校では、浪人率が50%におよぶ高校も・・・

高校生、とくに高校受験を経た高校生は「数学」「物理」「化学」は強敵となる。

 

TOP校へいった生徒でも、苦しむのは必至といってよいかも。

 

赤点の温床である。

 

「自分で勉強しなさい!」といっても、物理は予習不可能でしょう。復習中心にやるしかない。

 

 

 

 

学校のテストは、素直な問題から出るのですが、単元によっては「正確な解答」を求められると、かなり大変。

 

高校受験の考え方のまま大学受験を迎えてしまうと、大変きびしいと思いますが、

 

 

私立大に関しては、一般入試で80%くらい正解しないと合格がとれない。AOや推薦がおすすめである。

 

 

 

 

 

進学校では、浪人率が50%におよぶ高校もあり、来年以降も競争率の激化避けられそうにない。

 

文系の方が競争率は高め。

 

資格系の大学(薬とか教育とか)は競争率がそんなでもないのでねらい目か?

 

 

 

 

文系で未来がありそうなのは、営業。

 

販促や事務職は、大手に就職してしまうと、やがてAIで代替えされる可能性が高い。

 

 

 

人口が右肩上がりであれば、大手に就職でよいのですが、いまの日本でそれは考えられないのですから

 

ちがう作戦を考えなければならないのです。

 

 

 

 

せめて助けてもらって解決するのでなく、自分で解決すること。

 

今まで塾にやってもらっていた生徒にとっては、大変なこと。

 

小学生であっても、この洗脳を解くには時間がかかる。

 

それ以上の中学生や高校生はなおのことだ。

 

 

 

 

まず自分で基本が理解できること。

 

その上で、センス磨く。国公立に関しては教科書レベルを逸脱することはない。

 

ただし求められるのは、試行錯誤とアイデア。

 

 

 

暗記で数学をクリアしている生徒は、2つ乗り越えるべき壁が存在する。

 

だから1年では間に合わない。

 

 

 

英語も1年で1000単語くらい覚えていかないと読めなくなるので、かなりの試練だ。

 

中学校では3年間で1200単語くらい。

 

 

 

しかし高校生の内容は、教科書を見ただけではわからないこともありますから、

 

ここは塾をたよっていいと思いますよ。

 

物理の単振動なんて、高校の教科書を読むだけでは、絶対に理解できないでしょうから。

 

 

 

授業数が少ないことにおどろかれますが、それで結果を出しています。

今年はすでに満席にちかく、どう時間割をいじってもどうにもならない曜日もある。
 
移動してもらうにも移動する先がもう皆無だ。
 
そのため泣く泣くお断りするかキャンセル待ちになっています。

 

 

 

今年は、大手をやめて「うちにかける!」という中学受験生が多く
 
授業時間割がすぐ埋まるという事態が起きている。
 
なんとかしてきたのですが、さすがに「もうどうしようもありません」

 

 

 

 

中学受験は
 
小学6年生でも、週2日×2コマで御三家中学や難関中学へ合格させているのが
 
実際に合格した生徒から、口コミで拡がっているようなので実にありがたい。
 
不安な生徒であっても、週3日×2コマです。
 
週5日通塾とかわけがわからない・・・。

 

 

 

 

授業時間が長ければいいというものではない。
 
あの難しい問題を「自分でやれるようにする」には、やり方があるのだ。
 
中学受験は問題がかなり難しいですから、
 
高校受験のように「成績内申点が決まった!まだ11月半ば、今からだ!」なんてことでは、敗退決定的である。

 

 

 

 

男子と女子では長所がちがうので、
 
男子中と女子中では、問題に差があります。
 
ちょっと紹介すると
 
男子中は算数が難しい
女子中は国語が難しい
 
のような特徴があります。
 
 
 
共学の問題だと、算数であれば
 
男子ならとって欲しいが、女子は出来なくてもOK
 
のような問題があったりします。

 

 

 

 

合格点をとれば良いのですから、
 
その生徒の集中が続かないような、長い授業はいらんのです。
 
 
 
教室の授業は、自分で考えてもらいガンガン入試問題で勝負させますから、生徒は疲れます。
 
大手からきた生徒は、大抵、ぐったりしています。
 
実際に「模試偏差値55なのに、日大附属くらいの問題を解かせてみると15点だった・・・」なんて、よくある話です。
 
 
 
試験時間の60分、集中が続けば十分
 
あの難しい問題を「自分でやれるようにする」には、訓練の仕方だと思います。

 

 

 

 

大学受験、推薦入試でない一般入試は、かなり難しく、
 
繰り上げ合格が3月下旬に来られても困りませんか?
 
引っ越し決めてから合格とか言われても困りますよね・・・。
 
 
 
そう考えると、オール5近い成績が高校受験では必要な、日大附属系の学校でも、中学受験ならばチャンスはあります。
 
大学付属系は、中学高校と自分の時間が持てて、自分と対話する時間がとれますから、案外良い選択肢だと思う。
 
いい高校、いい大学という考えに固執しなくなるから。
 
 
 
昨年度も、1年未満の通塾で日大系へ合格を決めた生徒もいます。
 
この生徒は成績がとれないタイプなので「大成功」でしょう。学部も多いので選択肢もたくさんありますから。

 

 

 

 

それでも、週4コマ、多くて週6コマ
 
そのくらいが適当だと思われるのです。
 
 
 
授業数が少ないので、不安になられる方も多いのですが、授業時間でなく「いかにいい時間を過ごせたか」
 
1年以上通塾される方は、ほぼ100%で第一志望です。
 
ここで書いても信用なりませんが、
 
教室に通塾された方が、一番、よく知っているはず。
 
 
 
難関合格でなくとも、割合と分数があやふやだった生徒を、10か月で日大附属系であれば成功でしょう。
 
そのまま公立中学へいったら、そこへの合格はまずなかったでしょうから。

 

 

 

 

大学受験と高校受験は相容れないものなのか。

公立中学校へ進学していく生徒。
 
これから高校受験をする生徒に教えていると、これを考えさせられる。
 
 
 
公立中学校の場合、「教科書通りにやりなさい!」という圧力が強いのだ。
 
事実、その通りにしないと得点にならない。
 
比例だと、x=2、y=5 を通る比例の式を求めなさいで
 
いきなり「y=5/2x」とやると×である。
 
教科書に書いてある「y=ax」に代入していないから×になる。
 
 
 
この生徒は意味がわかってやっているのだが、公立中学校では×なのである。
 
このテストの得点で成績が決まってゆく。

 

 

 

 

中高一貫の中学校は、学校にもよるが、進学校はかなり自由だ。
 
桜蔭や開成、浅野あたりだと、はじめから「答えだけでよい」となっている。後ろに説明を必要とする記述問題が控えている感じだ。
 
さすがに、「y=ax」に代入していないから×、は見たことがない。

 

 

 

 

高校受験の数学は、正確な作業が高得点を残すために絶対に必要。
 
大学受験の場合、国立大学だと正確な作業は合否の決定因子ではない。
 
 
 
今年は、公立中学校へいく1年生がいるのですが、ミスが多く
 
大学受験は成功出来るけど高校受験や中学校の成績はイマイチだろうなあ
 
というタイプなので悩み中。

 

 

 

 

国立大を狙うなら、地元のTOP校が有利なのだが、成績はとりにくくなるので推薦の道が断たれる危険がある。
 
断たれないようにがんばればいいじゃないか!といっても、勉強量が相当になるので、その一言で片づけられないのです。
 
 
 
例えば英語。
 
高校受験は単語数1200語でOKですが、大学受験は5000語はいる。
 
これが意味するところは、高校の1年間で中学3年分の単語数を覚えていかないと苦戦するということです。

 

 

 

 

数学、物理、化学はいわずもがな。
 
壁が高いので苦戦必至。
 
高校受験を経た生徒は、大抵、数学が難しく感じるようで、
 
大学受験で使えるようにするには「自分で出来るような訓練」を積ませなければならないからです。
 
 
たとえTOP校の生徒であっても、わかって終わりの生徒って、けっこう多いですから。
 
いざやらせてみると、何も書けない・・・。

 

 

 

大学受験と高校受験は、求められているものがちがいます。
 
大学受験と高校受験は相容れないものなのか?
 
と考えさせられるのです。
 
 
 

 

 

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる