ホーム>塾長日記>進学校では、浪人率が50%におよぶ高校も・・・
塾長日記

進学校では、浪人率が50%におよぶ高校も・・・

高校生、とくに高校受験を経た高校生は「数学」「物理」「化学」は強敵となる。

 

TOP校へいった生徒でも、苦しむのは必至といってよいかも。

 

赤点の温床である。

 

「自分で勉強しなさい!」といっても、物理は予習不可能でしょう。復習中心にやるしかない。

 

 

 

 

学校のテストは、素直な問題から出るのですが、単元によっては「正確な解答」を求められると、かなり大変。

 

高校受験の考え方のまま大学受験を迎えてしまうと、大変きびしいと思いますが、

 

 

私立大に関しては、一般入試で80%くらい正解しないと合格がとれない。AOや推薦がおすすめである。

 

 

 

 

 

進学校では、浪人率が50%におよぶ高校もあり、来年以降も競争率の激化避けられそうにない。

 

文系の方が競争率は高め。

 

資格系の大学(薬とか教育とか)は競争率がそんなでもないのでねらい目か?

 

 

 

 

文系で未来がありそうなのは、営業。

 

販促や事務職は、大手に就職してしまうと、やがてAIで代替えされる可能性が高い。

 

 

 

人口が右肩上がりであれば、大手に就職でよいのですが、いまの日本でそれは考えられないのですから

 

ちがう作戦を考えなければならないのです。

 

 

 

 

せめて助けてもらって解決するのでなく、自分で解決すること。

 

今まで塾にやってもらっていた生徒にとっては、大変なこと。

 

小学生であっても、この洗脳を解くには時間がかかる。

 

それ以上の中学生や高校生はなおのことだ。

 

 

 

 

まず自分で基本が理解できること。

 

その上で、センス磨く。国公立に関しては教科書レベルを逸脱することはない。

 

ただし求められるのは、試行錯誤とアイデア。

 

 

 

暗記で数学をクリアしている生徒は、2つ乗り越えるべき壁が存在する。

 

だから1年では間に合わない。

 

 

 

英語も1年で1000単語くらい覚えていかないと読めなくなるので、かなりの試練だ。

 

中学校では3年間で1200単語くらい。

 

 

 

しかし高校生の内容は、教科書を見ただけではわからないこともありますから、

 

ここは塾をたよっていいと思いますよ。

 

物理の単振動なんて、高校の教科書を読むだけでは、絶対に理解できないでしょうから。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/231

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる