ホーム>塾長日記>国公立大へいけるのは、70人に1人くらい。
塾長日記

国公立大へいけるのは、70人に1人くらい。

2018年度、神奈川の公立中学卒業予定の生徒

69126人

 

2017年度

公立高校から国公立大学へ合格した生徒は、浪人含め、1000人強。

 

 

 

おおざっぱですが

神奈川の公立中学から国公立大学生へいけるのは、70人に1人。

 

 

2014年度の公立中学卒業予定者は69712人。

こちらが、2017年度の大学受験者になっていましたので、だいたい70人に1人であることに変わりはない。

 

 

 

公立中学から国公立大学へいくには、

せめてクラスで1番でないと、現実的ではないということです。

 

 

 

 

 

「平均より上だから大丈夫!」という考えでは、まず無理です。

 

 

それこそ

簡単に「国公立大でないとうちは無理」と言われますけど、そんな簡単なことではないですよ。

 

 

 

年間の授業料も、文系(国立大は文系は廃止の方向なので少ない)であれば

 

私立80万

国立60万

 

ですから、検討の余地はあると思います。

 

 

 

 

だんだん通年採用が増えていきますから、自分で自分を売り込めば

 

学歴がなくともチャンスはある時代がやってきます。

 

 

 

「新卒で、安定したいい会社にいかなければならない!」なんてことはなくなっていくでしょうから。

 

自立して生きていける武器を見つけてあげることこそが、必要だと思います。

 

 

 

別に国公立や難関私大へいかなくても大丈夫と言えますね。

 

偏差値にはあらわれない、感謝の気持ちと学ぶ力があればいいのです。

 

 

 

感謝の気持ちと学ぶ力がなくて、早慶上智国立出身のメリットって、ややもすると就活の一次フィルターくぐれるだけではないでしょうか?

 

 

 

 

 

それを考えて、未来予想を組み立てればよいのです。

 

別に国公立や難関私大のブランド力はいりません。

 

逆に「何もないからブランド力にたよる」のは、今後は難しくなるでしょう。

 

 

 

短期の達成は無理でも、10年計画であれば、確実に成功出来ますし

 

若ければ勢いがありますから、

 

大人のように「あーだから駄目だ」「これだから駄目だ」のようなことは言わないので、突っ走れます。

 

そして、変人だ!お前には無理、バカじゃね!と言われながらも、大きなチャンスをものに出来るのです。

 

 

 

その勢いを削ぐのが日本の教育の悪いところです。

 

神奈川では、神奈川の公立中学から国公立大学生へいけるのは、70人に1人のような状況ですから

 

素直に学校の教科書内容を勉強し、国公立大学を目指さなくても良いのではないでしょうか?

 

 

 

はやくから社会経験を積めば、それは大きな武器になります。

 

アルバイトのような下積みで経験を積めばよいのです。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/243

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる