ホーム>塾長日記>大学受験、下手に進学校へいってしまうと
塾長日記

大学受験、下手に進学校へいってしまうと

いま首都圏の私立大学は入学生徒数を制限されています。

 

とくに一般入試は、理系も難しくなったが、

 

文系は倍率がかなり高く、たいへんきびしい。

 

 

中には60倍を超える学科もある。

 

 

 

こうなると「努力すれば合格できる!」と簡単にいえる状況ではない。

 

それは進学校の生徒であってもです。

 

 

 

高校受験経由の生徒は、大学受験は、はっきりいって不利。

 

中高一貫進学校より一年遅れの現実は、かなり重い。

 

 

そして行事と部活動だらけなので、入試レベルの勉強をしている暇がない。

 

「現役での合格は推薦しかない!」とは言いませんが、それに近い状況だ。

 

 

 

公立大学で倍率の低い学部の方が、首都圏の私大文系よりはチャンスがあるかもしれない。

 

そのくらいのレベルになっている。

 

 

 

実際に、昨年あたりからは、高校受験をした生徒には、推薦をすすめている。

 

相当の腕力がないと、一般入試での合格はもう難しいから。

 

 

 

もし大学進学を考えると、国立大で勝負出来るならば一般入試もありですが、

 

そうでないなら推薦を視野にいれた方が良いでしょう。 

 

 

「え!成績とるの?」なんて、言っている場合ではない!!

 

くらいに今の一般入試は大変です。

 

 

3月も終わりになってから、繰り上げ合格がくることもありますが。

 

 

 

 

推薦だと、成績基準を満たさないと不利なケースも多いので、

 

下手に進学校へいってしまうと悲惨です。

 

気がついたら後の祭りなんてことも・・・。

 

 

 

私大文系はかなりの高倍率ですから、数学をあきらめると「いばらの道」になりかねません。

 

「学校のテストの数学」と「大学入試の数学」どちらが結果を出しやすいかといえば・・・

 

ということです。

 

 

 

現実を知っているところに進路指導をしてもらわないと

 

「いくら勉強しても結果が出ない!」なんてことになりかねないのが

 

いまの大学入試です。

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/240

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる