ホーム>塾長日記>大学入試。間違った努力をしているかもしれませんよ
塾長日記

大学入試。間違った努力をしているかもしれませんよ

教室の場合、「自立を支援すること」を目標としていますから

 

ただ合格させるだけが目的の指導はしない。

 

 

 

大学であっても、ブランドで選ばせることはしない。

 

大学受験は、もう今までの常識が通用しませんから、ただテストで結果を出せばいいというものではない(とくに国立)。

 

「神奈川御三家の、聖光、栄光、フェリスあたりにいけば、MARCHは固いだろう」という考えは通用しないですから。

 

公立高校はいわずもがなです。

 

 

 

それくらいまで、東京23区の有名私立大学の一般入試が難しい。

 

大学受験の方が塾が必要だと思います。

 

 

 

 

教室は

昨年も今年も、国立大学チャレンジャーがいますから、

 

東大、京大、東工大、名大、九州大あたりの難関国立の数学、物理、化学を授業します。

 

それを見るとわかることがたくさんあります。

 

国立2次の問題は、難関私大の穴埋め式よりは簡単だと思います。

 

求められているものがちがうから。

 

 

 

これにあわせて、中学受験の問題も変化しています。

 

高校受験は自治体毎に考え方がちがうので、迷走中のように見える。

 

 

 

 

国立大学の入試問題

 

予備校の分析を見ても、何をしていいかわからなくないですか?

 

まさか「あの解答通りに全部書くのが理想」とか思っていませんか?

 

センター試験8割ないと、もう国立は無理とか思っていませんか?

 

 

 

そんな疑問をもっていたら、間違った努力をしているかもしれませんよ。

 

たしかに国公立は決して簡単ではないですけど。

 

この時期の「14:00~15:30」は時間が多少とれますから、是非、ご相談ください。

 

入塾希望であれば、無料でOKです。

 

 

 

いまの大学受験は制度的に難しいですが、文科省の狙い通りにはなっていますので

 

この状況は続くと思いますから。

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/241

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる