ホーム>塾長日記>神奈川の公立高校生、助けたいのですけど
塾長日記

神奈川の公立高校生、助けたいのですけど

5月にさしかかるこの時期

私立は意外にテストを課す学校が多く、あまりのんびりしていられない。

公立は、まだ行事も少なく「部活だけでOK」のような、のんびりした空気感があるようだ。

差がつきますよね。

 

 

教室の公立高校生には、やることはやってもらいます。

小6でわかれた中学受験組というライバルは強敵ですから、公立高校生を自然にまかせたら危ない!

 

 

高校受験だけのくくりでは上位でも、

大学受験は中高一貫も含めた全国大会ですから、そこでは普通もしくは普通以下であっても、何の不思議もありません。

 

 

 

大学受験、もう模試のA判定があてにならないですが、

首都圏私大を受験するならば、偏差値55くらいは欲しい。

ないなら、てこ入れを急がねばなりません。

 

いまの状況で首都圏の私大文系は、「浪人しても、激烈な競争率は変わりません」から

準備を急がないといけないのです。

相手を知り。作戦をたてる。

 

 

英検準1級があると、大学受験は楽ですね。難関私大でも英語がパス出来ます。

中学校の間にとれないこともありません。

金曜の16;30~18:05に、奇跡的に英語のプロ講師に空きが出ましたので、よろしければご利用ください。

 

 

 

神奈川の大半の公立高校生は、現状のキビシイ大学受験では

予備校へ行っても、そうそう結果は出ないと思われます

 

うちとは言いませんから、個人塾を頼ってください。

ただでさえ大手塾の占有が進む、神奈川県で「継続している」ということは、

何か素晴らしいものをもっているということですから。

 

 

神奈川の公立高校生、助けたいのですけど、

「ブランド志向」と「友達と一緒がいい」の2大潮流によって、なかなか1人でやってやる!という生徒がいません。

公教育下に12年もいたら仕方ないとはいえますが、

まだ間に合う生徒もいるので、出来る限り救出したいと思います。

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/265

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる