ホーム>塾長日記>何をもって自立させるか?
塾長日記

何をもって自立させるか?

いま面談期間の時期。

 

よく聞かれるのは

「公立高校コースから、大学へいくのは難しいですよね?」ということ。

神奈川県だと、やはり「難しい」と言わざるえない。

 

 

公立TOPの横浜翠嵐や湘南は、安全に合格できる高校ではない。

それで進学実績があれくらいで、中学校生活が部活三昧では

中学受験に舵を切るご家庭が多くなるのは仕方ない。

 

横浜サイエンスは、生徒人数を考えると高校入学の進学実績は良いのですが

それでも楽に入れるかといえば楽ではない。

そうなると中学受験に舵を切る方が多くなるのも仕方がない。

 

 

中学受験では、比較的楽な日大三でも、高校受験では「オール4+α」の成績が要求される。

成績がとれないタイプの生徒には、つらい話。

先生に面倒くさがられる生徒は、テストが良くても不向きということになる。

 

高校入試問題で高得点がとれればいいですが、問題のタイプが中学と大学とはだいぶちがう。

「文章が長かったり、グラフがわかりにくかったり、問題の意味がわかりにくくして難しくする」ので

そこで神経をすりへらしながら、かなりの高得点をとらないといけなくなる。

ストレス多め。問題のパターンを覚えた生徒の勝利。

国立大学とちがい「ミスは得点に直結するので厳禁」だ。

 

 

高校で同じ学習時間があれば、大学受験で成功出来そうな生徒もいるのですが

多くの生徒が、部活に精を出し遊び、高校のスタート時点で1年遅れなので

大学受験で成功するのは、ほんの一部という現実がある。

現役で、神奈川大、玉川大、東海大あたりなら成功といって良いかもしれない。

 

 

いま大学も、担任制であったり、全学をあげて球技大会をやったりと、高校の延長や専門学校のような大学もたくさんある。

「履修申請???わからん」なんて生徒は、当たり前にいるそうだ。

まあ高校の延長のような環境なので、居心地はいいかもしれないが

これで自立できるのか?

 

 

 

何をもって自立させるか?

これが面談でも大きなテーマだ。

 

別にプログラミングや英語が出来なくても、大丈夫。

全員が「いい会社」を目指さなてもよいわけですから。

 

 

とくに(公立)学校という組織に、年齢的にいい時期に在籍することになりますから、

いいように人格形成をされてしまうのは問題多し。

 

しかし日本の基礎教養は、世界的に見ればレベルが高い。

余計なのは受験産業から生まれた差をつけるための技術が、いまは社会の要請と合わなくなってきていて

歪んでいるから「何したらいいですか?」のような質問を受けることが多くなる。

 

 

答えは簡単

その子のいいところを育てればいい。

自信を持つには、「何か1つでいいから一番になること」

以上です!

 

 

勘違いさせるなら

私なんかが伝えるより

普段いっしょにいる保護者の方々の一言の方が、効き目はあるはずです。

 

 

勘違いは身を助けるというのは本当ですから。

 

T蔭学園で、底辺のような成績ばかりとっていたOBが、

いまANAの運航オペレーションのリーダーみたいなことやってます。

時々、近くのジムで会うのですが、

筋トレメニューは、相変わらずのヘタレで「変わってないな」と思いました。

 

勘違いは身を助けるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/284

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる