ホーム>塾長日記>公立高校の部活動
塾長日記

公立高校の部活動

今年も、何人か公立高校へ合格したのですが

例にならって部活動がハード。

公立中学校もハードなので、慣れたものかもしれないですけど

大学受験に対応できない、決定的な活動時間の多さ。

 

 

GWは10連休でしたが、部活動のせいで3連休。

テスト前5日間、引退戦だからみっちり練習するぞ!

テスト勉強どころではない。

 

7:30~8:30 朝練

8:45~15:00 学校の授業時間

15:30~19:00 部活動

暗くなった帰りに友達と繁華街へよって帰り20:30

のような毎日を繰り返していたら、勉強<<部活動

のような生活になるのは、容易に想像ができる。

 

 

偏差値55くらいの中堅レベルの高校では、1年遅れで大学受験にかなり影響がある数学の進みが遅い!

5月の時点で塾で先取り決定!大学入試に間に合うわけがないから。

しかし多くの生徒たちは「そのことを知らない」ですから、

「楽しい方がいいよね!」ということで、部活動に流れる。

 

 

日本でやっている勉強は手段でしかないですから、社会に出て役立つものではないですが、進学には多少の影響がある。

日本の大学入試では、まちがいなく不利だ。

それが神奈川公立高校のTOP校以下の進学実績に、もろに出ている。

 

 

部活動も強かろうが弱かろうが、まだ活動時間が同じなんて高校も多々ある。

友達が休まないから・・・ではなく、休んでいいのではないか?

 

 

いまはまだ売り手市場かもしれないですけど、

人口減少で機械化がはげしく進み

今後は人が必要なくなる部署も、きっと出てきます。

それで普通科にいって勉強すら出来ないようだと、八方ふさがりです。

 

 

「なら、どうしたらいいんだよ!」と言われそうですが

子供のことを一番知っているのは保護者の皆様であるはず。

教室では、ご面談で先生方が感じたことなど「こんな適性がある」など、お伝えしています。

 

 

気持ちをこめて勉強できる教科を、はやく決めれば

ハードな大学受験の内容にも、向かっていけますから。

 

 

大学受験を映像や独学は大変ですよ。

私が見ても「あの解答じゃわからないだろ!」なんてこと頻繁にありますから

ここは、塾に投資する価値があると思います。

大学受験、真面目な努力だけでは、無理なこともありますので。

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/276

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる