ホーム>塾長日記>公立コースと私立コース、未来へのレールは決められているのか?
塾長日記

公立コースと私立コース、未来へのレールは決められているのか?

ここのところ、かなり多忙で、

面談、授業(これは普通)、夏期講習の時間調整、新規問い合わせの対応、テストが多くなるので振替の時間決め

など、仕事が目白押し状態で、更新できず申し訳ありません。

 

 

やっと面談も、残り少なくなり、その子にとっての未来への指南を、ずっとさせていただきました。

いろいろと話をさせていただきまして、私も勉強になりました。

 

 

公立中学と私立中学で、だいぶ学校生活に違いがあることは昔から知ってはいましたが

公立中学生は(改善してきたものの)部活動、地元で遊ぶ、家でスマホかゲームという生徒がかなり多いです。忙しいから仕方ないですが、そうさせられているとも言えますよね。

かたや

私立中学は、シリコンバレーへいく、宮古(東日本大震災のボランティア)でボランティア活動など、学校が主催ではあるのですが、個人で申し込みをして自主的にこうした活動をする生徒が教室にいる。普段もスマホではなくプログラムの実践練習、博物館鑑賞のような行動をする生徒も多い。もちろん例外もありますけど。

 

面談でお話をさせていただくときに思うのは、

公立校の生徒は、学校という組織の中の一員として高3まで過ごす。

一部の私立校は「学校ではなく自分で動きなさい!きっかけはあげる、いろいろあるからやってみたら!」のような感じでしょうか?

 

 

 

公立コースの生徒は、流れ流される子が(環境的に仕方ない)部活動やスマホに興じ、流れ流れて高3になり、

漠然と文系の経営や社会学部を選択し、新卒就職でいい会社や公務員を目指す。

実際に、こうした考えの生徒が多いです。

安定でいいじゃないか!と思われるかもしれませんが、

部活動やスマホに興じて、文系の経営や社会学部へいってしまうと、丸腰で社会に放り出されるのと同じです。

わかりやすいのは、結婚して仕事を辞めてから再就職するときだそうです。面談で実体験を聞かせていただきました。良く考えると「私なにもないなと」

 

 

公立コースは学費が安い代わりに、

文系の経営や社会学部を選択し、新卒就職でいい会社や公務員を目指すレールに乗せられているように思えるのです。

神奈川県の公立高校だと、内申40(オール5で45)くらいの高校でも、数Ⅲ(理系の数学)をとる生徒が少ない。

国立も文系廃止なので、そちらの道ももう狭き門です。文系っぽい学科もあるのですが倍率が・・・。

 

 

文系選択をするにしても、何か武器になるものをもたないと、大変です。

新卒の新入社員の3人に1人が4年以内にやめていく時代です。

丸腰で社会に放り出されていいわけがありません。

 

 

ぜひとも、その子の特徴を生かせる道を考えてあげてください

私よりも長く一緒に過ごしている人の方が、適性や興味をもっていることはわかるはず。

一声かけておけば、子供の脳裏に残っていますから、多少の影響はあるはずです。

 

 

「将来やりたいことをみつけるのは中学生には無理。勉強しながらやりたいことをみつけよう」と言われ、

もたもたしていると、見えないレールに乗せられていくことになりますから、はやめに動くことです。

2~3年計画では出来ることは限られますけど、10年計画であれば、ほぼ100%成功出来ますから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/293

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる