ホーム>塾長日記>公立中高一貫って、みんな同じ解答がのぞまれるテストなのか?
塾長日記

公立中高一貫って、みんな同じ解答がのぞまれるテストなのか?

神奈川の公立中高一貫

試験は課さないとはいえ、適性検査は試験といってよい。

成績も加味されますし、クループ活動のような試験もありますが

 

はっきりいって適性検査が勝敗をわけます。

 

大手塾では

「自分の癖がでるから、過去問をやるな!」ということで

あんないい題材である、最近ではストックも増えた過去問をやらせてくれないのですが

それで合格出来るのか?

 

 

公立中高一貫、合格までの時間が長いのはなぜか?

1人1人、細かくみているからではないですか?

公立中高一貫って、みんな同じ解答がのぞまれるテストなのでしょうか?

記述があんなに多いのですから、みなが判を押したような同じ解答を求めていないのは明らか。

 

 

大手塾の方針は無視して、過去問をやりましょう。

そうすると、「公立中高一貫って、集団塾必要あるのか?」

という疑問を持つことになるでしょう。

それをブロックしたいのでしょうね。

 

 

塾なしで相模原セカンダリーのカバンで通学している生徒もいるのですから。

 

公立中高一貫、倍率がすごいことになっているので、ある程度、運もあります。

でも

落とされるために高い金額を払うのはもったいないと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/294

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる