ホーム>塾長日記>中高一貫難関校で使う数学テキスト、国立大対応なら、それはいらないかなというものも
塾長日記

中高一貫難関校で使う数学テキスト、国立大対応なら、それはいらないかなというものも

教室は、中高一貫TOP校の生徒が通ってくれていまして、

そこのテキストやテストを見ることが出来ます。

 

 

中学→高校と学年があがるにつれ、「これ大丈夫か?」と思わされるのが、数学の問題集。

自学自習はかなり困難といって良いでしょう。

答えを出すだけなら覚えればいいですけど、意味を1人で理解するのは困難。

 

 

「このキーポイントを覚えていないと出来ない」という問題が、公立高校のテキストとちがい、頻繁に出現します。

おかげさまで、私が鍛えられ、大学入試で使われる使われないの判定も、

大変な苦労の末、わかるようになりました。

大学受験の問題の作成に携わる人との出会いも、大きかったです。ちょっとだけ教室で働いていただきました。

 

 

最近の入試問題は、教科書通りの知識で出来ますが、

「ここを覚えてさえいれば出来る!」のような出題は激減しています。

a²+b²+c²+ab+bc+ca≧0を証明しなさい

のような出題。1回解いた経験がないと難しい。

 

これくらいは、出題される可能性は少しはありますが

年々、こうした出題は少なくなっています。とくに理系では激減といって良いでしょう。

文系数学は出てしまいますね。そこで差をつけても問題ないからでしょうか?

 

理系だと

「覚えていた生徒が勝ち」になる→将来の技術を担える人材か?というところの疑問が残る。

 

 

 

大学受験の数学

必要な単元は学部や学科によってちがうので、作戦が変わります。

理系だと、微分積分を線形代数のような出題は必ずあるでしょう。

経済学部と理工学部、情報系と工学系でも問題が違ったりすることがあります。

 

 

正しい作戦を考えられないと、労力のわりに結果が伴わないことが、確実にあります。

高校受験と違い、同じ問題を解かされるわけではないから。

予備校のような集団や映像授業だと、指導方法や動画は(コストの関係上)一律ですから、無料特待生以外で結果を出すのは困難ということです。

 

 

a²+b²+c²+ab+bc+ca≧0を証明しなさい

1/2(a+b)²+1/2(b+c)²+1/2(c+a)²≧0として証明します。

わかるのは簡単ですけど、実際に「不意に出題されたときにやる」のは、決して簡単ではありません。

「わかる」と「出来る」のちがいは、非常に大きなちがいであり、大きな差です。

 

 

昨今、入試問題にますます大学の個性が出ていますから

大学ごとに作戦は変わるので、はやめに準備した人の勝ちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる