ホーム>塾長日記>2019年11月

2019年11月

大学入試は始まっています。肌で感じる今年の傾向。

今年も大学入試は、多くのAO入試が終了し、公募推薦入試も結果がそろそろという時期です。

しかし「AOはいつでもやっている」といってもよいくらいになっているので

まだ一般入試に切り替えなくても、チャンスがある大学は多くあります。

 

 

今年も私立文系を中心に、確実に難化傾向だと思われます。

AOや推薦入試も、倍率が例年よりは高め。

中位や下位といわれている大学に、上位の生徒が軒並み受験するので

上位は易化(といっても、問題はやさしくはない)

下は難化しているという傾向が、AO入試1つとっても見えます。

 

 

私大文系は浪人生がかなりいますから、一般入試は決して甘くないでしょう。

「合格をとれる人は全部とり、ダメな人は全部ダメ」という傾向が一層強くなると思われます。

普段から、外部検定、多科目の練習、推薦の準備など、

いろいろなことを捨てずに取り組んでいれば、合格できる可能性も高くなりますが、

部活を引退してから教科をしぼってラストスパートで合格をとる!というパターンはきびしい結果になることが予想されます。

 

 

「いろいろなことを捨てずに取り組む」

なんでもできてすばらしい!?

これは1つのことを極めたい生徒には迷惑至極なのですが、

オール5という成績が賞賛されるシステムが、いまだに色濃いですから、仕方ない。

 

 

大学も数百万円のご負担がかかります

今後は、AIが台頭し、高学歴のホワイトカラーなんて必要なくなります。

ホワイトカラーで高給与で同じ会社にずっと在籍していられるなんてことは、

よほどすごい才能の持ち主でないかぎり、きっとなくなるでしょう。

 

 

その分の給与を現場のブルーカラーにまわすようにしないと、この国のインフラは持たないですし

台風災害からの復帰1つをとっても、屋根の補習のような仕事は、

AIで代替えなんてしばらくは出来ないでしょうから

下手に大学へいくよりは、人手不足の現場に行く方が、この先、ずっと食っていけるような気さえします。

 

 

 

 

2019 冬期講習申込状況

冬期講習、内部生優先受付は明日までです。

すでに講師によっては満席近い(前期は満席)状況ですので、おはやめに申し込みください。

11月21日(木)以降は、塾生以外の受付を開始いたします。

 

私の冬期講習の授業枠も、すでにパンク気味ですが、

私のみ、12月23日、24日、25日を利用して、授業をすることを考えております。

体力が持つ範囲で、授業しようかと考え中。

 

仕事中、ずっと何かに追われるようになってきました。

自宅に仕事を持ち帰らないとまわらない状況。

受験が近づいている証拠です。

 

 

おそれいりますが、講習期間に限り「いつもの先生」でないことがあります。

冬期講習は受験生最後の指導期間になりますので、何卒、ご了承ください。

 

それでも「うちの子を!」とおっしゃった方(子供を思う気持ちであるからですが)は、

今までもたくさんいらっしゃいましたが、

自分のお子様が「受験前、最後のチャンスに、いつもの先生でなかったら、どう思われますか?」

 

冬期講習は、あと1~2か月で本番の「受験生優先」になることを、何卒、ご理解ください。

 

 

たくさんのお問い合わせありがとうございます!

今年は超多忙であるため、返信が遅れておりますが、必ずご返信しますので

今しばらくお待ちください。

 

 

よろしくお願いいたします!

 

勉強ではなく「みんながやるから、ぼくも(わたしも)やる」が尊ばれるところ

日本の教育は、いまだ高度経済成長期をけん引した製造業時代の「従順で正確な作業が出来る労働者」を量産するシステムです。

これが日本社会の安定という面で大きく寄与しているのは明らか。

治安の良さ、サービスの品質の(異常なまでの?)高さ、従業員の従順さ、などには大きく貢献している。

その弊害として「個性を徹底的になくす」ことがある。

 

みなさま経験していらっしゃると思いますが

「みんながやるから、ぼくも(わたしも)やる」という姿勢が、勉強よりも何よりも尊ばれませんか?

 

現実の学校(塾も?)の様子を見てみれば、授業の内容はどうあれ、子供を静止させている授業が「よし」とされます。

それがよい授業だとみる傾向は確かにある。

「みんなが姿勢よく授業を受けているから、自分も受ける」この姿勢が何よりも素晴らしいことだということ。

私語や忘れ物、勝手な行動のような規律を乱す行為は最悪と評価される。

 

学校は「勉強による学力を評価する場所ではない」というのは言い過ぎではないのかもしれない。

学校のモデルは軍隊と刑務所ですから。

成績も学力が評価されないというのは、当たり前の話なんです。

高校受験、公立中高一貫、はこれが評価されるのですけどね。

だからもやもやしたものが、いつまでも残る。

 

 

そんなことを言っている間に、データ資本主義の時代が到来して

日本はそれをコントロールする人材がとにかく少ない。

大量のデータを送受信するための5Gサービスの展開も、だいぶ遅れ気味。

AIが得意な、統計の計算では、一番確率の高い道を選択してくれます。

証券会社なんて人でなく、AIがコントロールしているのが当たり前の時代。

これからは勉強の出来るホワイトカラーのようなポジションは危うくなる(なくなる)のではないでしょうか?

 

かえって勉強が好きでない人が就く「介護や看護や保育士」「運輸業、建築現場」などで一流になる方が、食いっぱくれがなさそうな気がします。

ホワイトカラーのようなポジションにつきたいなら、データサイエンスが理解できないと未来はない感じすらします。

でも肝心な小学校で数学わかっている人っているのか???

 

まちがった時代遅れの勉強を一生懸命やることで、

そうした子供たちの仕事がなくなっていないことを、切に願います。

 

 

11月23日(土祝)~12月8日(日)まで、ご相談をお受けできません。学力格差。

今週だけで、無料体験希望者5人

授業増の希望が2件

ありがたいことです。

 

教室は、やみくもに生徒を増やすことはしません。

「生徒にも先生にもストレスがかかる状態は避けたい」からです。

いままでにお問い合わせいただいている方の分は大丈夫ですので、ご安心ください。

 

まもなく内部生の面談期間となります。

それがタイトルの日程「11月23日(土祝)~12月8日(日)」でおこなわれます。

 

この期間、新規の入塾に関する直接対面によるご相談はお受けできません。

いまご通塾いただいている生徒達の受験前の時期にあたりますので、何卒、ご理解ください。

 

お急ぎである場合

「11月22日(金)」までにお願いいたします。

すでに何件か面談が入っておりますため、必ず時間の確認を「お問い合わせフォーム」か「LINE」からお願いいたします。

 

 

 

学力格差は「問題文が理解できない」「テストは答えをあてるゲーム」のように思っていることから発生しています。

公立中学1年の内容が理解できないということは、それしか考えられない。

そうなると小学校に原因がありそうです。

 

算数の出来る生徒が減っているのも、小学校の教員に理系出身の方がいくのは、もはや皆無に近い状況。

図工の先生や体育の先生が算数を授業するのは、もはやスタンダード。

多くの学校の規則はスタンダードなる規則で決められているのに、それはスタンダードでいいのか?

 

今の状況が続き、働きにくい環境が続いてしまうなら

私たちが塾が「考えて、自力で到達する喜び」を知らせるしかないだろうと思っております。

 

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる