ホーム>塾長日記>2019年12月

2019年12月

高校受験組の大問題

面談期間に突入し

あまりに多忙で、更新が出来ませんでした。

 

 

大学受験の指導をしていると、高校受験をした生徒は不利だなと。

高2の今、進路を真剣に考えている生徒は少数派でしょう。

学校に「東大だ!」「医学部だ!」「一橋だ!」と言われているから決まったは、果たして自分の意思があるのか???

 

 

国立大学は記述問題が主流になります。

そもそも高校内容を「わかる」のも大変なのに、記述できなければ結果はついてきません。

神奈川の高校受験はマークシートになり、「答えが1つの問題がほとんど」です。

特色検査も県が管理することになりますから、果たして記述の練習ってたくさんするのでしょうか???

 

 

そういったこともあり、公立高校生の大学受験指導は、

「まちがった終点に向かっていく生徒を引き戻さなければなりません」から大変です。

自主性に乏しい。

私立にいたとしても、保護者が「とりあえずいい大学」へ入れようとしていると危ないですね。

真面目でない生徒にも、真面目を強要することになるでしょうから。

 

 

先生に「自由に書いてよいよ!」と言われながら

結局「正解」があって、それを書かないと成績が悪くなるような環境にずっといたら

自分の意見なんていえなくなり、自分でものを考えられなくなるのは当たり前のことです。

意識せずとも「考えなくていい。周りにあわせればいいや」のような

同調するのが正解のようなマインドが出来上がるのです。

 

 

教室の生徒には「高校受験にあわせなくていいよ!高校在学中、教室に通ってくれれば大丈夫だから」とは言ってあります。

 

いい大学ではなく、自分の未来を開く行動を考えられればいいのですから。

ボランティア活動している子は、これが考えられるのですが

部活動や行事で忙しい子は、考えずに(よくても枠の中で考える程度)同調している環境にいますから、考えらないまま大学受験をむかえてしまうのが、高校受験組の大問題です。

 

神奈川は公立高校の進学実績の悪さがクローズアップされがちですが、本当の大問題はこっちです。

 

 

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる