ホーム>塾長日記>2019年、最終日
塾長日記

2019年、最終日

冬期講習前期(4日間)は、朝から深夜まで仕事に追われるような状態。

10:45~21:35までは授業時間で、昼休みも70分あるのですが

この時間帯は、授業以外のことは考えられません。

それ以外で通勤時間、朝飯、晩飯、風呂となると、当たり前ですが普通に深夜までの仕事になります。

 

そのため今年最後の日

事務処理と掃除、少しの授業をやるためにやってまいりました。

 

 

もう時代の変わり目です。

日本の学校教育は完璧主義者ほど成績を確保しやすい構造になっています。

大学受験と中学受験は変化しつつありますが

高校受験は、まだその色合いが濃い。

 

 

幼少期に自信をつける言葉をかけてもらえなかった子供は、

後々、自信がないまま成長していくので、学校レベルの簡単なことも出来なくなってゆきます。

さらには小言や注意をされることも多くなるので、ますます「自分はダメなんだ」と思ってしまう。

いまの親世代、高学歴をとる人は完璧主義であることが多かったですから、それを「子供にも!」となりがちなため

自信を持てていない子供が増えているのだと思います。

何をするにしても「ペンの持ち方がちがう!」「そろえて書きなさい」「勉強しなさい!」と

いちいち注意ばかりされていたら、自信をもてるようにはなりません。

 

 

自信喪失状態になったら、完璧主義者から離れ器の大きい人のもとにいくことです。

そこで認められることによって自信が回復してゆく。

その子のいいところは必ずありますから、そこを潰さないようにしてあげればいいんです。

 

 

「出来ない」という魔物を排除するのは、ご家庭が完璧主義である場合、ほぼ不可能です。

教室で「この子センスありますよ!」と言っても、

少しのミスを見逃さず注意され続けたら、結局、少しの自信も備わりませんから。

年の最後に苦いことを申し上げましたが、「出来ない」の原因はそこにあります。

 

 

今年良かったことは、のびのび挨拶して帰ってゆく生徒が多くなったことです。

学校は1番以外、自信を失わせてくれる場所になっていますから

教室にいることで、少しでも自信がついてくれるとよいかなと考えております。

ひいては、それが自立につながりますから。

 

 

2019年もお世話になりました。

2020年以降は激動の予感ですが、それに耐えられるような人を育てるようにしてまいります。

2020年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/347

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる