ホーム>塾長日記>高校の選択
塾長日記

高校の選択

教室にも、毎年高校受験をする生徒は少なからずおります。

倍率は気になるのですが、受験する当人たちには気にしないように伝えています。

どの道、そこを受験するから。

志願変更をした生徒は、今までいない。

当たり前の話で、得点をとれば勝てるから。

 

 

高校の選択ですが、普通科ならば「別に、どこでもいい」

「雰囲気でいきたいところへいけばいい」と考えています。

予備校や学校で指導を受けてしまうと、大学受験は「授業がいいというよりは、本人の力に左右される」ので

結論としては、楽しい高校でいいのではないでしょうか?

 

 

職業系の高校は、いまの時代であれば「かしこい選択」です。

勉強できないのが福音をもたらすかもしれない。

他人がもっていない能力があるとないでは、大違いですから。

それで感謝されるありがたさを感じ取れれば、幸せに生きていけるでしょう。

 

 

普通科の場合

「楽しすぎて流されると大学受験は悲惨」になりますので、

「最初から教室にいてくれ!」とは伝えておきます。

高校の内容、中学よりは大変ですが

教える人次第では、いくらか大変なのは緩和されますので。

 

 

普通科であれば、倍率で志願変更もありではないでしょうか?

「倍率1.67をこえると、5人受験で2人不合格」ですから、検討事項だと思います。

 

 

結論を出したら、目の前の問題で高得点を確保することだけを考えればいです。

不安なら、あと2週間、そこに集中すればいい。

あとで後悔しないためにもです。

 

 

中学受験の生徒は今日が最後の授業でした。

いつもと感じは違いましたが、まず大丈夫でしょう。

 

 

高校受験のTOPレベルは、

ミスなく読めるとかミスのない作業で決着するので、メンタル的にしんどいですが

「ここで力をいれればよい」というのを見極めながら練習すれば、あと5点がもぎとれます。

気をぬけるところは存在しますから、練習でずっと気をはらなくても大丈夫。

絶対勝てますので、最後までいい練習をしてください!

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/356

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる