ホーム>塾長日記>生徒によっては、決められたレールでがんばる必要もない。
塾長日記

生徒によっては、決められたレールでがんばる必要もない。

感染者数、致死率とも

インフルエンザに遠く及ばない

この感染症。

各国政府や各国マスメディアが躍起になってとりあげている不自然な現実。

 

 

マスメディアは実際、真実の報道機関ではなく特定の受益者のためのプロパガンダ機関。

企業や国家や専門家は、自分や誰かの利益のために平気で嘘をつく現実があります。

いまの日本国のTOPにおられる方が、しっかりと体現しておられますが。

 

 

最大の予防薬は気を病まないことでしょうか。

 

いまの国会を見ていると、病みたくなくても病みますね。

官邸主導の官邸があそこまで平気で嘘をつき、官僚はそれに無理やり付き合わされ、挙句の果てに罪を着せられるのですから。

間違いなく、未来のある優秀な人はさっていき、自己保身に必死なもう先のない人だけが残るでしょう・・・。

 

 

文科省でも、大臣が「文科省の体質がいけないから」などと言っていましたから、その下で働く人の気持ちはいかばかりか?

こうなると公教育が本当に良い方向に動き出すことは、あと10年はないでしょうから

30~40年遅れの受験制度は無視して

自ら必要なものを取り込み、育てていかねばなりません。

 

 

そもそも全教科にわたって「暗記を強要し成績で優劣をつけ、上の言うことに従順であれ!」というのが、

多くの日本の公立中学校でおこなわれていることですが

まわりのご機嫌を伺うのは得意で、自ら行動できるような人は育ちにくくなります。

 

これは為政者にとってはなかなか好都合で、

ちゃんと税金を納めてくれる大企業や公務員になってくれるということです。

 

 

英語やプログラミングだって、本当に必要とする生徒ってそこまで多いでしょうかね?

いま学校で与えられることを真面目にやることで得られるものは、

(役職につけなければリストラ候補ですから)40歳までの安定とひきかえに税金をもれなく支払える環境にいけることか?

 

 

今の時代

だんだんと決められたレールでがんばる必要もなくなってゆくのではないか?

そうなると全部がんばる必要はないですから

生徒の良さを引き出すには「個別指導しかないのではないか?」と思うわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/366

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる