ホーム>塾長日記>また「国民なんて忘れるだろ!」のように思われ・・
塾長日記

また「国民なんて忘れるだろ!」のように思われ・・

いま圧力がかかっていないメディアは、文春と赤旗くらいのものか?

 

つじつま合わせのため文書の書き換えや証拠隠滅をさせられて、誠実な人は命を絶ち不誠実な人は出世する。

大手のメディアが取り上げてもいいような「国民が知りたい内容」なのに、全くその努力をしてこなかったのが不思議です。

もしこれが最終的に「全員、おとがめなし」で終わったら、日本では正義も条理も通らない国家になったということでしょう。

 

このままだと、本当にやる気のある人までも、士気が削がれていきますから、

国際競争に勝てなくなりジリ貧となってゆく、日本の未来が約束されます。

今までにないタイプの異常事態が現在進行中です。

 

 

教室の生徒は、そんな環境下でも生き抜けるような

タフさと笑顔、見抜ける目(洞察力)をもたせたいと考えております。

 

子供の能力は本来高いものです。

集団で無理やり合わせるから、育つ子も育たない。

公立中学校の中2だって、いきなり高校数学の2次関数の最大最小は一発で理解できますし

公立小学校の小3だって、1306×768 のかけ算の筆算は一発で理解します。

何がちがうかというと「試練をこえた経験があるかどうか」

これがあるとないでは努力の質が変わってきます。

 

教室の授業が大変なのは「ぎりぎり自分で出来るところをねらうから」です。

だから授業時間が短くても結果を出せると考えています。

「自分で出来るところをねらうから」、自力で解決してゆくことで自分で改善してゆくことも可能になります。

そうしないと「見抜ける目(洞察力)」は育たない。

 

 

これがないと、また「国民なんて忘れるだろ!」のように思われ、

ウソがまかり通ることを許すことになり、国際競争に勝てなくなり、食料自給率も80%→40%以下になっていますから食料品も高騰し、ジリ貧になってゆく。

そんな未来を変えないとダメでしょうね。

 

 

こうなると

いまの学習内容で「学力が高い」「偏差値が高い」ってそんなに大切なことでしょうか?

偏差値は学生闘争のあとに導入されたものです。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/371

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる