ホーム>塾長日記>コロナ禍ですが、春期講習順調にスタート
塾長日記

コロナ禍ですが、春期講習順調にスタート

コロナ禍の中、春期講習は欠席者もなく順調にスタートしました。

今年は過密な状態を避けるため、例年より人数は少なめで授業しております。

 

週末と夜間外出の自粛が出ておりますが、

過密な状態を徹底的に避けることは、徹底しておりますので、

春期講習の4月4日(土)と、通常授業の4月11日(土)の授業は行う予定です。

 

外出禁止令や営業禁止令が出たら、休校措置をとります。

3週間の休みはきついですが、日曜日やGWや臨時補講日を利用すれば、

振替補習可能な見込みです。

 

 

ニュースや各国政府がコロナウイルスのことを過熱気味に仕立て上げているようにしか見えない。

アメリカのトランプ大統領が「安倍首相は約束した。きっといい未来が訪れるだろう」といった一言も気になり

「もしや?」と思うところもあるのですが、詮索の域を出ません。

700年続いた金融の仕組みが大変革するということが、現在進行中のような気もします。

 

 

そうすると、今までの世界が変わる。

偏差値や内申稼ぎの勉強より、自立して考えられるようになる練習をしないと何も理解出来ない。

「教えてくれないと出来ませんよー」では困るのです。

 

 

どの道、しばらくは忍耐ですね。ウイルス拡げないためにも。

多くの中小企業が運転資金が足りないのに「和牛商品券」のような議論をされるのはガッカリです。

 

 

 

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる