ホーム>塾長日記>2020年5月

2020年5月

どさくさに紛れて、スーパーシティ法案可決・・・

どさくさに紛れて、審議も十分なされないまま

スーパーシティ法案が可決されました。

検察庁長官定年延長より、こっちが本命だったかのような印象

 

 

神奈川県では「鎌倉市」と「藤沢市」がスーパーシティ構想に参加するような事態になっています。

〇国の杭州市では、これが先んじておこなわれています。

こちらの国では人権はあってないようなもので、日本もチベットやウイグルのようになってしまうのでしょうか・・・

 

これ引っ越す以外になく

拒否権がなさそうですから、

ある意味法律違反です。

 

 

しかし

カナダのトロントでは、市民の反対で「スーパーシティ構想が中止」されました。

日本も本当のことを知って、時が来たら動く必要があります。

 

 

権力者がいくら騒いでも、全員が言うことを聞かなかったら、どうにも出来ませんから。

ドイツやフランスでは警察が市民に投降しましたし

忙しすぎて、どこの国か忘れましたが「怪しげなワクチンをうて!という指令が大統領(総理)から出ましたが、医師や看護師が拒否した」ということが世界では起きています。

 

 

多くの人々が自分で考えながら行動出来れば大丈夫です。

日本の学校教育では「考えないで集団迎合」が好まれますが、

そうならない自立した生徒を育成したいと考えております。

 

 

 

 

 

 

 

明日か明後日、採決見通しのスーパーシティ法案。超監視管理社会の到来。

緊急事態宣言が解除されましたが

その裏で

明日「スーパーシティ法案」が参議院で採決されようとしています。

 

 

現実に勤怠管理で「打刻忘れ防止のために手にチップを埋め込み

それを導入している会社が存在します。

実際にそんな時代がすでに迫っているということを知って欲しい。

顔認証もだいぶ発達しており、「誰がいつ何を買った」のような情報が

スーパーシティ法案により、なされようとしています。

 

 

もしこれが可決したら

今までの国会議員のおこないを見る限り

彼らは日本人が嫌いなんだと思ってしまいますね。

 

 

検察庁長官のときのように、是非とも廃案にしていただきたい。

そんな「奴隷みたいな社会」を次世代に押し付けたくはないですから。

 

 

 

 

 

休校中の中高生を狙った詐欺があるそうです。

神奈川県では、ようやく学校再開の話が出てきました。

 

6月前半が午前授業のみで分散登校

6月後半から一斉登校。小学生は午前授業。中高生は午後まで。

7月から通常登校

のような計画のようです。

部活動やクラブ活動は中止継続なので、授業のみ。

 

 

塾としては

学校再開は気にせざるをえませんが

変化に対応できる、好きな教科を存分に勉強できるという点では、

塾の方が圧倒的に良いものを提供できると思いました。

 

学校いかなくても大丈夫ということがわかってしまった・・・

なんて声もありますから。

 

教育は無料で、しかも個性に会ったものを好きに出来るようにするべきだと思うんですけど、

この国の教育行政にまわすお金は、世界的に見てもわずかです。

 

 

 

休校中の中高生を狙った詐欺があるそうです。

親の承諾がない未成年の契約は無効。

未成年を不安にして平気でいられる人、どうかしてます。

金額が微妙で、

子供自身もばれたくないから直接声を上げないこともあるそうなので

何か挙動がおかしかったら、こちらから話をしてみてください。

少しでも被害に遭われる方が減りますように。

 

 

休校3か月。一部の高校では、家庭学習で成績をつけるの???

休校も3か月になろうとしています。

1年のうち、4分の1が休校。

4分の1の内容が抜け落ちている生徒もかなりいることでしょう。

 

大学受験を控える高校3年生にとっては痛すぎるともいえる時間。

夏までに、基礎知識がわかっていないと、一般入試の問題には太刀打ちできない。

高3生は是が非でもサポートしないと、受験が普通に行われるようであればかなりきびしいです。

ただでさえ時間的にきびしい公立高校の生徒達には死活問題でしょう。

 

しかし

授業を全くしないのに「3か月分の授業料をとり、オンライン授業は見てと言うがサポートはないに等しく、生徒や家庭に丸投げの状態で成績をつける」のはいかがなものか?

Classiは生徒の評判、また使い勝手が悪いですから、やめにした方が・・・

生徒の声は、利権の前にはかき消されるのでしょうか?

 

 

生徒の声を聞いた限りでは、この状態で成績をつけるのは平等の原則には反すると思いますので

是非、撤回していただきたいです。

この状態で成績をつけたとして、「この学校は信頼できる!」とはならないでしょう。

授業料をとってしまったので「体裁を保たなければならない」だけじゃないの?

のように見えてしまうわけです。

政府や官僚や大手企業がお手本では、そういう対応になってしまうのでしょうけど

誠実とは見えないですね。

 

 

在日米海軍司令部のtwitterにも、「新型コロナウイルスとの戦いはまだまだ続きます」

と書かれていますので、まだ油断は出来ないと言うことでしょう。

 

 

6月から学校再開となると、授業時間を戻さないといけなくなるので

「学校休校が続く」「学校再開」という2パターンの授業時間割を作成中。

公立学校が再開で、私立が休校とか考えられますが

その場合は「学校再開」の夕方から夜主体の時間割で授業します。

 

 

オンラインを安定して運用するのは、手間がえらくかかるのと

手元が見えないのと、氣が感じられないので

能力ギリギリのところは攻められないのがつらいところ。

自分でやってゆく能力を上げるには、オンラインでは不可に思える。

その生徒の能力にあわせるしかないので、ギリギリは攻められないのです。

 

しかし高校受験までの内容であれば、暗記系問題が多いですから

オンラインでもいけそうな感じはしました。

義務教育の内容は、かなり多くがオンラインで代替可能だと思います。

でも

いまの中学受験とか大学一般受験は、映像のようなオンラインだけでは、きびいしいかもですね。

 

オンラインで出来ることの限界がわかったので、

準備がとにかくしんどいですけど

これはこれでよかったと思うことにします。

 

 

 

 

 

 

スーパーシティ法案?アインシュタインが書いた手紙

いま検察庁法改正案は可決されませんでしたが

その裏で、スーパーシティ法案が可決されそうです。

 

これ

5Gを利用して、すべての人を管理しようというものではないか?

 

 

コロナのワクチンもあやしいです。トランプ大統領がインドと共同で開発するワクチンは信用できそうですけど、ほかは・・・。

ビルゲイツのワクチン、何が変かというと「ワクチンをうった人を、1人1人確認しようということ」

いくらコロナウイルスだからといって「ワクチンをうたないと学校や公共施設が利用不可」はおかしいでしょう?

そうすると、こういう情報を探したくなるわけです。

政府や自治体が強制しても拒否をする。日本人が苦手そうなことですけど

一般大衆全員がそうしたら、どうでしょうか?

それが世界の覚醒につながるということ。

 

 

 

塾をやっていながら

私はあまり真面目にやる必要はない。その代わり自分で考えて「これぞ!」と思ったことは一生懸命やれ!

のような感じで教えております。

「自分で考えて行動する人」は管理されなくても大丈夫ですから

管理したい側としては、面倒な存在でもあるわけです。

それゆえの「スーパーシティ」のように思えてなりません。

 

 

 

「アインシュタインが娘へ宛てた手紙」があります。

20年経ったら読んでくれ

って言ったのかな?詳細は忘れましたが、そんな感じだったはず。

彼は現代物理学では説明しきれないものが、はっきり見えていたのでしょう。

記載者からコピーOKいただきました。

 

 

私が相対性理論を提案したとき、
ごく少数の者しか私を理解しなかったが、
私が人類に伝えるために今明かそうとしているものも、
世界中の誤解と偏見にぶつかるだろう。

必要に応じて何年でも何十年でも、私が下に説明することを
社会が受け容れられるほど進歩するまで、
お前にこの手紙を守ってもらいたい。

現段階では、科学がその正式な説明を発見していない、
ある極めて強力な力がある。

それは他のすべてを含み、かつ支配する力であり、
宇宙で作用しているどんな現象の背後にも存在し、
しかも私たちによってまだ特定されていない。

この宇宙的な力は「愛」だ。

科学者が宇宙の統一理論を予期したとき、
彼らはこの最も強力な見知らぬ力を忘れた。

愛は光だ。

それは愛を与え、かつ受け取る者を啓発する。

愛は引力だ。

なぜなら、
ある人々が別の人々に惹きつけられるようにするからだ。

愛は力だ。

なぜなら、
それは私たちが持つ最善のものを増殖させ、
人類が盲目の身勝手さの中で絶滅するのを許さないからだ。

愛は展開し、開示する。

愛のために私たちは生き、また死ぬ。

愛は神であり、神は愛だ。

この力はあらゆるものを説明し、生命に意味を与える。

これこそが、私たちがあまりにも長く無視してきた変数だ。

それは恐らく、愛こそが人間が意志で駆動することを
学んでいない宇宙の中の唯一のエネルギーであるため、
私たちが愛を恐れているからだろう。

愛に視認性を与えるため、
私は自分の最も有名な方程式で単純な代用品を作った。

「E=mc²」の代わりに、私たちは次のことを承認する。

世界を癒すエネルギーは、
光速の2乗で増殖する愛によって獲得することができ、
愛には限界がないため、
愛こそが存在する最大の力であるという結論に至った、と。

私たちを裏切る結果に終わった宇宙の他の諸力の利用と制御に
人類が失敗した今、私たちが他の種類のエネルギーで
自分たちを養うのは急を要する。

もし私たちが自分たちの種の存続を望むなら、
もし私たちが生命の意味を発見するつもりなら、
もし私たちがこの世界と
そこに居住するすべての知覚存在を救いたいのなら、
愛こそが唯一のその答えだ。

恐らく私たちにはまだ、この惑星を荒廃させる憎しみと
身勝手さと貪欲を完全に破壊できる強力な装置、
愛の爆弾を作る準備はできていない。

しかし、それぞれの個人は自分の中に小さな、
しかし強力な愛の発電機を持っており、
そのエネルギーは解放されるのを待っている。

私たちがこの宇宙的エネルギーを与え、
かつ受け取ることを学ぶとき、
愛しいリーゼル、
私たちは、愛がすべてに打ち勝ち、
愛には何もかもすべてを超越する能力があることを
確信しているだろう。

なぜなら、愛こそが生命の神髄だからだ。

私は自分のハートの中にあるものを
表現できなかったことを深く悔やんでおり、
それが私の全人生を静かに打ちのめしてきた。

恐らく謝罪するには遅すぎるが、時間は相対的なのだから、
私がお前を愛しており、お前のお陰で私が究極の答えに
到達したことを、お前に告げる必要があるのだ。

お前の父 アルベルト・アインシュタイン

 

 

今、わけのわからないことがたくさん起きていますが

「アインシュタインが娘へ宛てた手紙」に書いてある

愛は展開し、開示する

の前兆ではないでしょうか?

 

 

少なくとも

今の「お金に振り回される時代は終わり」にしないといけないのでしょうね。

 

 

基本的には「願いはかなうもの」ですから、

すべての人がそう思えるような社会にすることを

次世代のために、考えていくべきでしょう。

 

 

「検察庁法改正案に抗議します」に、累計1000万ツイート以上

今回のコロナ騒ぎで良くわかったことは

政府や官僚は国民のためになることをしてくれないこと。

こうなると、もう国会はいらない。

だいぶ無駄な経費が税金から出ていると思う。

 

 

「検察庁法改正案に抗議します」に、累計1000万ツイート以上

これ160万→140万になるような変な操作を受けてたのを見逃しませんでしたよ。

実際にはもっと多いのではないかと。

 

しかし、こんなこと審議してる場合か???

という状態で、どさくさ紛れで今週中に可決させるみたいです。

 

 

日本では、このようなことをやっておりますが

海外では「OBAMA GATE」の話題で大変なことになっています。

前アメリカ大統領オバマ逮捕、ヒラリークリントン起訴

日本のマスコミでは、一切このことを報じません。

なぜ?

 

 

ワクチンにしても

MMS(二酸化塩素)のような万能薬を目の敵にして、アビガンやレムデシビルのような

危険な副作用がありそうなワクチンを国民に投与しようとしているのはなぜだ?

トランプ大統領は「MMS(二酸化塩素)」と言っていたのに、日本のメディアは消毒薬と伝えておりました。

 

テレビのような大手メディアは嘘ばかり。

もう最近は一見もしなくなりました。

皆様もだいぶお気づきになっているのではと思われます。

メディアによる大衆のコントロールが効かなくなってきているのは確かなようで。

 

 

でも、その情報をまだ信じてしまうのは

日本でおこなわれている考えさせない教育のせいではないか?

受験が人質となり、暗記の勉強を強要される仕組み。

好きなことだけを学ぶことは許されない仕組みです。

 

 

せっかくの休校ですから、仕組みを変えるチャンスなのですが

自民党では無理でしょうね。

政府よりも、多くの国民の方がかしこいですから。

 

次の時代に求められること

例年よりも大幅に仕事量が増え、かなりしんどい状況。 

横浜市も 休校延長の決定を、あと1日でもはやくしていただけるとありがたいです。

 

 

このGW休みはどこへも行かず、出かけるのは食料調達をかねた散歩のみ。

でも散歩する人、本当に多いですね。どこへいても人目があるので安全と言えば安全ですけど。

 

補償なき自粛要請のせいで、個人経営の飲食店はテイクアウトで必死に生き残りを計っていました。

町田では

居酒屋が自粛要請のため夜営業できませんから、昼間のテイクアウトが生命線とのことです。

同じ個人経営として応援せずにはいられず、この休み期間の昼飯は個人経営の店舗でいただくと決意。

「大手のチェーン店より、総じてうまい!」 なかなか入りにくいけど、扉を開けてみたら素晴らしい店が多いです。

もうしばらく休日は、個人経営の店しかいかないことでしょう。

 

 

学校休校が確実に3か月近くになることが決まりました。

もう夏休み返上で土日返上でも間に合うかどうか・・・

受験を予定通りに実施するのはもはや不可能になりつつあります。

 

 

教育行政、もはやどうかしてますね。

教育行政と言わず、とくに政府は「民のためになることは、やってくれないのだな」と思ってしまう。

海外には60兆円(おそらくはもっと)以上ばらまくのに、日本の国民には1人10万円の12兆円。

 

こちらから

平成12年7月7日の教育改革国民会議の資料を見ることが出来ますので、是非見てください。

小学校の道徳もひどいですけど、これをみると「文科省って必要ですか???」というとんでもないレベルです。

 

 

「ポジティブシンキングを持ち、自分で考えること」

教育行政が推しはかったように進める、考えることを失ったグローバルな人材などではなく、

これこそが「次の時代に求められること」だと思うわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる