ホーム>塾長日記>次の時代に求められること
塾長日記

次の時代に求められること

例年よりも大幅に仕事量が増え、かなりしんどい状況。 

横浜市も 休校延長の決定を、あと1日でもはやくしていただけるとありがたいです。

 

 

このGW休みはどこへも行かず、出かけるのは食料調達をかねた散歩のみ。

でも散歩する人、本当に多いですね。どこへいても人目があるので安全と言えば安全ですけど。

 

補償なき自粛要請のせいで、個人経営の飲食店はテイクアウトで必死に生き残りを計っていました。

町田では

居酒屋が自粛要請のため夜営業できませんから、昼間のテイクアウトが生命線とのことです。

同じ個人経営として応援せずにはいられず、この休み期間の昼飯は個人経営の店舗でいただくと決意。

「大手のチェーン店より、総じてうまい!」 なかなか入りにくいけど、扉を開けてみたら素晴らしい店が多いです。

もうしばらく休日は、個人経営の店しかいかないことでしょう。

 

 

学校休校が確実に3か月近くになることが決まりました。

もう夏休み返上で土日返上でも間に合うかどうか・・・

受験を予定通りに実施するのはもはや不可能になりつつあります。

 

 

教育行政、もはやどうかしてますね。

教育行政と言わず、とくに政府は「民のためになることは、やってくれないのだな」と思ってしまう。

海外には60兆円(おそらくはもっと)以上ばらまくのに、日本の国民には1人10万円の12兆円。

 

こちらから

平成12年7月7日の教育改革国民会議の資料を見ることが出来ますので、是非見てください。

小学校の道徳もひどいですけど、これをみると「文科省って必要ですか???」というとんでもないレベルです。

 

 

「ポジティブシンキングを持ち、自分で考えること」

教育行政が推しはかったように進める、考えることを失ったグローバルな人材などではなく、

これこそが「次の時代に求められること」だと思うわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる