ホーム>塾長日記>困ったことに・・・
塾長日記

困ったことに・・・

教室は,私学の生徒も多いので、時間割調整がとにかく大変です。

今年はコロナ騒ぎで「学校も日程を変えざるをえない」ようなので、仕方ないですが

正直なところ異常な忙しさになっております。

もう異常な忙しさですので、ドジな私が何かしらミスをしている可能性も否定できず・・・

 

LINEやメールの件数もかなりの数に上っておりますので、読み逃しをしている可能性もあります。

もし「連絡がない!」なんてようなことがありましたら、ご連絡ください。

 

 

困ったことに

日本の多くの学校は自由な人格形成をしてくれるところではありません。

型にはめた人格を形成するところです。

「教科書強制暗記の授業スタイルで、考えさせない」「(時には楽しい)集団生活を強要することで、集団が好きな人格をつくる」

大企業の労働者を目指すような人を育成しているわけです。

 

 

コロナでわかったことは、国のTOPが国民を幸せにはしていないということ。

そんな人達がつくっている受験制度ですから、教科書暗記ばかりの時代錯誤なものばかり出てくるわけです。

「深く考えさせない」

子供も正常に拒絶反応をしめす。

日本の教育は我慢を強いりますが、それは国家主導だから。

公教育が良くなることは、もう今のままではないでしょう。

ちょっとの改善だけで、根幹は変わらない。

 

 

グローバル化やプログラミング教育は「将来役立つから???」

実際のところは

「外国人流入により国家を弱体させるため」、「人の五感ではなく、AIのような機器を頼る人(サイボーグか?)を量産するため」のようにも見えますね。

 

 

大学受験、難関国立大学は中学受験の勉強を経験していないと「ほぼ、現役合格は無理」です。

そんなシステムは良くないのですけど、コロナでわかったのですが、改善する気配はない。

 

現実に

東大や京大の入試問題は「さほど難しくはない」のですが、きっとそうは感じられないから。

思考回転の速さがないと「問題の意味がわからない・・・」、「そして難しい・・・」

という道を進んでゆく。

 

 

高校受験は「我慢する力」と「正確な作業を極める」入試と言い換えてよいでしょう。

国立大学入試は「自由に解答してOK」です。全然ちがいます。

高校受験に合わせると、大学受験は大変なことになります。

 

 

小学校から準備していないと、公立高校→難関国立(とくに理系)の道は

現役ではきわめて難しいというのが現実。

 

教室には、その難しい道を突破した公立高校ご出身の先生(TOP校→東大、TOP校→慶應)がおります。

奇跡的に空きがありますので、中学受験をしない生徒の方も、よろしければご利用ください。

高校受験はほどほどでOK(内申点の拘束から解放される)。

大学受験で国立大学(理系)合格を目指すことは可能です。

 

 

高校受験コースは(月曜、火曜、木曜に空きあり)女性講師もおりますので、是非、ご利用ください。

受付順になります。

空きがなくなりましたら、何卒、ご容赦下さい。

 

無料体験も2コマまでやっております。

ご連絡、お待ちしております!

 

 

お問い合わせフォーム

学校名

学年

お名前

志望校

現在の成績など

指導希望科目

をご記入いただけると、準備がしやすく助かります。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/397

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる