ホーム>塾長日記>またコロナ患者が増加中?
塾長日記

またコロナ患者が増加中?

またコロナ患者が増加中のようです。

政府とメディアがグルになって第2波をねつ造し、マイクロチップ入りワクチンをうたせようということか?

「5Gだ、毒入りワクチンだ」のような話は、日本でもかなり広まっています。

 

日本政府は日本人が嫌いだということは、今回のコロナ対応で良くわかりました。

よくお調べになっている方も多くなっているので、未来は金銭にしばられない方向へと向かっていくのでしょう。

そうなるといい会社や公務員になる必要もありませんから「学歴なんて必要なくなるのではないか? 」ということです。

 

 

日本の教育は「暗記を強要して考えさせない」ということが、戦後ずっと行われています。

おかげで、政府やメディアのいうことを何も調べず考えずに信じる人が多くなりました。

若い多感な時期に思考訓練をされていないですから「考えると疲れてしまう人のなんと多くなったことでしょうか!」

 

大きな不安におそわれると人は思考停止になります。

今回のコロナ騒ぎは、これを利用して悪魔のようなことを考えているということでしょう。。。

 

こんな世の中ですから、今後大切にすべきは 不安と恐怖を吹き飛ばすようなパワーを周囲にあたえられるような個性をもつ人では?

「自閉症だけど明るいことか素晴らしい」なんて思ったりする。

 

文科省や教育委員会が主導の入試問題は、覚えてひとつの答えを出すことを強要します。

極端に言えば、そうした問題では何も考えないで覚えるだけで結果が出せますが、それでは自分で調べて考えて行動する力はつかない。

ただロボットのように暗記するだけ。

スマホも人類のサイボーグ化に大いに貢献中です。便利だけど考えることをしなくなる。

 

 

学校は集団生活がほとんどの世界。

「はみ出し者は悪い」のような空気も、信じられないほど悪いことをする人達に都合がいい。

海外では目覚めている人も多いですから「親の言うことを聞かないで、学校の言うことを聞きなさい」なんて国もある。

 

学校で教わる内容もいい加減なもので、

次回の教科書から 生物遺伝の法則は「優性」→「顕性」、「劣性」→「潜性」になるそうです。

次回の教科書が使用開始されると「優性」、「劣性」と書かないと「×」になる。

学校が公的機関だからといって100%信じてよいわけではないということです。

 

 

いまの子供たちにどのようなことをしてあげたらよいか?

子供が後になって親に感謝してくれるようなことをしてあげれば良いのではないでしょうか?

 

テストや成績、受験合格のために

締め付けるようなプレッシャーをかけ無理やりに勉強をさせて、テストの得点を上げたり

覚えればOKのテストだから同じような問題を授業でやらせまくって、テスト結果を出させる勉強をさせることは

はたして後で「子供に感謝されるのか?」ということです。

ここで書いたことは、多分に私の妄想である可能性もありますので、よくお調べください。
平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる