ホーム>塾長日記>2020年10月

2020年10月

日本社会の大なる被害者・・・。助け合う世の中になりますから。

さすがにメディアもバイデン有利とは報道しなくなってきました。

コメント欄に真実を知る人の書き込みラッシュ。

あれでは、日本でももう扇動は不可能でしょう。

 

ボンジョビがバイデンの応援で演奏したのですが、聴衆12人、カボチャ7つに向かって演奏したとのこと。

twitterリンク貼っていますが、またすぐ消されるかもしれません。

 

 

いまの日本社会、女性は大なる被害者です。

こちらをご覧になってください。

自分が悪いなんて絶対に思わないでください。

本当の悪を見つけるのは簡単です。

税金や社会保険が上がり、子供を保育園にいれてパートに出ざるをえない。 残ったのは金。 「こんな世界に誰がした!」ってことです。

 

 

学校で教わる内容も、役に立つものもありますけど「実社会に出て使えるもの」となると

「オールマイティに全てやる必要はない」ですね。

オール5が賞賛される時点でだいぶあやしいのです。

 

学校は考える力を失わせるところ、かつ我慢を学ぶところ

に多くの学校がなっています。とくに公立学校は・・・

先生は悪くないんです。公務員なのでそうしたことを考える経験も暇もないから。

 

そんな我慢を強いられるつまらない学校内容であっても

「自分で解決する」のであれば、まだ考える力は損なわれません。

成績は気にせず未来を構築できればよいのですが

そうさせていないものは何か?

そこから解決しないと何も変わりません。

 

それまでに身につけておきたい力は

残念ながら、学校で習うことではなさそうなのです。

これからの数年間「塾がすべきことは?」ってことですね。

 

 

 

食品添加物がてんこ盛りの日本の食品業界です。

食品添加物の「合成」や「人口」のような表示をしなくてよくなる法案がこっそり通っています。

いまの国会議員は、国民に何を食わせるつもりでしょうか???

 

 

先日、紹介した重曹ドリンクが大反響でしたので

今日はシリカ水をご紹介。

体内の必要ない重金属はとってくれる可能性大。話によると重曹と組み合わせるとかなり良いとか?

 

 

シリカ水はスーパーでも販売していますが、普通の精製水よりはだいぶ高いです。

そこで

私は「麦飯石」で浄化しています。

2000円くらいしますが、半永久的に使えるのならば全然OK、

ということで購入に踏み切る。

ブリタの浄水ポットにいれています。

 

浄化力は「濃いお茶がうすくなる」ことを利尻島で確認済。

さらに麦飯石の中からミネラル分が出てくるようです。

 

この手の情報は隠蔽されているので「私が自分で人体実験をすればよい!」という気持ちで挑戦しています。

排せい物の色が濃くなったので、かなり浄化作用はあるのではないかと?

 

塾内部生のの面談期間で、よろしければご紹介かつ実演させていただきます。

 

 

もし今の競争経済の世界でなくなるならば、女性のコミュ力は極めて重宝されるべき力です。

とくに日本人は「世界に先立って助け合いの精神をしめせる」と思いますので、いまの若い子達は、是非とも世界を引っ張っていただきたいのです。

 

えらそうなことを書いていますが、郵便不正投票がなければトランプ大統領の圧勝です。教室の中学生でも、そのくらいのことは感じとれていますので。

そうなると一気に時代が動きますので、だんだんと困っている人を助け合うような世界がやってくる予感です。

そうすると女性に活躍してもらわなければならないはず。

 

そのときに活躍できる人を育成するのが、これからの仕事ではないか?と思うのです。

 

 

 

 

内申点が3項目に。Bとったら「5」はなし

「なぜかセキュリティ保護なし」サイトにされてしまいましたが

そもそも他人を陥れる攻撃なんてする暇が塾人にはないです。

見られると困る人でもいるのでしょうか?

 

横浜の異臭、ゴムがやけたようなにおいがしていました。

あれはいったい何なんでしょうか?

 

 

2021年度以降の中学校、成績評価が変わります。

主体的に学習に取り組む態度

これがBだと「成績5はつきません」

 

主体的を評価する???

「指令通りに提出物を出す」ことは主体的ではないですね・・・

意志的な側面を評価するということですけど・・・

来年からは「これで成績が決まるんですね」

これにあわせなければいけない子供は可哀そうですね・・・

 

主体的に学習に取り組む態度が「B」

もう成績5の可能性は皆無。

 

 

いまの公教育の状況では、もう改善は見込めないので

いい学びが出来る大学(難関である必要なし)に目標をシフトした方が、

子供が生き生きしてくれる可能性が高いですよ。

 

 

アメリカ在住のN君に聞いても

「メディアはバイデン推しだけど民衆はトランプだよ。だって民衆に何ひとつ悪いことしてないだろ?」

とのことです。

 

 

そうなんですよね。

そう考えると日本は・・・

神奈川ローカルの「この成績基準変更」だけを見ても、現状では、何も良くなっていかないことがわかります。

目指す大学が難関であれば、高校受験組は先取り必須。

先々週、先週は、

模試と英検1次試験があり、普段より仕事が多く疲れ果てました。

ようやく普通に動けるようになってきました。

 

来年度の授業時間割も考え始めております。

中学受験も既塾生の授業増が多そうなので、おはやめにご連絡ください。

「週2日 1日90分の指導」で、難関中レベルに到達させます。

ある程度のスピードがないと難しいのも確かなので、無料体験授業後に見通しをお伝えいたします。

 

 

高校受験は「成績内申点が関わってくる」「大学受験は中高一貫生に1年遅れ」になるのは、

神奈川県では約束された事ですので、技術職や研究職を目指そうとなると不利なのは否定できません。

未来予想を申しますと、高校で数学がきびしくなりますので、国公立大や理系は難しくなると思います。

実際、そうした生徒が多くなります。

まだ文系はなんとかなるんですけどね・・・。

 

 

その能力を「高校受験で発揮するよりは、大学受験に向けての先取りで生かす」ほうがよいと考えます。

 

 

15年以上、高校受験、大学受験、中学受験に

毎年真剣に向き合ってきたので、何が必要か、何が欠けているかはわかります。

 

 

そもそも文科省がおかしいので、

そこに合わせなければならない高校受験制度が大幅に改善することはないと思われます。

よくも悪くも同調圧力になびく人が育ちやすい環境。

いまの政府は何かおかしいですから、1人1人が考えて自立して行動する必要があります。

 

 

国立大学受験とほんの一部の中学受験は「受験問題で答えでなく人を見ている」ので素晴らしいと思います。

「必死に答えを出す勉強が通用しないところがよい」です。

高校受験は「必死にミスをしないように、問題のパターンを覚えて暗記する」ような勉強になるので、ストレスが大きいです。

特色検査も県が管理するようになりましたから、独自色はなくなっていくのではないでしょうか?

 

 

国立や理系の大学受験を目指す生徒は「先取り必須」ですよ。

「×」になる原因は、確実に間に合わないからです。

その能力を「どこに向けて訓練するか!」ということです。

 

 

弱点 1番以外の人は、自信をなくしてしまうこと。

ご無沙汰しております。

ありがたいことに問い合わせもあり、模試もあり、英検もありで、超多忙のため

こちらを書く時間がありませんでした。

これから受験シーズンなので、同様なことが起こるかと思いますが

週1くらいで書くようにいたします。

 

 

日本の公教育の弱点

1番以外の人は、自信をなくしてしまうこと。

自信をなくしてしまうから、「私はダメなんだ」と思ってしまい、誰かに頼らないと生きていけないを思ってしまうこと。

じっくり考えることをさせてくれないこと。

何が目的かと言えば「従順な従業員育成教育」ということ。

このフィンランドの校長が言うことは、よく理解できます。

これからの時代、どちらが有用か?

 

 

「このくらいの勉強、我慢できなければ、社会に出て役立つのですか?」をよくおっしゃる方がおります。

私も最近まではそう思っていましたが、コロナが起きてからはそう思わなくなりました。

いまの政府やメディアの対応、おかしくないですか?

 

 

現政権やメディアの方が「悪」なのではないか?

菅政権支持率7割なんて、どう考えてもおかしい。

札幌ではカラスが不審死(5Gのミリ波では?)。

農薬にグリホサート(枯葉剤)がふんだんに使われている。世界は禁止の動きだが日本政府は緩和。

種苗法改正で農業は大打撃。

来年度から食品添加物の表示が消える(合成やらの記載が消える、入っているのに)。

ただの風邪レベルの感染率なのに、ワクチン国民全員分を用意するのはなぜ?

とまあ、調べるとおかしいことだらけなんです。

 

 

そのような政府が管轄する公教育ですから、おかしな方向へ向かう教育になるのは仕方ないのか?

偏差値で無理に競争原理をつくり、上司(先生)の言うことを聞かないと、高校受験で不利になる世界。

高校受験の問題は「問題のパターンを暗記すると有利」で自由に答える問題はきわめて少ない。用意された答えに近くないと×ですので。

 

 

教室の指導は「自分で考えて解く」ことを主眼においているため、

学校の教え通りに「すぐ答えを教えてくれる環境にいた生徒」は違和感ありありです。

「なんで塾なのに教えないのですか?」のようなクレームもありました。

自分でやらないと結果って出なくないですか?

高校受験まではパターン暗記でもいけますが、その先は通用しないのでは?

 

 

公教育を受け続けると「集団意識が強い人」になってゆくので、

これは是か非か?ということにもなりますね。

公教育では従業員型のメンタルを養成されますから、全員、その道で良いのか?

そうすると上からの情報を考えもせずに受け入れやすくなるので危ないのではないか?

私立、国立、公立、いろいろな生徒が通塾しているのをずっと見ていますので、そう見えます。

 

 

「考えて答えさせる」

これを意図的に練習することで、自分で考える脳は育ちます。

子供が言い訳するときはチャンスだったりしますね。

こっちは嘘とわかっていますけど、論破せず聞いてあげてください。

その瞬間は必死に考えていますから。

 

これを繰り返していると、だんだん自分で行動できるようになっていきます。

まあ大変ですけど「自立させる」というのは、そういうことですので。

 

 

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる