ホーム>塾長日記>弱点 1番以外の人は、自信をなくしてしまうこと。
塾長日記

弱点 1番以外の人は、自信をなくしてしまうこと。

ご無沙汰しております。

ありがたいことに問い合わせもあり、模試もあり、英検もありで、超多忙のため

こちらを書く時間がありませんでした。

これから受験シーズンなので、同様なことが起こるかと思いますが

週1くらいで書くようにいたします。

 

 

日本の公教育の弱点

1番以外の人は、自信をなくしてしまうこと。

自信をなくしてしまうから、「私はダメなんだ」と思ってしまい、誰かに頼らないと生きていけないを思ってしまうこと。

じっくり考えることをさせてくれないこと。

何が目的かと言えば「従順な従業員育成教育」ということ。

このフィンランドの校長が言うことは、よく理解できます。

これからの時代、どちらが有用か?

 

 

「このくらいの勉強、我慢できなければ、社会に出て役立つのですか?」をよくおっしゃる方がおります。

私も最近まではそう思っていましたが、コロナが起きてからはそう思わなくなりました。

いまの政府やメディアの対応、おかしくないですか?

 

 

現政権やメディアの方が「悪」なのではないか?

菅政権支持率7割なんて、どう考えてもおかしい。

札幌ではカラスが不審死(5Gのミリ波では?)。

農薬にグリホサート(枯葉剤)がふんだんに使われている。世界は禁止の動きだが日本政府は緩和。

種苗法改正で農業は大打撃。

来年度から食品添加物の表示が消える(合成やらの記載が消える、入っているのに)。

ただの風邪レベルの感染率なのに、ワクチン国民全員分を用意するのはなぜ?

とまあ、調べるとおかしいことだらけなんです。

 

 

そのような政府が管轄する公教育ですから、おかしな方向へ向かう教育になるのは仕方ないのか?

偏差値で無理に競争原理をつくり、上司(先生)の言うことを聞かないと、高校受験で不利になる世界。

高校受験の問題は「問題のパターンを暗記すると有利」で自由に答える問題はきわめて少ない。用意された答えに近くないと×ですので。

 

 

教室の指導は「自分で考えて解く」ことを主眼においているため、

学校の教え通りに「すぐ答えを教えてくれる環境にいた生徒」は違和感ありありです。

「なんで塾なのに教えないのですか?」のようなクレームもありました。

自分でやらないと結果って出なくないですか?

高校受験まではパターン暗記でもいけますが、その先は通用しないのでは?

 

 

公教育を受け続けると「集団意識が強い人」になってゆくので、

これは是か非か?ということにもなりますね。

公教育では従業員型のメンタルを養成されますから、全員、その道で良いのか?

そうすると上からの情報を考えもせずに受け入れやすくなるので危ないのではないか?

私立、国立、公立、いろいろな生徒が通塾しているのをずっと見ていますので、そう見えます。

 

 

「考えて答えさせる」

これを意図的に練習することで、自分で考える脳は育ちます。

子供が言い訳するときはチャンスだったりしますね。

こっちは嘘とわかっていますけど、論破せず聞いてあげてください。

その瞬間は必死に考えていますから。

 

これを繰り返していると、だんだん自分で行動できるようになっていきます。

まあ大変ですけど「自立させる」というのは、そういうことですので。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/416

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる