ホーム>塾長日記>2020年11月

2020年11月

予定通り、コロナ患者増加中?

面談期間にはいり、授業が終わるとぐったりする日々が続きますが

未来予想を幸せにするための準備は、だいぶ前からやっていますので大丈夫。

勝てそうな勝負は、どんどん挑戦してください。

 

絶対大丈夫です!

といえる準備をずっとするのがこの仕事です。

 

短期間では成しえませんが、

長期間在籍していただいている生徒は、

これからやってくる受験がどういうものか理解出来ていますから、

ここからバタバタする必要はありません。

直前に必要以上の授業をとる必要もありません。

メンタルの構築の方が大事では?とも思いますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ死者2000名 とメディアは騒いでいますが

インフルエンザは年間(実質は流行する4~5か月間)で死者3000名以上です。

コロナの死者はご高齢の方がほとんど。

それなのに、意地でも国民全員にワクチンを打たせたいような行動が始まっています

危険な兆候です。

 

そもそもインフルエンザが流行するときは、生徒から「インフルエンザになった子いるよ!」

のような声を聞きますが

コロナに関しては「まったくない」

そんな騒ぎになるようなことなのか?

 

 

GO TO 

やら

自粛やらを、国民に押し付けてくるのは

国会議員や知事のような方々。

そろそろ「何かおかしい」と思いませんか?

 

これから起こす計画なようなものがありましたので、

貼り付けておきます。

 

 

 

団結すれば大丈夫ですよ。

99%以上の民衆は闇の世界より光の世界の方が好きですから。

気が付きましたら、是非、他の方にも教えてあげてください。

女性の方が覚醒者が多くなっているそうです。

 

 

難関中学受験は

神奈川県の中学受験もあと2か月とちょっとで本番。

たくさん勉強すればよいというものではない。

 

難関中学ほど暗記で差がつく問題は出題量が少ない。

「自分の意見を自由に述べてください(そうは書いてないけど)」

「材料は全部記載されてるから考えてみて」

のような出題が多い。

 

これへの対処は勉強量(慣れ)というより

短時間集中が有効。

(慣れ)の勉強にそまっていると「頭を使って考える問題は疲れるのでやりたくない!」となる。

そうなると受験結果は・・・。

大手の第一志望合格率が、あれだけ勉強時間をとるのに上がらない所以。

 

 

最難関の受験で合格をもらうとなるとその生徒の実力とかではなく、宇宙から力をもらえているというか、そんな不思議な力をまとった生徒。

1つ言えるのは「極度に我慢していない」こと。

 

本番で力を発揮するためには「きびしくしつける」ではないことは確かです。

ここまで来てきびしくしつけるでは、不思議な力はやってこない。

「あほか」と思いますか?

 

御三家のような中学校に合格していく生徒って、そんな感じがするのです。

 

 

これから受験本番までしてあげることは、

のびのびできる環境つくりと、普通に大丈夫だと思わせて勝負に臨めるようにすること。

 

最難関といっても、入学して見れば「あの問題は無理だ。解けないよなー」なんて生徒がほとんどだったりしますから

「多分、わたしは合格出来るな」というメンタルで臨ませてあげることです。

 

 

100%はこの世にないですから無理ですが、100%に近づけることは可能です。

 

 

 

 

取り急ぎ、ご面談、冬期講習の申込状況

ご面談ですが、

11/23(月祝) 空きなし

25(水) 空きなし

26(木) 空きわずか

28 (土) 空きわずか

12/2(水)空きわずか

3(木)空きわずか

5(土)空きあり

9(水)空きあり

 

冬期講習 私の授業枠は満席、文系のFも満席

プロの先生も、ほぼ満席近くなっております。

おそれいりますが、お知らせいたしました通り 申込順に授業を入れております。

もう、ご希望に添えないこともございますので、 何卒、ご了承ください。

 

 

取り急ぎ、お知らせいたします。

そろそろ来年度スタートのお問い合わせが来ております。

11月に入り、来年度授業スタートの無料体験や、

内部生の曜日変更などのお問い合わせが来ております。

 

中学受験「週2日 1日90分」の授業で上位校を狙うコースは、あと2名様で終了です。

すでにお問い合わせも競合状態ですので、はやく「ご決断された方を優先」いたします。

何卒、ご了承ください。

 

18:10以降の授業枠は、(火)(水)に空きがあります。

例年2月頃までには埋まってしまいますので、こちらもおはやめにご連絡ください。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに日本でも「なんだか変だ!

という人が若い人を中心に指数関数のように増えてきました。

まだアメリカ大統領選挙終わっていませんよ。

なのに既成事実にしてしまおう!というような意図の日本のメディア。

これがどういうことか?

 

自分で考える力は大切。

 

この仕事は未来を預かっています。

学歴社会を駆け抜けて、貧しい心で生きていく道に進めたくはないから

少しずつですが、いろいろとお知らせしております。

 

 

 

 

丸暗記してクリアでなく、自分で考えていく訓練を!

教室には大手高校受験塾からやってきた生徒もいるのですが

まあ口をそろえて「丸暗記マシーン」にさせられると言ってきます。

まあそれで結果が出せてしまうのが、高校受験までの公立中学校の内容なので仕方ないのですが

本当にそれでよいのか?

 

公立学校は「考えることをさせてくれない環境」になっていますから

今、起きていることが見えなくなります。

 

 

今年はたいして毒性のないコロナで大騒ぎですが、不自然に思えませんか?

なぜ全国民にワクチンをうたせる準備をするのか?

ヨーロッパはロックダウンで人と人のコミュニケーションが断絶に近いことになっていますが

日本でも「コロナの第2波を起こそう」というような報道が増えています。

 

 

おそらく、こちらが今起きている本当のことではないかと。

もちろん保留なのですが、全てにおいてつじつまがあいます。

私もはじめは眠れませんでしたけど、今は普通に眠れるようになりました。

いろいろ調べるうちに、未来はまだまだ大丈夫だと思えたから。

 

 

でも1人1人が自分で考えて行動するようにならないと危ない。

今の日本の教育システムは「いい高校へいって、いい大学へいって、いい会社へ入るか公務員になれば大丈夫」のような

風潮がいまだにあるので、それだと考えることをしなくなるので、実に危ないです。

 

 

学校の教科書内容、役に立たないものが多いですが

それを自分の力でモノにする(必要ないものは自ら廃棄)ならば、自分で考える力の育成になりますから

「丸暗記で成績内申点UP」のようなことをされるより、明るい未来が訪れるでしょう。

 

 

入試制度はすぐには変わりませんけど、国立大の2次試験はフェアですね。

人間をはかってくれるというか。

そこにたどりつくための共通テストが、今年はどうなることやら。

 

あれだけ鍛えてきたので、自分で考えて結果を出してくれることでしょう。

多くの国立大学の基準は、予備校が発表するほど高くはありませんので。

 

 

 

今の生徒達、もうTV見ないんですね

多忙で更新が出来ず申し訳ありませんでした。

それなのに、かなりの閲覧者数です。

本当にありがたいことです。

 

 

以前ご紹介した「重曹+クエン酸+シリカ水」の飲料ですが、

実感としては若返りの作用があります。

朝一杯飲むのですが、

私の身に起きたこととして

「基礎代謝が良くなった」「食生活変えていないのに体重が落ちた」

この2つです。

 

脳神経細胞が再生するという「つぼくさ(実は雑草)」ですが、販売しているところが少ないので

種子から育てるのもありかと考え始めています。

 

 

 

今の生徒達って、もうTV見ないんですね。

小学生の恋愛事情も、実際の人よりはキャラクターの推しとか。

時代は変わっていくものですが、バーチャルに恋すのはどうなのか?

 

そのおかげで生徒たちの方が情報洗脳にあわないので「不正選挙ってひどいですね!」という始末。

TVを中心としいたメディアが本当のことを伝えないからですね。

 

NHKも「TV設置していない世帯の個人情報を公開してやる!」のような法案を検討するとか

もうどうかしています。

ここまであからさまだと、さすがにみな怪しいと思いますよ。

おそらく世界中で、同じことがおこなわれているのか???

 

 

選挙は国民のためにあるのですから、

あまりに怪しいのであれば「やりなおし」をすればよいのではないでしょうか?

裁判にかけるようですので、アメリカ国民の正当な声が反映されることを祈ります。

 

 

悪の撃退に「祈り」って効き目あるそうなので、楽しかったこと、楽しいことを思い出して祈ってください。

150年前の日本は、そこら中で感謝の祈りをささげていたようですので。

 

 

 

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる