ホーム>塾長日記>若年性認知症。携帯電話との相関関係では?
塾長日記

若年性認知症。携帯電話との相関関係では?

アメリカで若年性認知症が急増

2013年→2017年で4.73倍です。

食品添加物や電磁波にさらされていることが原因では?

 

塾で教えていても「考える力が落ちた生徒が多くなっている」実感はあります。

 

ややもすると

コンビニ弁当をやめる、電波を避ける、これだけで頭脳の回転が良くなるかもしれない。

「自然の中にいる環境をつくる」というのは、ことのほか大切なことです。

 

本来、人間に備わっている機能を失わせているのは文明という名の便利さですから。

 

 

今のコロナ騒ぎも

個人個人のコミュニケーションをとらせないことが目的では?

そうして考えさせない生活環境にして「ワクチン強制」なんてシナリオ嫌ですね。

 

 

神奈川県は公立学校の劣化と同調圧力の強要に関しては、だいぶ進んでしまっていますから

今の現状では

救ってあげないと「自立できる人」に育っていかないように思います。

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/426

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる