ホーム>塾長日記>中学受験、敗戦から学ぶこともある。下手に難関へいくよりは。
塾長日記

中学受験、敗戦から学ぶこともある。下手に難関へいくよりは。

中学受験、なかなか合格がもらえず苦しい方もいらっしゃると思います。

 

まずはやり遂げてください。

 

全部、いまの力を存分に出してやりきってください。

 

「それでダメだったら仕方ない」思えるようにならなければ後悔しますから。

 

子供は不合格に対する耐久力はあり、保護者の方がなかったりします。

 

そんな不安を子供に伝えてはなりません。

 

 

下手に難関へいくと、そこからの6年間が大変です。

ほどほどのところで「のびのびやっていく」方が苦しみは少ないと思うのですが。

へんなエリート意識を持ってしまうと、人生つまらなくなりませんか?

 

 

 

おそらく今後は「型にはまった問題を解くより、夢見るような発想力で周囲を幸せにする」能力を磨いた方がよくなります。

 

敗戦から学ぶこともありますが、敗戦ではないですね。

この国の入試(国公立大以外)のほとんどは「採点の手間を省くため、答えが1つの問題」ですから、ロボットのような正確な作業が出来ないと不利なだけ。

学校の成績も「そこが × だと成績はよくなりません」から、生徒も「それが出来る人が頭いいんだー」となる。

そこは計算機とか使えばよいのでは?ロボットやAIにやってもらえばいいのでは・・・

 

常識がひっくりかえるようなことが、どうやら進行中です。

結果が良ければ謙虚に

結果が悪ければ、現実を受け入れてそこで楽しく生きる

知力とこの国が推奨する学力はイコールではないです。

生きていく上で、何も問題ありませんので。

訓練してきた時間は無駄になりませんから、大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TVや新聞のようなメディアを国会議員や都道府県知事は、なんとしてでも「ワクチンを打たせたい」ので、コロナを煽りに煽っていますが

まともなお医者様もたくさんいらっしゃるので、だいぶ安心しました。

コロナウイルスも、だんだんと正体がバレてきたようです。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/442

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる