ホーム>塾長日記>情報拡散のために嫌われ者になるのは仕方がない
塾長日記

情報拡散のために嫌われ者になるのは仕方がない

こちらのブログには、「これ書いたら怒りの声が上がるだろうな」のようなことを知った上で書いています。

現実問題として、そうしないと知らず知らずのうちに危険な道を歩んでしまう人が増えるから。

ワクチンなんかそうですよ。

このような人が1人はいないと、永遠に気が付いてもらえないから。

何十年もずっと「政治はダメねー」と言って終わり。

それだと何も変わらない。

こんなことを書いているから、Googleでは保護されていない通信あつかい。

twitterの検疫のひどさは生徒達も理解していて「何を隠したいんだろう?」という会話が、

生徒間で日常的にされるようになってきました。

 

 

いま学校で推進されている、全員タブレットでの教育は良いことのように見えて「強力な電磁波を子供があびることになるから良くない!」

「電磁波は存在に気づきにくいですし、情報端末の操作が速くなるからいいな」と思いがちですが、身体に何一ついいことはないです。

反対運動を起こした方がよいですよ。

 

昔から「公教育はおかしなことが多くないか?」と思っていましたが、

皆様も「おかしい」と、だんだんご理解されてきたのではないでしょうか?

 

 

 

情報を鵜呑みにしない、他人様に自分の意見を押し付けない。

そもそも人様を番組に呼びつけて論破しようなんて意地悪なことさえ思いつかない...

そんな風に人を責めたりする行為自体が "人として" 失礼でしょう

って世界と

 

「これが真実だから信じろ!信じないヤツはキチガイだからバカにして仲間外れにしろ!」と強要

する世界

どちらを選びますか?

 

 

学校は「新聞やTVのニュースを普段から見ましょう!」と言いますが、後者のような方達が情報を流しているわけですから

果たして、それは良いことなのでしょうか?

 

現実問題、TVやネットのニュースをメインで情報を集めることに慣れてしまっていますが

それが嘘であったら・・・

 

 

こうした記事を書いておりますため、ネット上での評価が低いこともありますが

ありがたいことに、このようなご時世であっても

お問い合わせは多くいただいており

そろそろプロの授業枠も残り少なく、学生の先生の授業枠もあと5~6コマくらいになりました。

世界は変わってきているように感じます。

 

 

自立してもらう個別指導ですので、「自分でやってゆく」ことを主眼においております。

このような時代だからこそ「自分で考えて解決する」訓練は必要。

これまでは良かったかもしれませんが、世間体に流されるようでは ✕ です。

「世間が理解してくれいないことをしてはいけない」がダメなんです。

 

政府がプッシュするSDGsも怪しいものです。

ムーンショット計画とか出てますし・・・。

 

 

 

目標が高いのにさぼる、出来るのにやらない場合は話は別ですが、

きびしくしてください!のような「無理やりやらせる」指導はしておりません。

先生や保護者の方が「勉強しなさい!」を連呼すると、100%自力でやっていくようにはなりません。

それ自分がやられて「やってやるぜ!」って思いますか?

 

 

成功をたたえてあげることから始めます。

高校生の場合

高校の内容が無理なようであれば、中学校の内容から練習しないとダメ。

英語で受動態をやるにしてもDoやDoesが覚束ないようでは、そこから改善するしかない。

 

勉強させて出来るようにするのではなく、「出来るようになっていかせる」という感じです。

そのためすぐに結果にはつながりませんが、

命令されてやるのでははなく自分でやっていくようになるので

合格もさせやすいですが、

自分で考えて行動する力が、後々財産になります。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/444

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる