ホーム>塾長日記>現実が虚構の社会。
塾長日記

現実が虚構の社会。

中国の武漢から発したコロナ騒動ですが

もう1年3か月ちょっと続いていることになります。

その間、コロナにかかった人っていましたか?

現実には嘘の情報が多く流れているということでしょうか?

 

いまの社会制度では、何をするにも金が必要になります。

それが数千年も続いていて、遺伝子レベルにまで刻み込まれています。

金をコントロールするものがいて、その方々が人口が増えすぎたな、減らすか!

ということで、このコロナ騒動が起きたと考えられるのです。

(遺伝子書き換え?)ワクチンを打たせようとしているのは、そのためでしょう。

 

1720年 ペスト

1820年 コレラ

1920年 スペイン風邪

2020年 コロナ

こんな見事に100年ごとに偶然起こるものなのでしょうか?

もう意図的に行われているとしか思えないのです。

 

 

今のコロナもそうですが、ほとんどの人はこんな(偽)疫病騒動をのぞんでいません。

緊急事態宣言ものぞんではいないでしょう。

日曜、吉祥寺まで出かけたのですが、人はたくさんでバスも満員でしたね。

もう、みなさんお気づきになったのではないでしょうか?

現実が虚構の世界なのではないか?ということに。

もちろん決めつけではなく、この1年の動きをみているとそう思えるのです。

 

 

困ったことに学校で教えることの多くが、虚構の社会を支える内容という実態。

文科省が作成する指導要領が「人を育てる」というよりは「ロボットのような人を育てる」ようになっていること。

数学が顕著で、丸暗記で処理できる「統計学」に重きがおかれました。

機械がすぐ出来ることを、なぜ子供全員にやらせるのでしょうか?

英語も大変なことになりますけど、結局、対話をする人材にはならないのは間違いない。

実際に使う機会はなく、机上での学習にとどまるから。

でも公立中学校の成績に関係しますから、必然的に「やらざるをえない」ことになります。

どんなきれいごとが書いてあったとしても、命令に従うしかないということです。

 

 

 

暗いことばかり書いて申し訳ありません。

 

 

新年度から、良いことが起こりそうな予感は大いにあります。

大丈夫です。

通ってくる生徒はみな元気。

ときに「こいつ何言ってんだ!」なんてことも言いますけど、いなくなったら絶対に寂しいでしょう?

この子の未来のために、大人が変わらないといけないのです。

 

 

しかし丸暗記の勉強で結果が出てしまうのは大問題です。

それが学びと思ってしまうから。

与えれる情報が全て正しい!と思いやすいから。

TVのニュースが全部同じなのはなぜでしょうか?

 

自分の智を使って解決することこそが、

たとえおかしな内容の勉強であっても、やり方次第で自分を鍛えることになります。

 

 

緊急事態宣言はおそらく解除になります。

聖火ランナーのスタートが、たしかもう少しですよね・・・

 

3月20日~24日まで教室はお休みですが、

私は、22日(月)~24日(水)15:00~20:00まではおりますので、遠慮なくご連絡ください。

飛び込みで直接こられると、カーペットの張替えなどをして作業服をきて作業中の可能性がありますが、

是非、お越しください。

 

 

21日にも緊急事態宣言解除には、何か意味があるような気がしています。

メドベッドTR3Bフリーエネルギーのような(アメリカの内政次第)ですが特許開示されています。

これが出てきたら世界が変わりますね。

楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/450

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる