ホーム>塾長日記>高校受験の個別指導
塾長日記

高校受験の個別指導

高校受験

神奈川県といわず、全国どこの自治体であっても「成績内申点」は関わってきます。

それゆえに成績内申点は高校受験をするならば「とっておいて損はないもの」です。

生徒たちにとっては「ストレスが大きい」作業でもあります。

 

高校受験は中学受験や大学受験とちがって「同じ問題(共通問題)」で勝負します。

特色検査もあるものの、「同じ問題(共通問題)」をやらなくてすむのは、私立専願や併願、国立高校やオープン入試。

成績不問のオープン入試は実施している高校が少ない。

 

ここまでは良く知られていることと思います。

 

 

高校受験と大学受験のちがいは「答えを正確に出すことに、集中しなければならない」ことです。

大学受験は「共通テストや中堅レベルの私大」は「答えを正確に出す」必要がありますが、国公立大や難関私大は、その必要はありません。

現実問題として、

国公立の最難関でもなければ、国公立大に関しては高校受験よりストレスなく合格することが出来ます。

 

1つの答えを追い求めるのではなく、自分らしい解答や表現をしてもOKだから。

あとは熱意にこたえてくれるから。

 

 

高校受験を経験した高校生を見ることも多いのですが、

どうしても「答えが1つではないと気が済まない」という生徒が多いです。

大学受験レベルの練習で「答えがあっている訓練をする」のは、それこそ大変であり、ストレスも大きくなってしまいます。

だんだん偏差値が低下して受験大学のレベルを下げるのはもったいないことです。

 

 

高校受験の前から練習しておけば、そのようなストレスもなく大学受験で成功出来ます。

高校受験は、同じ問題に立ち向かっていくことになるので、「集団指導」でも対処できる受験かと思いますが

大学受験は、個々の大学でちがう問題により勝負することがほとんどですから、集団指導では難しいと思います。

 

 

高校受験

あえて個別指導を選ぶならば、「答えをだすのではなく、その意味まで知ること」を目指します。

大学受験では「説明しなければなりません」が、高校受験の段階では説明できなくても解答できればOKです。

特色で勝負する生徒は、ある程度は「説明出来なければなりませんけど」。

 

 

2次方程式の解の公式でも「解法を丸暗記」ではなく

「なんでこれで解けるのか」を示してあげた方が、絶対に良いです。

いまの大学入試は「中学校の知識を問う」問題も多く出題されるから。

 

 

 

 

自分の通っている高校の偏差値が低いから・・・

であきらめるのは勿体ないです。

 

 

 

 

 

 

 

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる