ホーム>塾長日記>2021年5月

2021年5月

神奈川県の私立高校、ほとんど内申点で決定。

いま授業前に内部生の面談をしています。

どうしても、小中学生の保護者様とは内申点の話題になることがあり、

中学受験や高校受験がどのようなものか、知らない方も多くいらっしゃいます。

 

高校受験は一般的な認識では「試験本番の得点 + 内申点」ですが、すべての高校受験がそうではありません。

 

神奈川県の私立高校は「ほとんど内申点で合否が決まります」

実質「学力をはかる試験はありません」

わずかに内申点に関係なく「試験だけで決まるオープン入試」を行う高校もありますが

 

言いかえれば「内申点でほぼ決まる」ということです。

 

 

学校成績が良くないと不利になるのは決定的ですから、地域差はありますが中学受験にシフトをする方も多いです。

入試問題はハードですけど、中学受験の問題で練習をすれば、先々の学習面で有利であるのは否定できません。

 

私だけかもしれませんが、中学受験の方が「我慢」という要素が高校受験よりは少ないと思います。

中学受験の入試問題は、我慢して暗記する要素がだいぶ少なくなりました。

そのかわり「初見の問題」が出題されることが多くなったので、塾で缶詰のような勉強法では対応できないかもしれません。

持ち合わせたいものは「やってやる」「私なら出来る」のような前向きな気持ちです。

 

 

続きは次回のブログで

 

 

 

 

 

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる