ホーム>塾長日記>大学附属高校
塾長日記

大学附属高校

神奈川県の高校受験生の中には、県内の大学附属高校は選択肢として考えている方も多いかと思います。

 

神奈川県の私立高校には「高等学校等就学支援金制度」があり、年収によっては実質無償化のような制度もあり、きびしい大学受験を回避できるならば、「大学附属高校」を選択する生徒が増えるのも自然な流れです。

 

 

「大学附属高校」は内部推薦がありますから、大学入試問題をまともに解くよりは楽でメリットが大きいですが、

成績評定が「3.5」以上のような推薦基準を課している高校がほとんどですから、学校内で好成績をとり続ける必要があります。

 

塾の近隣では「中央大学横浜」「法政二高」「法政国際」「日本大学高校(日吉)」「日本女子大附属」などがあります。

どこも高校合格のために成績評定がオール5近く必要です。

 

いまあげた5校のうち4校は、中学校も併設されていますので、中学受験をした生徒もいることになります。「法政国際」のみ高校受験生のみの生徒構成となっています。

 

 

 

全ての学校とはいいませんが

中学受験をした生徒と高校受験をした生徒が両方とも在籍している高校には、ある特徴的なことが成績分布で起きるようです。

 

2021619122623.jpg

 

中学受験をした生徒は高得点と低得点のところに大きい山が出来ます。高校受験をした生徒は真ん中のあたりに大きい山が出来ます。

 

説明会や在籍している保護者にお聞きした話ですが、ほとんどの方が同じ事を言っておりました。

 

 

「法政国際」は、高校受験の生徒のみという生徒構成ですから、普通の正規分布の山になりますが、女子が圧倒的に多いので、成績確保は決して楽とは言い切れません。

一般的に女子の方が成績は良い傾向にあります。

 

例えば

法政附属からですと、法政大学で人気のある「キャリアデザイン学部」のようなところを推薦で狙うとなると、評定4.0以上あってもきびしくなります。

 

そうすると本当に「成績上位の生徒しか基準を満たさない」ことになるので、高校受験生が集まる中央の山では第一希望が通らず「抽選の運頼み」ということもしばしばあります。

 

 

高校の成績は「ほぼテストの結果で決まり」ますから、苦手があると大変なことになります。

成績3をとってしまうと、どこかで成績5をとる必要がありますから。

周囲の生徒も、みな同じくらい出来るので、相応の努力をしないとテスト結果は出ません。

 

 

こうした高校では、英語に関しては出来る生徒が多いので、授業レベルが高いです。

女子が多い場合、このレベルがさらに高くなる傾向があります。

高校英語は必要単語数が大幅に増えますから、危ないと思ったらすぐにでも準備を始めたほうが良いです。1人での勉強では効率が悪くなるので、進度に追いつけないことがよく起こります。

 

女子は「数学」「物理基礎」「化学基礎」で、成績がとれず推薦をあきらめるケースが多くなります。こちらは高1から練習を始めた方がよいでしょう。

 

 

成績評定が低いと、最悪、附属(付属)なのに系列大学へ進学できないということになります。

行きたい学部を選びたいとなれば、好成績を出し続ける必要がある。

 

何となくで進学してしまうと、「英語」「数学」「理系科目」「古文」あたりが赤点の温床になりやすいので。

 

 

 

次回は「公立高校からの大学受験」についてです。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakagawanps.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/477

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる