ホーム>塾長日記

塾長日記

国立大学も総合選抜だと

国立大学の出願がはじまりました。

その前の段階で、相談などお受けしていたわけですが

理系総合選抜のようなところだと、「好きな学科にいけない可能性がある」ということ。

 

 

大学1年修了時か2年修了時に、希望学科を出してセレクションをおこなうので

ややもすると、希望の学科にいけなくなる可能性がある。

 

いま国立大学は、これを採用しよう!という大学が増えています。

たぶん何もないと勉強しないからでしょうね。

気持ちはわかりますけど・・・。

 

それゆえ成績順に選抜されることもあるので、

たとえば文系の心理学科などは応募者殺到で、成績で振り分けます!なんてことになるわけです。

 

 

大学院へ進学するにしても、同じ大学の学部生が「同大学でちがう学科の院を受験するのは難しい(地球科学の学生が物理学科とか)」ですが

ちがう大学の同学科であれば受験可能というわけです。

 

 

教室の受験生もだいぶ悩みましたが、最終結論は出たようです。

 

 

こうした面談も多く、先週はかなりやつれましたが

やっと体力が回復してきました。

 

 

 

高校受験する生徒の進路を考えると、

高校受験は推薦を視野に入れる方がいいでしょうね。

生徒のタイプによっては、下手に高いところへいくと大変です。

高校数学が自在に出来そうであれば、まともに勝負でもいいですが

そうでないと、進路は難しくなる。

 

数学が「×」だと私大文系になり、

なんのスキルもないままだと、「営業、販促、事務」という競争のはげしい役割になってゆく。

その就職先では、70歳定年とかで大変なことになっていますから

きっとリストラの嵐が吹き荒れる。

そうすると大学名ではなく、学科で考えた方がよいのは明らかです。

 

 

でも好きな学科を選べないとなると・・・

先をみていないと八方ふさがりになりかねませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の時間は深夜のみ

やっと仕事を終えることが出来ました。

自分の時間は、もはや深夜のみです。

ある程度予想していましたが、帰れなくなりました。

 

 

これから大学受験がはじまり、すぐ中学受験、で高校受験が続き、最後に国立大2次。

それまでは出来ることを、全てしてあげる覚悟です。

具体策はシンプルなので、あとは生徒が実行してくれれば合格でしょう。

 

偏差値70といったって、合格をとるだけであれば、そこまで難しいことをする必要はない。

高校受験に8時間も9時間もやるならば、もっと他にやることはある。

問題に慣れる作戦が果たして、今年は通用するか?

教育委員会主導の、高校受験はしてしまうかもですが。

 

 

公立中学→高校とたどってきた生徒は、数学、物理、化学でやはり苦戦します。

なぜか?

「繰り返しの練習で慣れて、安定した得点を確保」が通用しないから。

英国社や生物は通用する。

高校受験や中学受験(難関のぞく)はまだしも、大学受験で全く同じような問題は出ない。

少なくとも、それが見える生徒はそんなに多くはない。

冒険のように、教科書レベルの知識を駆使して解いていかないといけないのが常。

 

8時間も9時間も練習させるということは、「あまり出来ないだろうから・・・」

という烙印を、ひそかに押しているのと、なんら変わらないようにも思える。

 

 

これからの時代、他にはない一芸ですね。

大学のブランド力には頼れない。

頼れば頼るほど、人工知能が人事を考える環境にいきつくこと決定的。

すでに

「既婚者で子供がいるから、大変な支店の支店長に!」

「独り者で使えるけどわがまま辞めるリスクがあるから、華やかなポジションへ」

とか、このくらいのことは、すでにやっている大企業も多い。

 

 

今までの常識で物事を考えるともう危ないですから、若い人の価値観をよくみるべきです。

医者やパイロットのような職業よりも、youtuberの方が価値があるという考えを持っているということです。

 

 

ありがたいことに問い合わせ例年より多く、ご面談は授業の少ない日曜日に実施しております。

2月に入ると中学受験が1段落するので、少しはお時間がとれるかと思いますので

遠慮なくご連絡ください。

返信は深夜になると思われますので、その点は何卒ご容赦ください。

 

 

入試は「大丈夫」だと思って勝負させます。

無料体験の生徒が全員入ると、ほぼ満席になります。

昨年12月までにご連絡いただいている方の座席は

必ずご用意いたしますので、今しばらくお待ちください。

 

 

入試は「大丈夫」だと思って勝負させます。

そのための時間が「今まで」あったのですから。

今、慌てると言うことは、まだ準備が不十分であるということです。

チャレンジでしたら多少は仕方ないですが、

それでも大丈夫だと思わせるのが、難関勝負で必要なことであり

この仕事ですべきことですね。

 

 

でも完璧であるよりは、何か悪いところがあった方が

やることがはっきりしていて対処はしやすい。

余計なことを考えて不安になるのはもったいない・・・

 

 

受験前のこの時期、無駄な時間を過ごすと危ないのは当たり前。

ほとんどのミッションは目の前の問題で高得点を目指すこと。

その問題は

「読解でミスをしないか」

「正確な作業が要求されるか」

「ミス容認だけど、記述で輝かないといけないか」

いろいろなタイプがありますが、何を要求されているかはわかっているでしょうか?

 

 

国立2次で赤本のような解答を書いたらけっこう危ない。

センター試験を失敗しても、

今まで正しい練習をしていれば、国立大はチャンスがありますよ。

 

 

もう多忙どころの忙しさではないので、これで失礼します。

 

1年で1番忙しい時期

お問い合わせも、例年より5割増くらい。

紹介冊子は多めに用意したのですが、いっきになくなりもうピンチ。

ありがたいことですが、常に時間に追われる感じとなっております。

 

受験生は受験直前であり、授業数も年間で一番多い時期です。

(昨年)夏休みの終わり頃から、受験する学校の問題は解いているので

ここまで来て慌てることはもうありません。出来ることをするのみ。

 

私立大学が本命の生徒はいないので、国立大に照準を合わせる。

いまの首都圏の状況では、やり方を間違えなければ国立大の方が合格させやすいようにも思える。

 

 

せっかく教室に来てくれるならば

なんでもいいから自信をつけさせてあげたい。

別に勉強でなくてもいい。

 

「出来ない奴は、練習しなきゃ出来ないでしょ。もっとやれ!」

こうした人の下にいても自信なんてつくわけがない。

「私はダメなんだ・・・」ということが、子供に伝わってしまうから。

 

 

今から23:00頃まで、

お問い合わせのご返信と、時間割の調整と、授業の準備です。

明日は、教室で泊りを覚悟です。

 

 

 

 

 

 

 

 

多くのお問い合わせありがとうございます!中学受験はそろそろ受付終了いたします。

センター試験まで、あと9日

すぐに大学入試も本格的にはじまり

その後、中学受験もすぐ開始

 

授業も一番多く、更新どころではないのですが

そろそろ中学受験の小学生は、受付を終了させていただきます。

2月26日以降であっても、

そろそろ授業をいれる時間帯がないためです。

 

売上目的に、無理やりにでも生徒を多くとるようなことはしておりません。

管理できる生徒人数を越えてまで、生徒を受け入れることは出来ませんので

何卒、ご理解ください。

 

 

19:00以降の時間帯は、まだ空きがあります。

この時間帯は中高生向けですが

中学受験、19:00以降の遅い時間であってもよろしければ、1人か2人(とる授業数による)お受けできます。

すでに「かろうじて空きがある」ような状態になっております。

 

 

プロ講師と学生講師が在籍しておりますが

学生講師の先生は「東大」「東大」「早稲田」「横国」で、プロ講師以上のキレで授業してくれます。

お手本となる先生の思考スピードがはやいので、国立大学や公立中高一貫のような問題に対することに必要な、速いテンポで考えることが体得できます。

プロから埋まっていきますが、学生講師であっても、安く上記のような力を得ることが出来ます。

 

 

「東大」の1人は、神奈川では貴重な

公立コースから東大へ進学した先生です。

やはり高校受験と大学受験のちがいを、よく認識しておりますので、公立高校生におすすめです。

こちらは木曜の19:00~21:25で空きありです。

 

 

1~2月は、唯一といってよい入塾チャンスですので、是非、ご利用ください。

無料体験は受付順にご案内いたします。

入塾に関しましてはは決断のはやい順になります。

満席となり次第、無料体験、受付とも終了いたします。

何卒、ご容赦ください。

出来る限り準備はいたしますが、もうどうしようもないこともありますので。

 

 

超多忙ではありますが、こちらは「お知らせしないといけない」と思いましたので

取り急ぎ、書かせていただきました。

 

何卒、よろしくお願いいたします。

 

 

明日、2月8日(土)漢検しめきり日です!読解力が落ちても・・

明日、2月8日(土)漢検しめきり日です!

 

受験ご希望の方は「1月8日(水)22:00」まで受付しております。

おはやめに申し込みください。

 

 

 

読解力、読解力と言われていますけど

今の時代、動画などが進化してきましたから

一点集中で読むような読解力が落ちてきたのは「進化」ととらえるべきかもしれませんよ。

 

昔から

「いまの若いもんは・・」のようなことは、3000年も前から言われてきたことらしいです。

昔のことを美化する風潮は、エジプト文明の頃からあったようです。

 

 

時代が進んだから、読解力が落ちてきた。

いつの時代も「若いひと」が、時代を背負っていきますから

「若いひと」の方が、今の時代に優秀ということです。

 

日本の教育は利権まみれで、それに振り回されていて

指導要領も「プログラミング」や「英語」やら、

優秀な従業員養成のカリキュラムであり

学校の先生の仕事も減らない、異常事態。

 

 

これからの時代をどうするか?

若い人が見つけていけばいいんです。

それを見守る程度で十分ではないでしょうか?

 

 

教育制度で不利を被らないよう、

長時間、つまらないことを一生懸命我慢してやる(従業員養成教育の要)のではなく

短時間の勉強で「自立への指南をしてあげればよい」と考えております。

 

 

それゆえ、授業はけっこう疲れるので「45分」という短い設定にしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

2020年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

1月3日から冬期講習は始まっているのですが

教室の業務で授業以外のことが出来たのが、やっとやってきた!

ような状態です。

間もなく深夜2:00ですけど。

 

国立大チャレンジャー、中学受験チャレンジャー、難関高校受験チャレンジャー、高校の学校補習、中学受験の小学生と、ヘビーな授業を受け持っていて、準備が生命線になるため、

時間がとにかくかかり、他のことが何もできません。

 

それも明日まで。

かといって入試本番をむかえるため、きびしい日々が続きますが

受験生が「いいメンタル」で勝負できるよう最善を尽くします。

 

1月7日(火)以降は、お問い合わせも受ける時間がありますので、是非、ご連絡ください。

お電話は「平日の14:30~16:00」であれば、時期が時期であるため何事もなければですが

私が、直接ご対応出来るかと思います。

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

2019年、最終日

冬期講習前期(4日間)は、朝から深夜まで仕事に追われるような状態。

10:45~21:35までは授業時間で、昼休みも70分あるのですが

この時間帯は、授業以外のことは考えられません。

それ以外で通勤時間、朝飯、晩飯、風呂となると、当たり前ですが普通に深夜までの仕事になります。

 

そのため今年最後の日

事務処理と掃除、少しの授業をやるためにやってまいりました。

 

 

もう時代の変わり目です。

日本の学校教育は完璧主義者ほど成績を確保しやすい構造になっています。

大学受験と中学受験は変化しつつありますが

高校受験は、まだその色合いが濃い。

 

 

幼少期に自信をつける言葉をかけてもらえなかった子供は、

後々、自信がないまま成長していくので、学校レベルの簡単なことも出来なくなってゆきます。

さらには小言や注意をされることも多くなるので、ますます「自分はダメなんだ」と思ってしまう。

いまの親世代、高学歴をとる人は完璧主義であることが多かったですから、それを「子供にも!」となりがちなため

自信を持てていない子供が増えているのだと思います。

何をするにしても「ペンの持ち方がちがう!」「そろえて書きなさい」「勉強しなさい!」と

いちいち注意ばかりされていたら、自信をもてるようにはなりません。

 

 

自信喪失状態になったら、完璧主義者から離れ器の大きい人のもとにいくことです。

そこで認められることによって自信が回復してゆく。

その子のいいところは必ずありますから、そこを潰さないようにしてあげればいいんです。

 

 

「出来ない」という魔物を排除するのは、ご家庭が完璧主義である場合、ほぼ不可能です。

教室で「この子センスありますよ!」と言っても、

少しのミスを見逃さず注意され続けたら、結局、少しの自信も備わりませんから。

年の最後に苦いことを申し上げましたが、「出来ない」の原因はそこにあります。

 

 

今年良かったことは、のびのび挨拶して帰ってゆく生徒が多くなったことです。

学校は1番以外、自信を失わせてくれる場所になっていますから

教室にいることで、少しでも自信がついてくれるとよいかなと考えております。

ひいては、それが自立につながりますから。

 

 

2019年もお世話になりました。

2020年以降は激動の予感ですが、それに耐えられるような人を育てるようにしてまいります。

2020年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

学校や塾の問題点は

2日目の授業が終わるとき、わがスマートフォンのスピーカーから

神奈川がほこる横浜銀蠅のツッパリHigh School Rock`n Roll(登校編)

今日も元気にドカンを決めたら・・・

がなかなかの爆音で流れました。申し訳ありません。

彼ら柏陽高校出身なんですよね。

授業終わりに「カラオケで歌うのに面白い曲ないですか?」といわれ、紹介した履歴がそのまま残っていて、スマートウォッチのボタンが誤って押され、作動してしまったというのが原因。

こんなエラーが出るのはもはや想定外でしたが、忙しいと何が起こるかわかりません。

それでも騒ぎにならないのが教室のいいところ。

まわりで授業をしているから決して静かではないのですが、多少のノイズでは集中は途切れないということが出来ています。

 

 

いまの日本の教育は、権力者のイエスマンになることを目標としているように思えます。

お手本となるべき国のTOPの方があのような言い逃れをして「逃げ切った!」などと言っていたら、

何も知らない国民(子供なんかそうなりますね)もお手本として真似するようになるでしょうね。

メディアの情報統制(どこも同じニュースがながれる・・)もあり、それでも何も言わない。

日本の教育は、たしかに目的を達成されているわけです。

 

 

海外の人と話をすると、まず「宗教は何を信仰しているの?」「いまの日本の政治は?」とか、そういった質問が飛んできます。

英語のような語学の文法を勉強する前に、自国のことを話せないと恥ずかしい思いをしますよ。学校の授業ではやってくれないですから。

でもこうした話を「学校でされると困ります」から、

ディスカッションのような授業はなく、先生が一方的に教え、答えが1つだけのテストで格付けをするシステムになっていると見ればわかりやすいでしょうか。

スマホで出来ることを、必死にミスなく正確な作業が出来る人が、日本の入試では有利ですから。

 

 

公教育コースを進むと、最初に格付けレースとして高校受験があります。

当然のことながら国が求める人材を育てる機関が公立学校ですから、高校受験では成績も重視されます。

高校入試問題、ひとつ見ても「我慢して読むこと」「正確な作業をすること」が要求される。

それが出来ないと「いい高校」にはいけないが、実際は覚えるだけで対処可能な問題。 

「高校入試は問題になれることが大切」という塾の先生多いですよね?たしかにそうなんですけど。

高校入試の問題は、ある程度スピードのある生徒だと、考えなくても解けてしまうのです。

だからスパルタで問題に慣れろ!のような指導がなされるのですけど、

これが今の大学受験のような「想像をふくらませて考えるような問題」に対応できなくなる原因のような気がしてならないのです。

大学受験は世界標準を目指そうとしているように見えますけど。

 

 

学校や塾の問題点は「困らないように、困らないようにと助けてしまうこと」

学歴があっても、試練を経験していない生徒は行動にパワーが少ない(ないとはいわない)。入試はやはりつくられた試練と思う所以。

本当に試練を経験している生徒は「いざ行動をしよう!」というときに、ものすごいパワーを発揮する。

 

 

塾の仕事は「自立を支援すること」と考えています。

日本の公教育でやっているような勉強は、もう時代に合わないですが、

受験制度はそこに合わせないと進路が狭まるのは事実。

 

 

限られた、子供の時間を頂戴しているわけですから、学歴を身に着けさせるのではなく

のびのびと自分のスタイルでなんでもいいから(勉強でなくてもOK、そちらはこちらで何とかします)成功して、

まず自分の事が出来るという自信をもち、

そして、他の人にも幸せな気持ちをわけてあげられるような「自立」した人になってもらいたいと考えています。

 

 

早期にやめてしまうパターンとして

「スマホ中毒」「自信がない状態で、塾へ来てしまう」があります。

「無理やりにでも勉強させて、成績上げてくれ!」ニーズには教室は不向きです。

それでいい学校へいったとして、着地点がいい会社で一生安泰でしょうか?

そんな時代は、もう終わりを告げています。

 

時間はかかりますけど「自分でやってもらうにはどうするか?」を考えて、指導してまいります。

 

 

 

12月28日(土)教室はおやすみです。冬期講習2日目終了

12月28日(土)、教室はお休みです!

お間違いのないようご注意ください。

 

 

とにかく多忙な冬期講習に入りました。

授業が1年で一番多くなるので、1日中授業している感じになります。

どの講習もそんな感じにはなるのですが、冬期は格段に!といえる。

 

そのため教室では、3日以上連続では授業しません。

「珍しい」と言われますが

ちゃんと理由がありまして

塾という仕事を「働きやすい環境にしたい」

「この仕事したい!」という人を増やせるようにしたいから。

 

社会人の墓場と言われるようなこともありますが、

そんなイメージを払しょくしたいわけです。

 

「過労死してまでして教えてくれた・・・」のようなことを美談にする塾も大手でありますけど、

これから働いてくれる人がいなくなってしまいませんかね?

 

 

大晦日

12月31日も、13:00~19:00まで、内部生自習用に開放します(一部、授業あり)ので

ご利用ください。地区センターや図書館はやってないでしょうし、親戚が集い勉強どころではない受験生もいると思いますので

私はここまでがんばらせていただきます。

 

 

 

 

 

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる