ホーム>塾長日記

塾長日記

プログラミングで遊ぶ

5月は、塾が唯一暇な時期なのですが、今年は平和な時間が訪れない。

毎日、なにかしらあるので、平和な日々が恋しくなってきった私です。

生徒が増えれば、いろいろとあるので仕方ないのですが、

未来のために「1日くらい考える時間が欲しいなあ」と思う、今日、この頃です。

経営者が現状維持でOKと思ったら、塾なんて衰退決定的ですから。

 

 

いまプログラミングがクローズアップされています。

なんだかんだで。いろいろプログラミング講座を見てきたのですが、

無料のゲームでも、十分学べると思います。

ただはじめのうち、慣れるまではガイドの人がいないと大変。

軌道にのれば、子供の方が勝手に説明してくれるまでになってゆく。

 

 

私の授業で、ご希望とあれば

プログラミングの中級レベルくらいまでは、なんとか出来ますので、ご依頼ください。

学校の暗記主体の勉強をやるくらいなら、

こちらの訓練をした方が、未来のためにはなると思います。

いまの日本の学校の勉強って、未来のためになっていますか?

どちらかといえば、高偏差値を目指すのは「勉強したいからではなく、いい人脈があるから」とか

そんな人多いのではないでしょうか?

 

そのための勉強が「つまらない」ならば、

公立中学までの勉強は、生徒によっては時間が余りますから、

プログラミングのゲームを本格始動していこうかと考えています。

 

 

 

 

自分らしく楽しく生きてほしいです。

昨今、テレビのニュースは、不安をあおるようなことを伝えたがりますが、民衆をコントロールするのが、メディアの役割だから。

 

 

トランプ大統領の側近が、日本のテレビはフェイクだと言っていたような・・

交通事故のニュースを多く流すのも、自動運転の普及をはやめたいような意図が見え隠れする。

今だって、働き方改革と言っていますが、その実は人件費の大幅削減。

消費税増税もそう。

 

いまの金融システムや多くの政府は、自国民から金を吸い上げる方向に動いているわけです。

どこへいっているのか?

 

 

 

そんな世の中でも、子供の力ってすごいですよね。

話をしているだけで、そんな不安を吹き飛ばしてくれますから。

これは彼らの才能。

学校生活が長くなるにつれ、このパワーは減っていくのは、どういうこと?

 

 

いまの日本の教育システムが時代錯誤だということ。

あの楽しい表情を保ったまま大人になった方が、幸せじゃないですか?

 

 

私が努力しているのは、帰宅するときにつまらなさそうにさせないこと。

どうしても全授業は無理ですけど、出来るだけこころがけていることです。

 

 

 

公立高校の部活動

今年も、何人か公立高校へ合格したのですが

例にならって部活動がハード。

公立中学校もハードなので、慣れたものかもしれないですけど

大学受験に対応できない、決定的な活動時間の多さ。

 

 

GWは10連休でしたが、部活動のせいで3連休。

テスト前5日間、引退戦だからみっちり練習するぞ!

テスト勉強どころではない。

 

7:30~8:30 朝練

8:45~15:00 学校の授業時間

15:30~19:00 部活動

暗くなった帰りに友達と繁華街へよって帰り20:30

のような毎日を繰り返していたら、勉強<<部活動

のような生活になるのは、容易に想像ができる。

 

 

偏差値55くらいの中堅レベルの高校では、1年遅れで大学受験にかなり影響がある数学の進みが遅い!

5月の時点で塾で先取り決定!大学入試に間に合うわけがないから。

しかし多くの生徒たちは「そのことを知らない」ですから、

「楽しい方がいいよね!」ということで、部活動に流れる。

 

 

日本でやっている勉強は手段でしかないですから、社会に出て役立つものではないですが、進学には多少の影響がある。

日本の大学入試では、まちがいなく不利だ。

それが神奈川公立高校のTOP校以下の進学実績に、もろに出ている。

 

 

部活動も強かろうが弱かろうが、まだ活動時間が同じなんて高校も多々ある。

友達が休まないから・・・ではなく、休んでいいのではないか?

 

 

いまはまだ売り手市場かもしれないですけど、

人口減少で機械化がはげしく進み

今後は人が必要なくなる部署も、きっと出てきます。

それで普通科にいって勉強すら出来ないようだと、八方ふさがりです。

 

 

「なら、どうしたらいいんだよ!」と言われそうですが

子供のことを一番知っているのは保護者の皆様であるはず。

教室では、ご面談で先生方が感じたことなど「こんな適性がある」など、お伝えしています。

 

 

気持ちをこめて勉強できる教科を、はやく決めれば

ハードな大学受験の内容にも、向かっていけますから。

 

 

大学受験を映像や独学は大変ですよ。

私が見ても「あの解答じゃわからないだろ!」なんてこと頻繁にありますから

ここは、塾に投資する価値があると思います。

大学受験、真面目な努力だけでは、無理なこともありますので。

 

 

 

 

 

 

答えが1つのテストで正解することを「勉強」と思っている

多くの小学生が

答えが1つのテストで正解することを「勉強」と思っている。

たしかに、それで成績もよくなれば偏差値も上昇する。

 

 

だいたい高校受験まではそれで通用するのですが、

大学受験は、その思考のままでは難関といわれるようなところはOUTですし

社会人となり、営業先でのアピールやプレゼンで猛アピールするときに、その思考は使えない。

 

 

 

5月は、自然教室や修学旅行、運動会など、行事が目白押しなので

勉強に身が入らないのは仕方なし。

短時間でキーポイントだけは伝える。

個別指導は短時間で伝えられることにかんしては最強だ。

部活動や行事で忙しい生徒でも、家族との対話の時間がとれます。

 

週6(7)日 15;30~18:00 部活動

週3日 19:00~22:00まで塾

で、学校の提出物に追われ、スマホでSNSしようものなら、家族との対話など減って当たり前。

 

教室だと、授業が多くても「週2日 19:00~20:35」なので、少なくとも時間はつくれる。

総コストも、近隣の集団塾より安い。

 

 

 

そんな考える環境を失わされた中

答えが1つのテストで正解することを目的にすると、

暗記の訓練をされてしまった生徒は「そちらの方が楽に結果が出せます」から

考えて解くことをしなくなっていきます。

 

 

高校受験だと、それでも正確な作業が出来れば、結果が出せてしまうので困りもの。

暗記して正確な作業って・・・。

高偏差値を目指して集中するのは、ロボットのようなインプット作業。

 

高校の勉強が出来なくなったり、大学に入ってからなんで成績がとれないんだろう???となってゆく。

多くの大学の評定は答えだけのテストではないから。

 

 

 

文科省の影響をうけにくい大学受験の方が、先に進んでいますから

学校によっては、学校のいう通りにやらない方がいいかも。

 

 

あれだけ自由な学びに選択を!といっていたのに、

英語必須とか言い出し(自由でないのでは)、民間英語の試験を採用せよ!と言っていましたが

国立大の多くは、結局、非採用の方針。

センター試験や英語の民間試験など、文科省の既得権益に振り回されるのはどうなのだろうか?

 

 

 

無料体験は、木曜、金曜に、わずかですが、ご用意できますので

よろしければご利用ください!

 

 

 

 

 

 

記録のため、旅写真をはらせてください。

 

 

廃止が心配される留萌本線の留萌駅。コインロッカーはない。

201951121742.JPG

 

 

なかなか揺れる、羽幌沿海フェリーの「おろろん2」。盛況で天売島で30~40人乗船。

201951121851.JPG

 

 

 

 

 

いつもとちがう環境に身を置くこと

ああいうテストが出来ていれば、成績はよくなり偏差値は上がり、難関高校といわれるところへいける。

ああいうテストを出来るようにするには、スピードと正確さがいる。

高校受験であれば、そこそこのスピードで大丈夫なのですが、正確さは公立学校で成績をとるには絶対に必要なこと。

どちらかに欠陥があると、まちがいなく成績は上がらず、偏差値も上がらないということになる。

 

高校受験を目指す中学生には必ず伝えることです。

 

 

だから計算をやらせてみると「だいたい公立中学校の成績はこんなものかな?」というのは、だいたい検討がつく。

誤差はありますけど、+-3以内であてる自信があります。さすがに先生の匙加減は私にはわからないので。

 

 

 

高校受験を目指す公立中学生は、成績確保がミッションになっていますから

我慢させてでも成績をあげさせないといけなくなる。

「好きな学びがある子であっても、全教科、まんべんなくやらせないとダメ」

 

 

昔の考えで、「1つの事が出来なくなったら、その子が不幸だから、全教科やらせないといけない」という考えがあるから。

優秀で安定な環境にいれるいい従業員を目指す時代は、それでよかったのですが。

 

 

 

さいわいにして

大学受験は公立高校受験とはちがい、文科省の言いなりにはなりませんから

「英語は中卒程度で受験OK」のような、現実的な回答がでてくるわけです。

実際、それで十分コミュニケーションは成立するし。

 

 

さらには

生徒全員、統計を学べ!」のようなことが議論されていますけど、

そうしたら高校数学必須ですよ。

そうしたら文系だって数学必修にするしかない。

ただでさえ数学を教えられる先生は少ないから、こちらの議論は動かない。

 

 

 

学校の言う通りにやっていると、従順で正確なロボットのような人間になっていきます。

AIが出来ることを得意とする人。

それでよいのか?

 

 

AIや機械になく人にあるのは、感情や多くのエラー。

エラーが出てけなすのではなく、協力して笑って助けあえばいいのです。

 

 

 

北海道の焼尻島、天売島に、今回、激安旅行(昼は非常食でのりきる)にいってきたのですが

そこのゲストハウスで出会った人たちは、学歴はないけど一流でした。

全員、他人なんですけど、お互いの気配りが見事といった感じ。

環境が変わっても、考えてアジャストする力があるわけです。

 

 

 

学校って、環境が同じですよね。クラスは1年同じ。

これからの時代は、

どんなに環境が変わっても、自分で考えて動けるという能力がいるのではないか?と思ったのでした。

 

そうすると学校でやっていることって何なんだろう?と思わずにはいられなかったわけです。

生徒人数の多い学校で部活動に傾倒しているという状態は、付き合う人もそう変わらず、おそらく楽しい環境も変わりませんから

あまりよろしくはないのではないでしょうか・・・

 

 

 

いつもとちがう環境に身を置くとみえてくるものがあります。

 

 

次は夏休み。

教室は受験期はほぼ無休ですが、9月までは比較的休みが多いので、

そんなときくらいは、いつもとちがう環境に身を置くことをおすすめします。

 

 

 

 

 

天売島赤岩展望台。この穴はウトウの巣。80万羽いて、半分の40万羽が19:00頃、いっせいに戻ってきます。

20195916613.JPG

 

 

 

海がそばの焼尻小中学校のグランド。ここのベンチで非常食ランチ。

20195916851.JPG

 

 

 

 

焼尻島のオンコ海道。自転車で下るときもちいい!

201959161034.JPG

6月2日(日)英検。明日しめきりです。高校の勉強を本当に理解している生徒は、あまりいない。

6月2日(日)英検。明日の22:00でしめきりです。

 

 

国立大学13校

英語「中卒程度」で出願可

民間試験活用に疑問

というニュースが、今日出ていますが、やはりそうなりますよね。

ここは、利権の巣窟なので、私はふれないようにしていたのですが。

 

この13校に理系センスのある生徒が、かなり流れる可能性もあります。

理系型の勉強を好む生徒は、受験のために仕方なく英語をやりますけど、英語が好きなんてことは少ないですから。

 

横浜国大は入っていますね。

 

 

 

そんなことを言いながらも

英検2級でも理系であれば、大学入試英語の試験をパス出来るところもありますし、AOや公募などの出願資格になりますので

もっていて損はありません。

 

 

高校受験は教育委員会の管轄ですので、英語が出来ないと進学可能な高校の選択肢が狭まるようなシステムは変わらないでしょうから

準2級くらいあると楽です。

 

 

 

大学の方が現場を見ていますから、現実的なアイデアを出すんですよね。

文科省に交付金が減額されるリスクを考えると、これはけっこうな決断です。

 

 

教育業界は利権がらみで、制度や成績や偏差値なる数字をコントロールしますから

みんながみんな、「いい高校」→「いい大学」→「いい会社」という、大衆迎合のレールに乗せたがるのはどうか?

 

 

高校の普通科もやっと改革するようですから、

高校受験は偏差値や成績で選ばないようになるといいですね。

現実問題として、

高校の勉強を本当に理解している生徒は、あまりいないでしょうから。

 

 

 

 

時間に追われない旅。

授業は今日から開始です。

 

 

教室は毎年10連休なので、いつもと変わらないのですが

北海道の離島は、いつもより人が多かったような気がします。

 

 

 

 

焼尻島 旧中学校グランドの上

来る人はいないのではなかろうか?

昔の運動会は、ここに保護者がたくさんいたそうです。自分の親がどこにいるかわからなかったという証言あり。

 201957212540.JPG

 

 

 

逆光で申し訳ないです。ここで寝るの最高!

焼尻の鷹の巣園地

1時間以上いて、観光ハイヤー1台、あと観光客2人しかこなかった。

副交感神経だけでいられる素敵な島。

201957212640.JPG

 

 

私と「焼尻ゲストハウスやすんでけ」のオーナーおっくんとよめさん

201957212733.JPG

 

 

 

さあ、今日から時間に追われる旅になります。

今日は、かなりハードでした・・・。

 

でも嫌じゃないですよ。

この仕事好きでやっていますから。

 

 

今回は金欠のため、貧乏旅行ですが、

安い旅人向けのゲストハウスは、建物こそ古いですが

変に気取った人はこないし、とにかく飯がうまいので私の価値観とベストマッチ。

飯が2食付いて、旅人と話出来て、5000円くらいですみますから、非常にありがたい存在です。

 

 

GW休み明けが大変そうなので、いま仕事しておく。

昭和→平成

平成→令和

と2回、時代の変わり目を経験することになりました。

 

 

昭和→平成のときは、

昭和天皇が崩御されましたから、それこそ天皇陛下の歴史だけをTVでやっていた記憶があります。

 

平成→令和は、それこそ普段通りです。

昭和→平成のときとはだいぶちがう。

いまの天皇陛下が努力されてきたことが、象徴としての勤めの成果が実っているのではと思います。

国民生活に負担をかけないようにと。

 

 

今日までは今上天皇。

天皇陛下が利尻島にいかれたとき、陛下をご案内された方に話を聞きましたけど、

それこそ、矢継ぎ早に質問がきたとのことです。

 

 

与那国島も利尻島も、そこには咲かない花が植えられ、そこまでするの?と思ったこともありますけど

30年で時代は変わりましたね。

 

 

平成→令和は

お正月よりも、新年感はないですけど、それこそ新しい時代なのかもしれません。

 

 

今後、ますます自由度が高くなりますから、「誰かと一緒でいいでしょ」では迷走するだけです。

30年前から、いや70年前から変わっていない公教育は見えにくい問題が多いです。

「1人では出来ないことも、みんなで力をあわせるからこそ出来るんだ!」と言われると

そうだよなあと思うところとか。

自立した1人で、本人がよければ、そこそこの仕事をしたっていいわけですが。

 

指導要領通り、勉強していれば大丈夫でもないですから、多少の偏りは仕方ないですが

教育委員会管轄の高校受験は、まだまだ全教科出来る人(オール5の生徒)が有利な状況が続くと思います。

 

 

いろいろなことを見聞した生徒は強いので、是非、経験をさせてあげてください。

 

 

私は今年、休みが短めなので、廃校でなく廃道に挑戦しにいきます。

 

 

そのために、今、教室で、がんばっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GW休み期間中

教室は、4月28日(日)~5月6日(月)まで9連休です。

ご連絡は「お問合せフォーム」か「LINE@「」からお願いいたします。

 

時間割のような細かいことはお答えできませんが、出来る限りお答えいたします。

 

電波が入らないところにいる時間もあるので、ご返信は遅くなることがあります。

 

普段とちがう時間を過ごせる機会です。

せっかくの機会ですから、

みなさま健康で楽しい時間をお過ごしください。

 

 

 

「働ける人」と「働けない人」に二分される

連休前、おそろしい忙しさとなっております。

 

まだ明日がありますし、今年は長期間の外出はしないので、

休みの日に出来る仕事は残しても良いのですが、

男は ON と OFF をはっきりさせた方が、いい仕事をしますから、出来る限り片づけます。

 

 

夏期講習の準備にもとりかからないといけない。

 

 

これから修学旅行や自然教室のような宿泊系の行事が多くなります。

休みになる分は、振替授業をいたしますので、おはやめにご連絡ください。

 

 

 

英検は「5月9日(木)22:00」しめきりです。

GW休み明けすぐですので、受験をご検討の方は、お問い合わせフォームでも良いので

ご連絡ください。

 

 

 

2020年の東京五輪以降、

今は引く手あまたな大学生ですが、急激に求人が減ることが考えられます。

景気悪化と人口減少と自動化が進むからです。

「働ける人」と「働けない人」に二分されるといっても言い過ぎではない。

 

「不安な個人、立ちすくむ国家」のような資料が経産省から資料が発表されたのは記憶に新しいです。

 

楽しみを失ってまで受験勉強に精を出すのはダメだと思いますよ。

成績や偏差値が上がったとしても、子供がどよーんとした空気をまとっていたら可哀そうです。

その成績や偏差値は受験だけのためではないですか?

それを助けるのが塾ですけど、笑顔を失うような指導は本当はしたくない。

 

 

新卒求人も見直しになりそうですし

大手企業は人工知能を投入する経営体力がありますから、そこで活躍できる人というのは限られていくのではないでしょうか?

大卒の方が、「働ける人」と「働けない人」に二分されてしまうのがはやいのでは?と思えてしまいます。

 

 

活躍できる人というのは限られていく

ということは、今は楽に就職できた人でも、何もしないようでは修羅場がまっているということです。

 

 

何も考えずに前進できるような、自然と努力できるものを見つけてあげたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる