ホーム>高校生コース

高校生コース

高校生個別指導コースとは?

公立高校から国立大学へ

神奈川の場合、公立トップ校でも国公立は簡単ではありません。
もちろん国公立にもかなり上下の幅があるので、下の方であれば…という可能性はありますがトップ校でも、かなり多くの生徒が早慶にも合格出来ない状況です。

これが今の神奈川県公立高校の現実です。

しかし、「NPS(中川個人特訓教室)」では、私立中学校からではなく
「公立高校から国公立大学合格を目指す」
というガッツある生徒をバックアップしております。
高1高2は、どんな高校どんな成績でも行きたい大学を目指しましょう。

学力や個性に応じた「個別指導」を展開

成績や偏差値がひどいから、頭が悪いからは関係ありません。

入試まで高1は2年半、高2は1年半あります。
ここで大切なことは、学校カリキュラムは無視するということです。あなたの高校からの進学状況を知っていますか?
学校カリキュラムでは志望大学は無理と考えましょう。英数先行のカリキュラムが必要です。学校の勉強は、自分でやってください。
一時的に学校の成績が下がるかもしれません。しかし、先行していると、そのうち学校の勉強は易しくなってきます。

当学習塾では、国公立大学に合格することは、私立中学の受験を制するより簡単なことであると考えています。
というのも、高校生ともなれば、小中学校時代に培った様々な経験(学力テスト、高校受験など)を通じ て、大学受験の要領がつかめるまでに成長しています。受験を制覇するには、「どこで学ぶか」ももちろん大切ですが、それよりもっと重要なものは「本人の堅い意志」です。
本人に強い意志さえあれば、公立高校から東大・東工大に合格することも、決して不可能ではないのです。
当学習塾では、ベテランの教師陣の指導により、生徒たちのやる気を全面的にバックアップいたします。
勉強回数、スケジュールなどについては、ご相談に応じます。

公立高校から1年で合格をとるには?

現実をいえば、平均または平均より下程度であれば・・・ということになります。
難関大学では「公立で過ごした高1の内容を理解していない高3生が、中3で高1の内容を終えている中高一貫の高3生と勝負する」とお考えください。
この現実から目を背ける方が多いですが、高校でずっと遊んできたツケがまわってきたということです。
何も勉強してこなかった生徒が、難関大合格を1年で決めるのは、かなり難しい。

「基礎から初めて、上智、早慶」のような美辞麗句がありますが、高い授業料をとられて終わりということになりかねません。
1年分授業料先払いのところは要注意!そういった予備校や塾が多いですが。

校の授業をテストが出来て終わりとせず、内容を理解しているのであれば大丈夫。チャンスは十分あります。

私立高校、中高一貫の場合

英語が出来ていないと危険です。進度も速いので取り戻すのに時間がかかります。

中学英語の、とくにBe動詞、一般動詞の文の構成の違い、Be動詞の変化、単数と複数、文末の記号、規則性のないスペル等です。これらは自然と身につくことではありません。
1日1時間と練習して段々と身につくことです。また勉強の習慣として手や口を使って勉強することも大切です。
数学については、何より計算が正確であることです。
中学受験でやっていない文字式や正負の計算のルールでつまづく生徒も多いです。
幾何については定義や証明の仕方を身につけることが大切。

正負の計算につまづいていた生徒が、6年後、医学部に合格した事例があります。

国立の難関大学は図形の問題が多いので中学時代からしっかりやっておきましょう。

私立高校、大学付属の場合

ここは勉強の雰囲気が少ないケースが時に見うけられます。
ただ最近は付属高校から進学してきた生徒のレベルがあまりに低く試験を課している場合もありのんびりしすぎることは
禁物です。
学校のレベルに添っての指導を学校の教材で進めていきます。
また志望学部に、学科に行くためには定期試験の成績を要求される場合は、全科目も可能です。

私立高校、大学付属でない場合

公立中学校から進学した場合、受験を乗り越えているのでそれなりに力はつきますが、Be動詞、一般動詞の文の構成の違い、Be動詞の変化、単数と複数、文末の記号、規則性のないスペル等、基本事項があいまいな場合、高校のテストでは見たことのないような点数になってしまいます。
これらは1日1時間と練習して段々と身につくことです。 
また勉強の習慣として手や口を使って勉強することも大切です。数学では、定義や証明の仕方を身につけることが大切です。 
国立の難関大学は図形の問題が多いので、もし図形の知識がない場合、基礎知識を身につけておきましょう。

資料請求・体験授業はこちら

高卒認定

高卒認定とは?

高卒認定

高卒認定試験を1年間で全科目合格!
高卒認定試験を合格したい人のコースです。
個々の実力に応じて指導いたします。
試験は8月と11月の年2回です。

様々な理由から高校に行けなかった、中退した、など勉強のチャンスを逃してしまった方のために!

長い間、勉強から離れてしまって基礎学力がないという悩みや心配をお持ちの方でも学習を続けて、
高認合格を手にするにはどうしたらよいか?という視点から学習計画を立てています。
苦手意識があってなかなか手に付かない科目も基礎からできる個別指導なら大丈夫です。
たとえば、「どうしても数学だけは・・・」という方でも算数の計算といった解ける問題から始めると、
学習を続けることも苦痛ではなく、気が付いたら中学生の範囲、さらに高校数学へと自然に進んでいけます。

なぜなら「苦手だ」という意識の原因は、基礎が十分できるようになっていない場合が多いからです。

できるだけ短期間で全科目合格を目指します。

高卒認定試験は、資格取得のために8または9科目に合格する必要があります。
科目数の多い試験ですが、一度合格した科目は次から免除を受けることができます。
当教室ではできるだけ短い期間で、全科目合格することを目指しています。
特に理科・社会は科目数が多く大変ですが、覚える手法があるので、順次身につけてもらいます。

通信制高校に籍をおきながら、通うこともできます。

高卒認定試験は、あくまで高卒程度の学力があることを認めるための資格試験なので
合格しても高卒ということにはなりません。
そのため高校を卒業したいという人は通信制高校に籍をおきながら通うこともできます。

年2回の高認試験で合格した科目を高校で卒業単位として認めてもらい(高校によって単位認定の制度は異なります)
その他卒業に必要な科目を通信制で取得し高校卒業となります。

現在通信制高校に通われている方で、分からないところが多くて困っている、または大学・短大に進みたいけれど
高校では受験対策がないのでどうしたらいいか、という方もぜひご相談ください。

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる