ホーム>中学生コース

中学生コース

コースのご案内

小・中学生指導コースには下記のコースがあります。

・公立中学生グループ指導コース
・公立私立中学生個別指導コース
・小学生公立進学コース
・小学生中学受験コース
・授業時間は1コマ45分です。

学力や個性に応じた「個別指導」を展開

「NPS(中川個人特訓教室)」の最大の強み、それは「個別指導」にあります。
大手塾や予備校が行っている画一的な集団指導ではなく、生徒一人ひとりの学力や個性を見極め、的確な進学アドバイスときめ細やかな学習指導を行っています。
対象は、中学受験を控えた小学生から、大学受験に挑む高校生まで。
当学習塾の個別指導は、徹底した1対1、1対2での体制で学習指導を行っていますので、

子供たちの「わからない」「理解できない」

の声を聞き漏らすことはありません。

中には「個別指導」と高らかにうたっているにもかかわらず大学在学中の学生が
4人以上を見回って指導にあたっている学習塾もあります。
しかし、最近まで教わる側にいた者にこういった環境で真の意味での個別指導を行うことができるとは到底思えません。
そのため、当学習塾では、大半が壮年・熟年の教師です。
「子供たちが行き詰っている点をいち早く察知し、必要な知識を補う」ことに尽力しています。

当塾の個別指導は、以下のタイプの人に適しています

.人前では質問しにくい人
.気軽に相談にのってくれる人がほしい人
.絶対に行きたい志望校のある人
.進学塾予備校でわからなかったところを習いたい人
.常に学力の確認をしたい人
.年間の目標を個人別に立てたい人
.個人に合った宿題を出してほしい人
.自分が迷ったところから、改めて勉強を始めたい人
.勉強の仕方が分からない人
.分からないところを質問したい人
.学力にあった指導を受けたい人
.部活と両立させたい人
.先生を選びたい人
.曜日、時間帯を選びたい人
.受講科目、教材を自分で選びたい人

資料請求・体験授業

まずは資料請求・体験授業
お申し込みはこちら。

公立中学生グループ指導コース(中2、中3)

公立中学校に在学している生徒は公立高校か私立高校を選ぶとき、一般的には公立高校になると思います。
公立高校はのんびりしているため、生徒は楽しく高校生活をすごします。
これは公立高校のある意味よいところともいえます。

しかし進路を考えるとき、高3になって「さあ大変!」となります。

現状、神奈川の公立高校は大学受験を考えると厳しいと言わざるをえません。
高校入試は「成績内申点をあげなければ、高校の選択肢が狭まる」という現実があります。
そのために、「好きであろうが嫌いであろうが『学校の先生に協力的』でなけれ「良い成績はつきません」。
公立中学生の学習内容は簡単なので、「覚えて解く」の詰込み教育が成績を上げるには手っ取り早い指導法です。

しかし覚えて解くことに慣れると応用力・思考力が身につかないばかりか答えだけを追い求めるようになります。
お子様は「記述問題がきらい」ではありませんか?
教室では中高一貫生がいるので「公立生と私立中高一貫生の授業は、こうも違うのか!」と感じてしまいます。「成績内申点をあげるには、学校の先生に良いイメージをもたれること」
「どの教科も、まんべんなく出来て無難にこなせる」このあたりがポイントになります。

電球を発明したエジソンのように、

「粘土の玉を2つ持ってきてくっつけて 1+1=1ということもありますよ!」

というような個性的な面白い生徒には、良い成績は来ません。
こういった生徒の中に逸材はいるのですが、公立学校では疎まれるため、評価は悪くなります。
公立学校や高校受験塾よりは、目的を定めて勉強出来る環境がここにあります。
「内申点をとって良い高校にいく!」でなく「私は、これで社会貢献をする!」という考えをもって勉強をがんばってもらいます。

学力や個性に応じた「個別指導」を展開

公立私立中学生個別指導コース

「NPS(中川個人特訓教室)」の最大の強み、それは「個別指導」にあります。
大手塾が行っている画一的な集団指導ではなく、生徒一人ひとりの学力や個性を見極め、的確な進学アドバイスときめ細やかな学習指導を行っています。
集団指導を行う大手学習塾では、「生徒が家で勉強すること」を前提に授業を進めています。
学力や学習ペースが異なる生徒たちをひとまとめにくくり、単一的な授業を行って]いるため、中には授業中、手遊びをしたり、落書きをしたりしている子も…。
少しまじめな子でも、「授業中はとりあえずノートに写しておいて、後で考えよう」と、のんびり構えているのが関の山です。その点、当学習塾の個別指導は違います!徹底した1対1、1対2での体制で学習指導を行っていますので、子供たちの「わからない」「理解できない」の声を聞き漏らすことはありません。

しかし、中には、「個別指導」と高らかにうたっているにもかかわらず、大学在学中の学生が4人以上を見回って指導にあたっている学習塾もあります。こういった環境で、真の意味での個別指導を行うことができるとは、到底思えません。
そのため、当学習塾では、大半が壮年・熟年の教師です。

「子供たちが行き詰っている点をいち早く察知し、必要な知識を補う」

ことに尽力しています。

私立中学生の場合

志望中学に合格し、うかれていると、すぐに英語がおかしくなり、今までみたこともないような得点になります。
中学1年生の、とくにBe動詞、一般動詞の文の構成の違い、Be動詞の変化、単数と複数、文末の記号、規則性のないスペル等です。これらは自然と身につくことではありません。1日1時間と練習して段々と身につくことです。
また勉強の習慣として手や口を使って勉強することも大切です。

数学も正負の計算や文字式の計算ルールは中学受験ではやっていないため、「難関中学合格したのに、なぜこんな簡単なことが出来ないの?」と思ってしまうような得点になってしまうこともあります。
中高一貫生の場合、数学の伸び悩みは「計算の精度」と「途中の記録が出来るか」に原因があります。
図形の難問は理解出来ているのに、簡単な引き算でミスをする、途中やってきたことを記録しないので最初からやり直しになり面倒だからやらない、頭の回転がはやい生徒ほど陥りやすいパターンです。
今まで成功してきた自分のやり方をかえることになるので、改善するのに時間がかかりますが、改善してしまえば、数学の奥深くまで知ることが出来るようになります。

公立中学生の場合

神奈川で高校へ進学するためには、成績内申点を確保しなければなりません。
しかし進学重点校(いわゆるTOP校)以外の神奈川公立高校の授業では、大学受験には到底間に合いません。
AO入試や推薦入試でどこかに入れれば・・・、といった状況になります。

また進学重点校(いわゆるTOP校)であっても国公立大学への進学は非常に厳しいです。
それでも神奈川の公立中学生は進学重点校(いわゆるTOP校)を目指します。進学重点校(いわゆるTOP校)へ合格するには「オール5」近い成績が必要となります。まず中学校の先生によいイメージを持たれていないといけません。
提出物は必ず期日までに出し、授業で発言をし、その先生の授業に協力的な行動をして、テストで高得点をとることを実践することになります。神奈川の中学生を見ているとかわいそうに思えてきます。
神奈川の受験制度では成績内申点を確保せざるをえないので、定期テストの得点UPや内申UPをうたった塾が神奈川には多いです。

しかし公立中学校でオール5をとり定期テスト満点をとる練習をしても、大学入試を照準に勉強している中高一貫生と差がつくばかりです。
教室に中高一貫生が在籍しているのでよくわかるのですが、公立中学生は無駄な時間が多いなと思ってしまいます。
内申点が「学力のものさし」のようになっていますが、大学入試に必要とされることは、中学校の内申点ではかることは出来ません。
TOP校でなくとも、国公立大学へ合格するチャンスはあるので、中学校では、勉強、部活動以外にも、自由な時間を与えた方が良いと思います。
大手の塾は宿題が多くでます。出来なければ成績が上がらないという言い訳が出来るためです。
常に、毎日、忙しくなにかをやらされている!というのは、自分から考えて行動するという機会を奪ってしまい、誰かから命令されないと何もできない生徒になっていく危険があります。

今後のグローバルな社会では、そういった生徒の居場所は少なくなってきますので、今すぐ転塾をご検討ください。

平日 14:30~16:00 / 土曜 13:30~15:30045-914-5413
お問い合わせ
無料体験・資料請求
閉じる